PMN Form - PMN page 6

PMN page6

(注) PAGE 6 の情報は,登録番号を付与するために不可欠な情報ではありませんが,EPA に報告するときに記入する予定の項目を記入しておくことをお勧め致します.


3. Impurities
a:Impurity and CAS Registry Number

商品として生産される物質の中に存在すると予測される不純物を記載してください.不純物とは目的の化学物質の中に意図せずに含まれてしまう化学物質のことです.重量 % に関係なく全ての不純物を記入してください.もし同定されていない不純物がある場合はカラム (a) に "unidentified" と記入してください.
製造後に加えられる物質はここには記入しないでください.不純物の他に,溶媒,阻害剤等の商品の中に存在することが予測される化学物質についてもここに記入してください.不純物を同定するときには次のような点を考慮してください.

(1) Chemical and instrumental analyses
その物質を特徴づけるための研究・開発過程でしばしば行われる分析.
(2) Manufacturing process chemistry
主な反応経路や主な副反応からくる中間体,副生成物などが含まれます.
(3) Quality control operations
化学物質の中に含まれている可能性のある不純物の性質とレベルを決定するための品質管理操作.不純物はできる限り特定するようにしてください.次の例にならってデータを記入してください.
  • 特定の化学物質の名称
  • 構造の範囲またはクラス,例えば
    • C6-C18 fatty acid salts
    • polychlorinated cyclic and acyclic hydrocarbons in the range
    • C5-C12
  • 原料,例えば
    • pyrolysis products of cellulose
    • coal tar residues
いずれの場合も CAS 登録番号 (CAS RN®) が判るときは記入しておいてください.
b:Maximum percent

各不純物の重量 % を記入してください.同定されていない不純物が存在する場合は未同定(unidentified)のままの重量 % を記入してください.

4. Synonyms

添付したデータの中などで使われている名称を含めて,科学技術文献の中で使われている化学物質名を記入してください.

5. Trade Identification

この物質が市場に出回ったときに呼ばれる商品名を記入してください.

6. Generic chemical name

この新規物質が機密である場合はジェネリック名称を記入してください.ジェネリック名称のつけかたのガイドラインは TSCA Chemical Substance Inventory Appendix B に載っています.

7. Byproducts

この化学物質を生産,使用,処理,廃棄するときに考えられる副生成物を記入してください.副生成物はできる限り特定できる名前と,もし判れば CAS 登録番号を記入してください.
次のような例に従ってデータを記入してください.

  • 特定の化学物質の名称
  • 構造の範囲またはクラス,例えば
    • C6-C18 fatty acid salts
    • polychlorinated cyclic and acyclic hydrocarbons in the range
    • C5-C12
  • 原料,例えば
    • pyrolysis products of cellulose
    • coal tar residues