JAICI からのお知らせ

2013 年 10 月 3 日 (木) STN 関連
CAplus/CA,USPATFULL/USPAT2 ファイル - 米国特許出願番号の形式変更

CAplus/CA ファイルは,世界中の科学技術分野の学術論文,単行本および世界中の特許を収録する文献データベースです.

USPATFULL/USPAT2 ファイルは米国特許全文データベースで,USPATFULL ファイルには最初に発行された公報の全文情報が,USPAT2 ファイルには最新の公報の全文情報が収録されています.

これらのファイルにおいて,このたび,出願番号の形式が下記のように変更されました.

<出願番号の入力形式>

    旧: US YYYY-NNNNNN
    新: US YYYY-SSNNNNNN
      YYYY は出願年 4 桁,NNNNNN は出願番号 6 桁,SS はシリーズコード 2 桁です.

新形式は,以下の 3 つのタイプで使用されます.
    - シリーズ 13 以降の特許の出願番号
    - シリーズ 29 以降の意匠の出願番号
    - シリーズ 60 以降の仮出願の出願番号

この強化によって CAplus,USPATFULL/USPAT2,WPI,INPADOC ファイルで出願番号を用いたクロスオーバー検索が正確に実行できるようになりました.

カテゴリー:
SciFinder SciFinder STN 関連 STN 関連   STN Express STN Express   STN on the Web STN on the Web
STN Easy STN Easy STN AnaVist STN AnaVist   STN Viewer STN Viewer   インターネットセミナー インターネットセミナー
イベント イベント   CAS の CD-ROM 製品関係 CAS の CD-ROM 製品関係 その他 その他