レポート 2011 SciFinder Academic Exchange Program



世界の学生が化学のグローバルトレンドを探る

CAS (Chemical Abstracts Service ・オハイオ州コロンバス) は今年も世界中から優秀な大学院生を選抜し,化学と情報科学の進歩を促すため SciFinder Academic Exchange Program を開催した.学生と CAS の間で真剣なディスカッションが交わされ,今後のトレンドを探る上で有意義な 1 週間となった.


写真,CAS 本部前
世界 13 カ国から選出された大学院生 16 名が,化学のグローバルトレンドと情報科学の促進についていて意見交換した.
CAS 本部前にて.

※ SciFinder Academic Exchange Program は世界中の化学情報検索に興味のある大学院生を対象とした情報交換プログラムです.CAS が募集する化学情報に関するエッセイ (英語) に応募した学生の中で優秀なエッセイを書いた応募者がプログラムに招待されます.

 2011 年 8 月 23 日,米国オハイオ州コロンバスの CAS 本部に,SciFinder Academic Exchange Program のメンバーとしてアジア,ヨーロッパ,南米,米国などから選出された 13 ヶ国の大学院生 16 名が集結した.
 1 週間にわたって CAS 経営陣,編集担当,技術担当の専任者とミーティングを行い,若手研究者から見た化学の世界的動向について論じ,情報科学の進歩を促すための助言を行った.
 プログラムでは,CAS 本部でのディスカッションに加え,近隣のオハイオ州立大学やバテル記念研究所や科学博物館等を見学.参加者はプログラムの終了後,コロラド州デンバーで開催された米国化学会 (ACS) ミーティングにも参加して交流を深めた.
 今回のディスカッションは,ユーザビリティや品質向上を常に目指している CAS のスタッフにとって,非常に重要な時間となった.若い研究者たちの話を真剣に聞き本音を引き出すことで,各国の研究環境や機能面での改善要望を深く理解することができた.この先の開発の大きなヒントとなるだろう.
 今回選出されたメンバーの専攻分野は,有機化学から生物,材料,物理化学に理論と多岐に及んでおり,幅広い議論が行われた.
 参加メンバーにとっても,普段は接することのない世界各地の研究者と,濃密に触れあえる絶好の機会となった.異なる国や文化にありながらも,同じ化学という学問を志す仲間たちの熱意を肌で感じ,今後の研究意欲を大いに刺激されたようだ.

2011 SciFinder Academic Exchange Program

写真,ディスカッションの様子1
写真,ディスカッションの様子2 写真,ディスカッションの様子3

 CAS スタッフと学生の間で行われたディスカッション.参加者の何気ない意見を注意深く聞き入れ,少しでも SciFinder を使いやすく,よりよいツールにしようという意気込みが感じられた.



写真,中野渡早知世さん,C.M McCue (CAS),C.W. Stephens (CAS)
中央/中野渡早知世さん (東京大学大学院 薬学系研究科 分子薬学専攻 博士課程前期)
左/ Christine M. McCue (CAS vice president, Marketing)
右/ Craig W. Stephens (CAS vice president, Sales)

 日本から参加した中野渡早知世さんは「化学に携わる素敵な人が,世界には本当にたくさんいるのだと知りました.また,国籍や人種,信条は違っていても,化学という共通の言葉と“化学する心”を持っていることに感動しました.別れるときは寂しさを感じましたが,化学でつながっているから,また会えると思うと心強いです.でも,可能なら CAS に REUNION をお願いしたいです」とプログラムを振り返った.

※中野渡さんへのインタビュー記事は化学情報協会のウェブサイトをご覧ください.
http://www.jaici.or.jp/SCIFINDER/jirei/saep2.html


世界化学年のテーマを体現したプログラム ~ message from CAS ~

写真,C.M McCue (CAS)
Christine M. McCue (CAS vice president, Marketing)

 図らずも世界化学年の今年,このプログラムが世界化学年のテーマ「Chemistry-our life, our future」を完全に体現していることは偶然とは思えません.世界各地からの様々な分野の優秀な学生たちと連携することで私たちは化学研究の動向を知り,互いに視野を拡大することができます.このような意見交換を伴うプログラムは,CAS の製品やサービスを利用する研究者が重要な研究を遂行するのを助けることになります.



科学者向けの優れた研究ツール “SciFinder”
ロゴ,SciFinder  SciFinder は化学を中心とする科学者向けの優れた研究ツールとして,生産性を高めブレークスルーを果たすのに必要なコンテンツや機能を提供しています.SciFinder は化学物質の世界標準である CAS REGISTRYSM をはじめ,文献や反応に関する最も網羅的なコレクションを収録しています.フォーチュン 500 に挙げられる企業をはじめ,1800 以上の大学や主要国の政府機関が研究開発と技術革新を促進するために SciFinder を利用しています.


100 年以上の歴史をもつ化学情報の権威 “CAS”
写真,CAS  米国化学会の情報部門である Chemical Abstracts Service (CAS) は化学情報の権威として世界に知られています.
 CAS のデータベースは CAS に所属する科学者によって運営と品質管理が行われており,世界の化学・製薬企業,大学,政府機関,特許庁で活用されています.



CAS 製品についてのお問い合わせはこちら
tel.0120-151-462 www.jaici.or.jp