JAICI からのお知らせ

2008 年 1 月 30 日 (水) STN 関連
MARPAT ファイル - 構造検索時のシステム制限値の緩和

MARPAT ファイルは 1961 年以降に発行された特許中のマルクーシュ構造を含む特許情報データベースです.

MARPAT ファイルでの構造検索のシステム制限が緩和されました.
フルファイル検索および範囲指定検索の iteration および回答の上限がオンライン,バッチ共に 200,000 件になりました.

現在の,システム制限値は以下の通りです.

   検索範囲       ITERATION 数       回答数       検索時間(分)

 Online SAMPLE	    2,000		     50		    5
 Subset SAMPLE	    2,000		     50		    5
 Online FULL	  200,000		200,000		   30
 Subset FULL	  200,000		200,000		   30
 BATCH  FULL	  200,000		200,000		  360
 Online RANGE	  200,000		200,000		   30
 Subset RANGE	  200,000		200,000		   30
 BATCH  RANGE	  200,000		200,000		  360

これにより,MARPAT ファイルの構造検索においてオンライン/バッチ検索の FULL FILE PROJECTION が INCOMPLETE になる確率はさらに小さくなりました.

構造検索可能なファイルでのシステム制限値は => HELP SLIMITS で確認することができます.?

MARPAT ファイルの詳細はデータベースサマリーシートをご覧ください.
http://www.cas.org/products/stn/dbss (英文)

カテゴリー:
SciFinder SciFinder STN 関連 STN 関連   STN Express STN Express   STN on the Web STN on the Web
STN Easy STN Easy STN AnaVist STN AnaVist   STN Viewer STN Viewer   インターネットセミナー インターネットセミナー
イベント イベント   CAS の CD-ROM 製品関係 CAS の CD-ROM 製品関係 その他 その他