JAICI からのお知らせ

2012 年 5 月 21 日 (月) STN 関連
FSTA ファイル - リロードされました

FSTA ファイルは,食品の加工と製造の科学的・技術的側面に関する文献データベースです.

このたび,当ファイルがリロードされました.このリロードに伴い以下の機能が追加・変更されました.

◆ 強化内容および変更点

・ テキスト中の数値検索機能の追加

    標題,抄録のテキスト内の数値検索が可能になりました.
    数値検索が可能な 55 種類のフィールドは => HELP NPS で確認できます.

    このたび,FSTA ファイルに搭載された数値検索機能は,2012 年 4 月に WPI ファイルに搭載された機能と同じです.そのため,検索フィールドおよび検索に関する 詳細は,こちらのニュースをご覧ください.

・ サブセクションの導入
    FSTA ファイルでは,従来より記事に関連したセクションが収録されていましたが,この分類コードをより細分化したサブセクションが導入されました.
    このサブセクションは 1998 年以降の文献に付与されています.
    => FILE FSTA
    
    => E A/CC
    **** START OF FIELD ****
    E3       26293 --> A/CC ← セクション A 		 
    E4       26293     A FOOD SCIENCES/CC
    E5         851     AA/CC  ← セクション A のサブセクション
    E6           1     AA BIOTECHNOLOGY : GENERAL ASPECTS/CC 
    E7         850     AA FOOD SCIENCES : GENERAL ASPECTS/CC
    E8        5491     AC/CC
    E9        5491     AC FOOD SCIENCES : CHEMISTRY AND BIOCHEMISTRY/CC
    E10       4558     AD/CC
    E11       4558     AD FOOD SCIENCES : MICROBIOLOGY/CC
          :
    

    検索
    サブセクションも含めたセクションを検索する場合には,分類コードフィールド (/CC) を利用し,セクションのコード#/CC で検索してください.
    検索式に # を含めない場合は,検索対象は 1997 年以前のサブセクションが付与されていないレコードのみです.
    そのため,分類コードを利用した検索式を作成している場合は,検索式の見直しをお願いします.
    => FILE FSTA
    
    L1        26293 S A/CC ← 1997 年以前が対象
    L2        76354 S A#/CC ← 全年代が対象
    
・ 最新版のオンラインシソーラスが利用可能に
    当ファイルの文献レコードはシソーラスの統制語 (CT) で索引されていますが,このシソーラスは常に見直されています.
    このたび,最新のオンラインシソーラスが利用できるようになりました.

    オンラインシソーラスの詳細は,=> HELP THESAURUS で確認できます.

・ デジタルオブジェクト識別子 (DOI) の追加
    収録源 (/SO) フィールド中に,デジタルオブジェクト識別子 (DOI) の情報が追加されました.
    DOI は,/SO または,新規に追加されたデジタルオブジェクト識別子フィールド (/FTDOI) で検索できます.

・ 中間一致・後方一致検索機能の強化
    基本索引 (/BI) に加え,標題 (/TI),抄録 (/AB)(*) でも中間一致・後方一致検索が可能になりました.

    * 抄録フィールド (/AB) は,このたびのリロードにより導入された新規検索フィールドです.

・ ED (入力日) フィールドの日付について
    従来,FSTA ファイルではリロードの際にすべてのレコード入力日がリセットされていましたが,このたびのリロードでは,前回のリロード以降の入力日も残っています.
    => FILE FSTA
    
    => E 1998/ED
    **** START OF FIELD ****
    E3           0 --> 19980000/ED
    E4      596364     20020111/ED ← 前回のリロード
    E5        4734     20020116/ED ← 今回のリロードでは,前回のリロード以降の入力日 (ED) も含まれています
    E6         406     20020121/ED
    E7         468     20020129/ED
    E8         514     20020204/ED
    E9         526     20020211/ED
    E10        424     20020218/ED
    E11        487     20020225/ED
    E12        546     20020305/ED
                 :
    

◆ 保存した回答セット

リロード前に SAVE コマンドで保存した回答セットは ACTIVATE コマンドで呼び出すことが出来ます.呼び出した回答セットを利用して検索を続けることはできますが,呼び出した回答セットを直接表示する場合は,呼び出した回答セットの L 番号を OR 演算して新しい L 番号を作成してから表示してください.

例 : リロード前に保存した TEST/A を呼び出す

=> FILE FSTA

=> ACT TEST/A
L1        5000 検索式

=> S L1 OR L1  <-- L1 の回答を表示するためには OR 演算する必要があります
L2        5000 L1 OR L1 
カテゴリー:
SciFinder SciFinder STN 関連 STN 関連   STN Express STN Express   STN on the Web STN on the Web
STN Easy STN Easy STN AnaVist STN AnaVist   STN Viewer STN Viewer   インターネットセミナー インターネットセミナー
イベント イベント   CAS の CD-ROM 製品関係 CAS の CD-ROM 製品関係 その他 その他