JAICI からのお知らせ

2012 年 12 月 17 日 (月) STN 関連
STN アラート (自動 SDI 検索) - SDI STANDARD オプションの追加

このたび,STN のアラート (自動 SDI 検索) の設定をより簡単に行える SDI STANDARD オプションが新たに追加されました.
SDI STANDARD は,従来アラートを登録する際に,デフォールトが選択されていることが多い項目についての質問を省略するオプションです.

SDI STANDARD は,単一ファイルのアラート,マルチファイルアラート,パッケージアラート,SMARTracker で利用できます.

なお,従来の SDI コマンドも引き続き利用可能です.

◆ 入力方法

SDI STANDARD を利用する場合は,SDI の後ろに,STANDARD または省略形 (STD, STA) を入力します.

=> SDI STANDARD
=> SDI STANDARD L1
=> SDI STD
=> SDI STA
=> SDI STD MFILE
=> SDI MFILE PACKAGE STANDARD
=> SDI XFILE STANDARD

    * SDI 以外の語順は任意です.

◆ SDI STANDARD を使用したアラート登録例

=> FILE CAPLUS

=> S APPLE
L1       48805 APPLE

=> SDI STANDARD

ENTER QUERY L# FOR SDI REQUEST OR (END):L1
ENTER UPDATE FIELD CODE (UP), UPM, UPIT, UPI, ED, UPP, UPOG OR ?:.
ENTER COST CENTER (NONE) OR NONE:.
ENTER TITLE (NONE):SDI STANDARD TEST
ENTER EMAIL ID (0000T):メールアドレス
ENTER PRINT FORMAT (BIB) OR ?:.
QUERY L1 HAS BEEN SAVED AS SDI REQUEST 'AA001/S'
    * 上記のアラート登録を従来の SDI コマンドを使用すると,19 項目の入力が必要ですが,SDI STANDARD では 6 項目の入力で登録できました.

◆ SDI STANDARD 使用時の注意点

SDI STANDARD を利用すると,自動的に 「STNmail ファイルで送付確認」(RECEIVE DELIVERY NOTIFICATION) の設定は 「NO」 になります.

◆ アラート料金

SDI STANDARD で登録したアラートの料金は,従来の SDI コマンドで登録した場合と同じ料金です.

◆ 登録したアラートの変更

SDI STANDARD で登録したアラートも従来の SDI EDIT を利用して設定を変更できます.

カテゴリー:
SciFinder SciFinder STN 関連 STN 関連   STN Express STN Express   STN on the Web STN on the Web
STN Easy STN Easy STN AnaVist STN AnaVist   STN Viewer STN Viewer   インターネットセミナー インターネットセミナー
イベント イベント   CAS の CD-ROM 製品関係 CAS の CD-ROM 製品関係 その他 その他