JAICI からのお知らせ

2010 年 9 月 22 日 (水) Event
CCDC セミナー「創薬研究促進のための CSD と PDB の活用法」のご案内

すぐにお使いいただけることを念頭においた実用的なセミナーです.
医薬関連の低分子化合物の結晶構造と医薬分子の標的となる生体高分子の結晶構造は, 医薬分子の作用を分子レベルで理解し,さらに新たな医薬分子を分子設計する上で 極めて重要な情報です.これらの情報をいかに活用するかによって,医薬分子設計の 効率と精度が決定されると言っても過言ではありません.

今回のセミナーでは,医薬分子の設計に注目したケンブリッジ結晶構造 データベース (CSD) のアプリケーションと 標的分子立体構造の重要な情報源である PDB のデータを構造化学的観点から自在に 活用するためのツール,Relibase+ (レリベース・プラス) をご紹介します.

第 1 部では,入門編として CSD を使用したことがない方向けに CSD の構成やデモを日本語で行います. 第 2 部では,CSD と Relibase+ の活用法,第 3 部では,今後の開発予定や事前にご質問いただいた 内容についてお答えいたします.CCDC 製品をお使いの方は,単純に構造検索を行うだけでなく, データベースから如何にして「分子設計」を行うのかを学び,そしてまだお使いでいらっしゃらない方は, CSD,Relibase+ の可能性について理解し,また情報交換の場としてご活用いただきますよう, ご参加をお待ちしております.実習はございませんが,昼休みにお試し用 PC を設置いたしますので, ご自由にお試しいただけます.また,午後だけの参加も受け付けます.

■ 日時:2010 年 11 月 9 日 (火) 10:00〜17:30

■ 会場:(社) 化学情報協会 4 階会議室 (JR 駒込駅より徒歩 5 分)
  会場案内図: http://www.jaici.or.jp/map.html

■ 定員:40 名 (企業・アカデミックの方,CCDC 製品の利用を検討されている方)

■ 参加費:無料

■ 申込締切日:10 月 8 日 (金) または定員になり次第締切

■ 申込方法:タイトルに「CCDC セミナー申込」と明記し,以下を記入の上, までお申込ください.ご不明な点は, 科学データ情報室まで (TEL:03-5978-3622).

(1) 氏名,会社・大学名,所属,電話番号,e メールアドレス
(2) 終日参加 or 午後のみ参加
(3) ご利用の CCDC 製品
(4) ご興味のある CCDC 製品 (CSD,Relibase+ 以外でも結構です)
(5) 昼休みのデモ参加の可能性の有無 (参考までにお知らせください)
(6) 第 3 部のユーザー会で取り上げてほしい質問,要望など

■ プログラム:

【第 1 部】10 時 〜 12 時
●CSD 入門編 ● 講師:理化学研究所 橋爪大輔先生
1. CSD の構成と結晶構造検索ソフト (ConQuest), 検索結果の統計処理ソフト (Vista) のデモ
2. 分子ジオメトリーのライブラリー (Mogul), 分子間相互作用のライブラリー (IsoStar) のデモ

●昼食・お試し時間● 12 時 〜 13 時 30 分
 (デモ用 PC を設置いたしますので,ご自由に CSD をお試しください)

【第 2 部】13 時 30 分 〜 16 時 15 分
講師:Dr. Jason Cole, Dr. Aurora Cruz=Cabeza, Dr. Colin Groom (CCDC)

CSD のアプリケーション● 13 時 30 分 〜 15 時
「Use in Structural Biology」
3. Using the CSD & Mogul for validation of protein-ligand complexes
4. Using the CSD as a driver for Structure-Based Drug Design
5. Understanding interactions in the PDB by comparison with the CSD

「Use in Drug Development」
6. Enhancing Crystal Structure Prediction using Mogul
7. Advanced tools for quantative assessment of polymorphic forms

Relibase+ の紹介● 15 時 15 分 〜 16 時 15 分
「An Introduction to Relibase+」PDB の構造データを活用するために
8. Validation of structural models using Relibase+
9. Searching for non-homologous cavities using Relibase+

【第 3 部】16 時 20 分 〜 17 時 30 分
●第 1 回 : CCDC ユーザー会●
座長:東海大学 平山令明先生
回答:CCDC スタッフ
事前アンケートでご質問いただいた内容への回答や CCDC での今後の予定など.
カテゴリー:
SciFinder SciFinder STN 関連 STN 関連   STN Express STN Express   STN on the Web STN on the Web
STN Easy STN Easy STN AnaVist STN AnaVist   STN Viewer STN Viewer   インターネットセミナー インターネットセミナー
イベント イベント   CAS の CD-ROM 製品関係 CAS の CD-ROM 製品関係 その他 その他