JAICI からのお知らせ

2008 年 6 月 10 日 (火) STN Express
【訂正】 STN Express V8.3 - G グループの結合位置の制限値の訂正

STN Express はテーブル・レポート作成などの後処理機能やSTN AnaVist,STN Viewer 等の関連サービスと連携して活用できる多機能なソフトウェアです

STN Express V8.3 がリリースされた際に,STN Express V8.3 の主な強化点の一つとして,「G グループの結合位置 (@) の制限値が 200 に変更された」 ことを掲載 ( 2008 年 2 月 14 日のニュース ) しましたが,この制限値に訂正がございましたのでお知らせいたします.

  • (誤)従来,合計 20 箇所までしか付与できなかった G グループの結合位置 (@) が,全 G グループ (G1〜G20) 併せて合計で 200 箇所まで付与できるようになりました
    * 一つの G グループ当たりに指定可能な結合位置の制限は従来どおり 20 箇所です.

  • (訂正)従来,合計 20 箇所までしか付与できなかった G グループの結合位置 (@) が,全 G グループ (G1〜G20) 併せて合計で 100 箇所まで付与できるようになりました
    * 一つの G グループ当たりに指定可能な結合位置の制限は従来どおり 20 箇所です.

カテゴリー:
SciFinder SciFinder STN 関連 STN 関連   STN Express STN Express   STN on the Web STN on the Web
STN Easy STN Easy STN AnaVist STN AnaVist   STN Viewer STN Viewer   インターネットセミナー インターネットセミナー
イベント イベント   CAS の CD-ROM 製品関係 CAS の CD-ROM 製品関係 その他 その他