JAICI からのお知らせ

2010 年 12 月 7 日 (火) STN 関連
CABA ファイル - リロードされました

CABA ファイルは農学及び関連する応用科学,生物科学の全領域にわたる文献情報を収録するデータベースです.

このたび,当ファイルがリロードされました.このリロードに伴い以下の機能が追加・変更されました.

◆ 新規の検索・表示フィールド

- /AB (抄録)

* /AB は中間一致・後方一致検索が可能なフィールドです.
* 従来,抄録 (AB) は基本索引 (/BI) のみで検索可能でした.

◆ レコード番号 (AN) の変更

レコード番号が西暦 4 桁で表示するようになりました.

- 新規のレコード番号形式 (西暦 4 桁) : 1973:30101
- 従来のレコード番号形式 (西暦 2 桁) : 73:30101

◆ ED (入力日) および UP (更新日)

リロード前に収録されていたすべてのレコードの ED (入力日) および UP (更新日) は 20101027 となりました.
そのため,2010 年 10 月以前で ED の範囲指定を実行したい場合にはレコード番号を使用する RANGE 検索をご利用ください.

検索例 : 健康被害について 1970-1990 年に収録された文献を調査する
=> S health hazard? L1        5148 HEALTH HAZARD? => S L1 RAN=1970,1990 <-- ED の代わりに RANGE 検索を利用します L2        1085 HEALTH HAZARD?
RANGE の詳細はオンラインヘルプの HELP RANGE でご確認ください.


◆ アラート (自動 SDI 検索) の更新コード

アラートの更新コードのデフォールトが UP (更新日) になりました.
(従来は ED (入力日) がデフォールトでした.)

◆ SCAN 表示形式に関する変更

SCAN 表示形式は TI, CC, GT, CT, BT, ST, RN, ORGN フィールドの情報を表示する無料の表示形式です.
従来 => D SCAN PY のように SCAN 表示形式と他の表示フィールドを組み合わせて利用できましたが,リロード後は SCAN と他の表示フィールドの組み合わせは利用できなくなりました.今後は => D SCAN のみでご使用ください.

◆ 保存した回答セット

リロード前に SAVE コマンドで保存した回答セットは ACTIVATE コマンドで呼び出すことが出来ます.呼び出した回答セットを利用して検索を続けることはできますが,呼び出した回答セットを直接表示する場合は,呼び出した回答セットの L 番号を OR 演算して新しい L 番号を作成してから表示してください.

例 : リロード前に保存した TEST/A を呼び出す
=> ACT TEST/A L1         5148 検索式 => S L1 OR L1 ←-- L1 の回答を表示するためには, OR 演算をする必要があります L2        5148 L1 OR L1

◆ 削除された表示形式

- CBIB
- PI
- PATS

◆ 削除されたフィールド

CABA ファイルには特許情報の収録が少ないため,特許情報に関する下記のフィールドが削除されました.

- AC, AD, AI, AP, AY, DS, FC, FI, FN, IN, MD, ML, PA, PC, PD, PI, PN, PRAI, PRC, PRD, PRN, PRY

カテゴリー:
SciFinder SciFinder STN 関連 STN 関連   STN Express STN Express   STN on the Web STN on the Web
STN Easy STN Easy STN AnaVist STN AnaVist   STN Viewer STN Viewer   インターネットセミナー インターネットセミナー
イベント イベント   CAS の CD-ROM 製品関係 CAS の CD-ROM 製品関係 その他 その他