化学物質の説明書のご記入方法

Chemst Conslutation Order Form (PDFファイル) 2ページ目に 「化学物質の説明書 (Description of the Chemical Substance)」 テンプレートがあります.
定型のフォームはありませんので,テンプレートのご利用は任意です.
化学物質のタイプに応じて,以下の事項をできる限り詳しく英語で記載してください.
複数の化合物を1件のお申し込みとすることが可能です(※1).電子ファイルでのお申し込みの際,複数化合物の情報はひとつのPDFファイルに結合してください.
お申し込みの化合物にはそれぞれに ID 番号 (Unique Substance Identifier) を付与してください.

※1 回答は全ての化合物の調査が完了してからとなりますので,お急ぎの場合などはご注意ください.


  1. 構造が特定できる物質の場合
    • 化学構造図
    • 体系的化学名
    • 慣用名
    • 分子式
    立体異性体が可能な場合は,具体的に立体情報を記載してください.立体情報が不明な場合はその旨明記してください.
  2. ポリマー
    • 化合物名称(慣用のもので可)
    • 出発モノマーの名称,CAS 登録番号 (CAS RN®),分子式 (必須)
    • 反応経路
    • 各反応物の役割 (polymer backbone,initiator,terminator 等)
    • ポリマーのタイプ (graft,block,random,alternating 等)
    • 代表的な構造図
  3. 反応生成物
    • 反応物と反応の種類
    • 反応経路
    • 典型的な生成物
    • 生成物の典型的な割合
  4. 動植物由来の物質
    • 属名,及び曖昧性の無い一般名
    • 抽出方法
    • 化学的処理の記述
  5. 工業的プロセスから得られた物質
    • 前駆物質および製造法
    • 工業的プロセスの経路図
    • プロセスについての記述 (catalytic cracking,dewaxed 等)
    • 炭素数の範囲 (alkyl range,C1 through C12 等)
    • 物性値 (boiling range,viscosity,solid,slag 等)
    • 化学組成
    • 原料 (petroleum,coal 等)
  6. 生物工学関連物質
    • シーケンスデータ
    • ソース情報
    • 酵素活性
Description of the Chemical Substance の例 (低分子化合物)
Description of the Chemical Substance の例 (ポリマー)