設立の経緯

1968 米国化学会が日本化学会に CAS 入力のための組織設立協力を要請
1969 科学技術会議 (総理府) 科学技術情報調査団がCAS訪問
日本化学会が化学情報特別委員会を設置
1970 日本化学会ほかの学協会が化学情報に関する協議会設立を決定
1971 化学情報協議会が誕生
1975 文部省,総理府 (科学技術庁) 共管の社団法人として認可され,名称を化学情報協会と改める
1977 CAS と包括的協力協定成立
1980 CAS の総代理店になる. CAS Online サービス開始 
1981 PDB (Protein Data Bank) のサービス開始
CCDC (Cambridge Crystallographic Data Centre) のサービス開始
1982 CAS データベース への入力業務開始
1983 STN 運用協定が CAS/ACS とFIZ Karlsruhe の間で調印される.STN 東京サービスセンターとなる
量子化学文献データベースのサービス提供開始
1987 STN の東京サービスセンターをJICST (現 JST) に移設し,JICST とSTN 東京の代理店契約を締結
FIZ Chemie のサービス (ChemInform) 提供開始
1989 NIST (National Institute of Standards and Technology) のデータベース提供開始
1993 Chapman & Hall 社 CD-ROM 提供開始
NRCC (National Research Council of Canada) の CRYSTMET サービス提供開始
1995 SciFinder サービス開始
1998 SciFinder Scholar サービス開始
2002 JST とともに STN 東京サービスセンター共同運用開始
2005 特許庁の登録調査機関としての活動開始
2007 STN 東京サービスセンター単独運用開始
2011 特許・技術の調査・検索サービス開始
新法に基づき 一般社団法人化学情報協会へ移行