プレスリリース

[ 一覧 ]


2012 年 2 月 22 日 (水)
CAS とテイラー&フランシス社,科学者の研究環境向上をめざし提携 − SciFinder にさらに,実験項が追加

CAS とテイラー&フランシス社,科学者の研究環境向上をめざし提携

SciFinder にさらに,実験項が追加

化学情報協会

化学情報協会は,米国 Chemical Abstracts Service (CAS) が発表したプレスリリースを受けて,国内向けに次のとおり,お知らせいたします.米 CAS の発表情報は次のとおりです.
http://www.cas.org/newsevents/releases/taylorfrancis021712.html

2012 年 2 月 17 日 ― 化学情報の世界的リーダーである Chemical Abstracts Service (CAS) と世界有数の科学雑誌・書籍出版社であるテイラー&フランシス社は,同社の発行誌に記載された何千もの新しい化学反応の実験項が SciFinder® で閲覧可能になった,と発表しました.

合成化学者の意思決定過程において不可欠であるこれらの実験項は,現在SciFinder に収録されている,ACS (米国化学会) の全ての発行誌及び米国特許商標庁,欧州特許庁,世界知的所有権機関由来の実験項 (2000 年〜至現在) に追加されたものです.
CAS データベースに新たに収録された実験項は,テイラー&フランシス社の次の 3 つの主要雑誌に由来しています.
  Synthetic Communications
  Journal of Coordination Chemistry
  Phosphorus, Sulfur, and Silicon and the Related Elements

SciFinder を利用する科学者にとって実験項がいかに有用であるかは,そのコンテンツを閲覧した科学者が直接,原文 (全文) にあたる数がますます増加しているという事実からもうかがえます.

CAS のマーケティング部門の最高責任者クリスティン・マッキューは,「信頼できる科学データを提供する使命を担う CAS は,テイラー&フランシス社の実験項を世界中の何十万人もの SciFinder ユーザーに提供できることを嬉しく思います」と述べています.

CAS は,研究における世界の化学出版物の重要性を長年認識しており,2012 年も引き続き,関連するコンテンツを強化・追加していく予定です.既に今年に入ってから 2008 年から現在に至るドイツと日本の特許からも実験項を追加しており,今後は上海有機化学研究所 (Shanghai Institute of Organic Chemistry) から発行の 2 誌, Chinese Journal of Organic ChemistryActa Chimica Sinica を含む新たな情報源に由来する実験項も収録する予定です.

▼ SciFinder® について
SciFinder は,化学者を中心とする科学者向けの優れた研究ツールであり,科学者が生産性を上げ,新しい発見を加速するために必要不可欠なコンテンツと機能を提供しています.このツールでは世界最大の化学物質データベースである CAS REGISTRY をはじめ,化学物質と反応情報を最も包括的に集めたデータベース群に簡単にアクセスできるだけでなく,他の科学情報検索サービスよりも,より多くの文献にアクセスできます.現在フォーチュン誌の売上高上位 500 社の有力企業,および世界中で約 2,000 の大学・政府機関が SciFinder を利用しています.
▽詳しくは http://www.jaici.or.jp/SCIFINDER/index.php をご覧ください.

▼ CAS について
米国化学会 (American Chemical Society) の情報部門である Chemical Abstracts Service (CAS) は化学情報の権威として世界に知られています. CAS のデータベースは,CAS に所属する科学者によって構築と品質管理が行われており,世界の化学・医薬企業,大学,政府機関,特許発行機関で活用されています. CAS はこれらデータベースを最新の検索・解析技術と組み合わせた SciFinder®,STN® の各製品・サービスなどを通じて,科学的な発見をサポートする最新,完全かつ相互リンクが充実したデジタル情報環境を提供しています.
▽詳しくは http://www.cas.org をご覧ください.

【化学情報協会 (略称:JAICI) について】
化学情報協会 (所在地:東京都文京区) は,化学技術情報の流通を図るため 1971 年に設立されました.米国をはじめ世界各国の情報機関などと協力関係を築き,日本の研究者をサポートする情報センターとして,大学・企業などの情報取得・分析から研究・開発までを支援しています.特に,CAS データベースの普及は,科学者にとって必須であり,かつベストな情報サービスであるとの認識のもと,設立以来,第一目標に据えて活動を行っています.
▽詳しくは http://www.jaici.or.jp をご覧ください.

●本件に関するお問い合わせ先
化学情報協会  広報グループ  千葉 路子
〒113-0021 東京都文京区本駒込 6-25-4 中居ビル
Tel: 03-5978-3608  Fax: 03-5978-3600
http://www.jaici.or.jp