JAICI からのお知らせ

2017 年 6 月 1 日 (木) STN 関連
Classic STN - システム制限値の緩和,FILE コマンドの機能追加

このたび STN のシステム制限値の緩和と FILE コマンドの強化が行われました.

◆ 構造検索におけるシステム制限値の緩和

REGISTRY, CASREACT, MARPAT ファイルにおけるフルファイル構造検索時のシステム制限値 (イタレーション数および回答数) が増加しました.

従来 現在
REGISTRY
 オンライン検索 6,000,000 12,000,000
 バッチ検索 8,000,000 16,000,000
CASREACT
 オンライン検索 1,000,000 12,000,000
 バッチ検索 1,500,000 20,000,000
MARPAT
 オンライン検索 500,000 1,000,000
 バッチ検索 500,000 1,000,000

◆ その他のシステム制限値の強化

項目 従来 現在
1 ファイルあたりのヒット数 8,000,000 20,000,000
SAVE コマンド (1 ログイン ID ごとの制限値)
 保存できる質問式セット数 800 1,000
 保存できる回答セット数 200 500
 恒久保存 (SAVE) できる総回答数 800,000 1,600,000
 一時保存 (SAVE TEMP) できる総回答数 1,000,000 2,000,000

◆ FILE コマンドの強化

FILE コマンドに 2 つの機能が追加されました.

追加機能 内容
FILE L# FILE L# を実行すると,L# の回答セットを作成したファイル環境に入ります
FILE PREVIOUS (FILE PREV) FILE PREVIOUS (FILE PREV) を実行すると,現在のファイルの直前の環境に入ります

<利用例>
=> FILE MEDLINE EMBASE BIOSIS ← MEDLINE, EMBASE, BIOSIS ファイルに入ります

=> S ((AVIAN OR BIRD)(3A)(INFLUENZA OR FLU) OR FOWL(1A) PLAGUE)(P)(PREVENT? OR PROTECT?) 
L1         8178 ((AVIAN OR BIRD)(3A)(INFLUENZA OR FLU) OR FOWL(1A) PLAGUE)(P)(PREVENT? OR PROTECT?)  

=> FILE CAPLUS ← CAplus ファイルに入ります

=> S CELL(S)(HIGH? TEMP? OR HEAT RESIST?)
L2         7170 CELL(S)(HIGH? TEMP? OR HEAT RESIST?)

=> FILE L1 ← L1 は MEDLINE, EMBASE, BIOSIS ファイルで得られた結果のため,
               FILE L1 により 3 つのファイルに入ります

FILE 'MEDLINE' ENTERED AT ・・
FILE 'EMBASE' ENTERED AT ・・
FILE 'BIOSIS' ENTERED AT ・・

カテゴリー:

STN 関連
STN 関連
CAS 登録番号サービス
CAS 登録番号サービス
SciFinder
SciFinder 関連
結晶構造 DB・化合物辞典
結晶構造 DB・化合物辞典
JAICI AutoTrans
JAICI AutoTrans
その他
その他
JAICI Science Dictionary
JAICI Science Dictionary