JAICI からのお知らせ

2012 年 10 月 2 日 (火) STN 関連
EMBASE ファイル - 検索結果の回答セットに対して表示順序が変更されました

EMBASE ファイルは,生物医学および薬学医学領域の世界中の文献を収録する文献データベースです.

2012 年 9 月のニュースで会議抄録および会議総説が当ファイルの収録対象に追加されたことをお知らせしましたが,それに伴い検索結果の回答セット (L 番号) に含まれるレコードの並び順が変更されました.

◆ レコード番号 (AN) の番号形式と回答セット (L 番号) の並び順

現在,EMBASE ファイルは 4 つのセグメントから構成されています.
すべてのレコード番号 (AN) は 10 桁ですが,各セグメントにより番号形式が異なります.
またこれに伴い,検索結果の回答セット (L 番号) の並び順の優先順位が下記のようになりました.

 優先順位  セグメント  収録年  レコード番号の番号形式
<各セグメントの最初の番号>
 1  EMBASE (Regular Embase)  1974-  1974000001 (西暦 + 6 桁)
 2  会議抄録,会議総説 (*)  2009-  0050000000 (005 + 連続番号)
 3  EMBASE Classic  1947-1973  0047000001 (0047 + 連続番号)
 4  EMBASE (MEDLINE 由来)  1948-  0000000001 (連続番号)
    * 資料種類が Conference Article および Conference Proceeding のレコードは,
     従来通り EMBASE (Regular EMBASE) セグメントに含まれています.

◆ 検索結果の回答セットの並び順を変更する方法

回答セットを上記のセグメント順ではなく,最新順に変更したい場合は SORT コマンドを利用し発行年で並べ替え ます.

    => FILE EMBASE
    
    => S 検索式
    L1  50     ← 結果は上記のセグメントの優先順で表示されます
    
    => SORT PY L1 1- ← 発行年順に並べ替えます (*) 
    L2  50 SORT L1 1- PY 
    
    * 発行年が同じ場合は,セグメントの優先順に並びます.

◆ 参考 : 各セグメントに限定する方法

各セグメントに限定するには,ファイルセグメント (/FS) や SET RANGE を利用します.

 セグメント  ファイルセグメント (/FS) による限定  SET RANGE による限定 (*) 
 EMBASE (Regular EMBASE)  -  SET RAN=EMB
 会議抄録,会議総説  CONF/FS  SET RAN=CONF
 EMBASE Classic  CLASSIC/FS  SET RAN=EMBC
 EMBASE (MEDLINE 由来)  MEDLINE/FS  SET RAN=MEDL
      * SET RANGE では,SET RAN=NMED を利用すると MEDLINE 由来のレコードのみが除外されます.
       対象をファイル全体に戻したい場合は,SET RAN=ALL を利用します.
    => FILE EMBASE
    
    => S 検索式
    L1 100    ← 結果はセグメントの優先順で表示されます
    
    => S L1 NOT MEDLINE/FS ← MEDLINE 由来のレコードを除きます
    L2 80   ← 結果はセグメントの優先順で表示されます

カテゴリー:
SciFinder SciFinder STN 関連 STN 関連   STN Express STN Express   STN on the Web STN on the Web
STN Easy STN Easy STN AnaVist STN AnaVist   STN Viewer STN Viewer   インターネットセミナー インターネットセミナー
イベント イベント   CAS の CD-ROM 製品関係 CAS の CD-ROM 製品関係 その他 その他