JAICI からのお知らせ

2008 年 10 月 16 日 (木) STN 関連
アラート設定時の更新コードの指定がわかりやすくなりました

STN の大半のデータベースでは,アラート (自動 SDI 検索) がご利用いただけます.
アラートとは,予めご登録いただいたテーマについて,STN で検索した最新情報を定期的にお届けするサービスです.

このたび,アラート (自動 SDI 検索) 登録時の更新コードオプションの表示が変更され,各ファイルで選択可能な更新コードの一覧が表示されるようになりました.

■ 表示例

  • WPINDEX ファイル
      変更前
        ENTER UPDATE FIELD CODE (UP) OR ?:
      変更後
        ENTER UPDATE FIELD CODE (UP), ED, UPP, UPAB, UPCR, EDCR, UPWX, UPB, UPKW, UPKW, UPA, UPTC, UPEQ OR ?: <-- 選択可能な更新コードの一覧が表示されます

    ■ アラート設定例 (CAplus ファイル)
    
    => FILE CAPLUS
    
    => S (MERCK OR PFIZER OR BAYER)/PA
    L1       59214 (MERCK OR PFIZER OR BAYER)/PA
    
    => SDI
    ENTER QUERY L# FOR SDI REQUEST OR (END):L1
    ENTER UPDATE FIELD CODE (UP), UPM, UPIT, UPI, ED, UPP OR ?:UPM
    ENTER SDI REQUEST NAME, (AA003/S), OR END:PATENT2/S
     :
    

    * 各ファイルの更新コードは,ファイルに入ってから,矢印プロンプト (=>) の後に HELP UPDATE と入力して確認することができます.

    この変更による既存のアラートに対する影響はありません.

    既存のアラートは変更の必要性なく,従来どおり実行されます.

  • カテゴリー:
    SciFinder SciFinder STN 関連 STN 関連   STN Express STN Express   STN on the Web STN on the Web
    STN Easy STN Easy STN AnaVist STN AnaVist   STN Viewer STN Viewer   インターネットセミナー インターネットセミナー
    イベント イベント   CAS の CD-ROM 製品関係 CAS の CD-ROM 製品関係 その他 その他