JAICI からのお知らせ

2008 年 2 月 19 日 (火) STN on the Web
STN on the Web - 新しい構造作図用 Plug-in (V8.3) がリリースされました

STN on the Web 用の構造作図用 Plug-in (for Windows) が更新されました.

■新しい構造作図用 Plug-in V8.3 では G グループに関する以下の作図機能が向上しました.

  • 従来,合計 20 箇所までしか付与できなかった G グループの結合位置 (@) が,全 G グループ (G1〜G20) 併せて合計で 200 箇所まで付与できるようになりました.

    * 一つの G グループ当たりに指定可能な結合位置の制限は従来どおり 20 箇所です.

■旧バージョン V8.01c-1 で報告された以下の問題が修正されています.

  • 官能基グループ名 CARBOXY DERIVS および CARBONATE DERIVS が検索に利用できませんでした.
  • G グループ中の一つのフラグメントを削除すると G グループそのものが削除されることがありました.
  • 検索には問題ありませんでしたが,印刷した際に元素数が正しく印刷されないということがありました.
  • 複数の G グループが存在するにもかかわらず,構造質問式のチェックで確認すると,G1 の内容しか表示されないことがありました.

STN on the Web で構造検索をする際は,必ず最新バージョンの Plug-in で作図した構造質問式をお使いください.

新しい構造作図用 Plug-in は,STN on the Web (http://stnweb-japan.cas.org/) のナビゲーションバーから Get Structure Plug-in をクリックして表示される画面からダウンロードすることができます.

カテゴリー:
SciFinder SciFinder STN 関連 STN 関連   STN Express STN Express   STN on the Web STN on the Web
STN Easy STN Easy STN AnaVist STN AnaVist   STN Viewer STN Viewer   インターネットセミナー インターネットセミナー
イベント イベント   CAS の CD-ROM 製品関係 CAS の CD-ROM 製品関係 その他 その他