理事長写真

化学情報協会
理事長

一井 朗

ごあいさつ

 「情報ビッグバン」.世界中で次々と発信される最新の科学技術情報.現在は膨大な量の情報に囲まれた時代です.情報の海の中で,適切な情報を的確,かつ効率よく選び出し活用する,すなわち情報を味方につけることは研究開発や知財マネジメントの鍵であり,新たな知の創造や企業価値の拡大のために不可欠です.

 天文学的な数量の科学技術情報の中から役に立つ情報を得るのはもはや個人の力の及ぶところではなく,そこに2次情報データベースの意義があります.しかし,データベースも求める人に求められる情報を素早く提供できなければ真に価値ある情報とは言えません.情報を収集し利用しやすい形に加工して集積することに加えて,利用者の目的とする情報に精確に,容易に到達する機能,さらには得られた情報の分析等々を総合的に提供できること,これらがデータベースに求められています.

 化学情報協会は,「化学情報を通して日本の,そして世界の科学技術の発展に貢献する」というミッションを担った情報センターとして,日本の科学とりわけ化学分野における高品質のデータベースサービスを提供してまいりました.統合型データベース検索ツール STN や研究者向けの CAS SciFinderⁿ などの提供とともに,講習会・ヘルプデスク等を通じて利用支援活動を続けてきました.また,研究開発を支援する結晶構造・質量スペクトルなどの各種データベース・ソフトを提供しています.さらに,これまでの蓄積を活かして医薬・化学・バイオ分野の特許調査サービス,シソーラス付きの科学技術専門用語辞書サービス,化合物表記の正確な翻訳を実現した高精度機械翻訳サービスも実施しています.

 2021 年,化学情報協会は設立 50 周年の節目を迎えました.これからも皆様のより幅広い,より高度なニーズに対してご満足いただけるソリューションを提供できるように変容し続け,未来を支える科学技術の発展に貢献してまいります.