世界に拡張する膨大な科学・技術情報へアクセスできる “発見と探求のゲート”
discoveryimage

化学情報を通して
日本の,そして世界の科学技術の発展に貢献する

世界中で次々に発信される最新技術情報.今の時代において,こうした情報を効率よく味方につけ,新しい発想の糧とすることが,研究成果を上げるために欠かせなくなってきています.

しかし,タイムリーに必要な人に届かなければ,せっかくの情報も役に立ちません.収集,加工,整理して利用価値を高めてこそ,生きた力のある情報となります.

化学情報協会は,ワールドワイドな化学技術情報の流通を図るため,時代に求められて1971年に設立されました.米国をはじめ各国の情報機関等との協力体制を築きながら,日本の研究者をサポートする情報センターとして,大学・企業等における情報取得・分析から,研究・開発の支援まで行ってまいりました.

特に CAS データベースの普及については,科学者にとって必須かつベストな情報サービスであるとの認識のもと,設立以来第一目標にすえて活動しております.

今後も,さらに幅広い分野で活躍する方々に真に役立つ生きた情報サービスをお届けし,未来を支える科学・技術の発展に貢献してまいります.

────────────────────「情報」を確かな「知識」に変換することが最大のチャレンジ