JAICI からのお知らせ

2007 年 5 月 2 日 (水) STN 関連
SET NOTICE SEARCH コマンドが強化されました

SET NOTICE SEARCH コマンドは設定した金額以上の検索料が課金される場合に料金の確認をするための設定です.このたび REGISTRY ファイルの L 番号を他のファイルへクロスオーバー検索する際の検索語料の課金に対しても SET NOTICE SEARCH コマンドが機能するようになりました.


■検索例

=> FILE REGISTRY

=> S CAFFEINE/CN

L1            1 S CAFFEINE/CN

=> SET NOT SEARCH 1  <-- SET NOTICE SEARCH を 1 円に設定 (デフォールトは 118,000 円)
NOTICE SET TO 1 JAPANESE YEN FOR SEARCH COMMAND
SET COMMAND COMPLETED

=> FILE MEDLINE

=> S L1              <-- L1 1 件のクロスオーバー検索に対して 3 円課金されることが確認できる
THE ESTIMATED SEARCH COST FOR FILE MEDLINE IS    3 JAPANESE YEN       
DO YOU WANT TO CONTINUE WITH THIS REQUEST? (Y)/N or END:y  <-- y を入力すると検索が実行される

L2       16149 L1
カテゴリー:
SciFinder SciFinder STN 関連 STN 関連   STN Express STN Express   STN on the Web STN on the Web
STN Easy STN Easy STN AnaVist STN AnaVist   STN Viewer STN Viewer   インターネットセミナー インターネットセミナー
イベント イベント   CAS の CD-ROM 製品関係 CAS の CD-ROM 製品関係 その他 その他