S T N e w s
Vol.27,  No.2,  Mar, Apr 2011

Vol.27 No.2 2011年 3・4月号 日本版 編集・発行:社団法人 化学情報協会


STN

目     次
ReaxysFile ファイルリリース 
- 世界最大級の物性・反応情報データベース -
2
ヘルプデスク Q&A ~ 種別付き特許番号(/PNK) フィールドの利用方法 ~ 7
BIOTECHABS/BIOTECHDS ファイル 8
CABA ファイル 8
CAplus ファイル 8
DPCI ファイル 8
EMBASE/LEMBASE ファイル 9
EPFULL ファイル 9
FRFULL ファイル 10
GBFULL ファイル 10
INPADOCDB/INPAFAMDB ファイル 10
MEDLINE/LMEDLINE ファイル 10
PCI ファイル 11
TOXCENTER ファイル 11
TULSA/TULSA2 ファイル 11
USPATFULL/USPAT2 ファイル 12
WPINDEX/WPIDS/WPIX ファイル 12
STN AnaVist 13
STN Express 13
スタッフ紹介 14
STN e- ラーニング提供開始 15
STN 講習会 15
STN ユーザーミーティングのお知らせ 16

P.1 STNews Vol.27, No.2 《 STNews ホームページ 》


ReaxysFile ファイルリリース

- 世界最大級の物性・反応情報データベース -


STN に ReaxysFile ファイルが新たに搭載されました.ReaxysFile ファイルは,有機化合物・有機金属化合物の物性や反応情報を収録している世界最大級のデータベースです.主な収録源は,Friedrich Beilstein 発行の Handbook of Organic Chemistry 主編,第 I-IV 増補編と,雑誌論文(一部の年代では単行本,特許を含む)です.

(2011 年 1 月現在)

データベース製作者 Elsevier Information Systems GmbH
収録源
1771-1959 年 Friedrich Beilstein 発行の Handbook of Organic Chemistry 主編,第 I-IV 増補編に対応(雑誌論文,特許*,単行本)
1960-1979 年 原文献の情報(雑誌論文,特許*)から融点,沸点,密度,屈折率,天然物からの単離,化学的誘導体についてのデータと出典情報を収録.その他の物理的化学的性質は原文献への参照情報を収録.
1980 年以降 すべての物理的,化学的性質について原文献の情報(雑誌論文)からデータと出典情報を収録.薬理学的・環境学的物性データも合わせて収録を開始.
レコード単位 物質単位 / 反応単位
収録状況 約 10,860,000 物質以上 / 約 12,450,000 反応以上
更新頻度 年 4 回 リロード(アラート不可)
収録対象化合物 現在は有機化合物のデータベース有機化合物および有機金属化合物
・ 構造既知化合物
・ 化学的または物理学的データの報告されている化合物
・ 炭素と金属原子が σ 結合で結合している有機金属化合物
・ 生体分子(炭水化物,酵素,ホルモンなど),混合物,ポリマー(2000 年以降)
未収録の炭素含有化合物 CO,CO2,H2CO3,炭酸塩
π 結合で配位している有機金属化合物(有機化合物と遷移金属が不飽和結合で配位した錯体)
物性の種類 様々な物性情報を収録生態学データ(生物濃縮係数,酸素要求量など)
薬理学データ(LD50,EC50 など)
電気的性質(比誘電率,圧電性など)
磁気的性質(磁化率,磁気モーメントなど)
電気化学的作用(安定度定数,プロトン親和力,酸化電位など)
多成分系データ(共沸点,ヘンリー定数,オクタノール-水分配係数など)
光学的性質(変旋光,旋光度,屈折率,コットン効果など)
安全性データ(引火点)
物理的および機械的性質(圧縮率,超音波吸収など)
スペクトルデータ(NMR スペクトル,NQR スペクトル,ラマンスペクトルなど)
凝集状態(融点,沸点,臨界圧力,昇華点など)
構造およびエネルギーパラメータ(双極子モーメント,光学異方性など)
熱力学的物性(蒸発エンタルピー,ギブス自由エネルギーなど)
輸送物性(粘性率,自己拡散係数,熱伝導性など)            など
物性の数 約 60 種類(物性データが原則表示可能なもの)
約 470 種類(参照文献情報のみが収録されている物性関連情報)

* 特許の収録は系統的ではない.

ReaxysFile ファイルには,化学的・物理的物性だけでなく薬理学的・環境学的物性データも幅広く収録しております.有機化合物の物性・反応調査の際にはぜひご利用ください.

ReaxysFile ファイルの料金体系

ReaxysFile ファイルの料金体系を表に示します.ReaxysFile ファイルの場合,特に表示料金が特徴的です.一つは,原則 1 フィールド(一つの物性の種類ごと)に課金される点,二つ目は無料の表示料金がない点です.そのため,必要なフィールドのみを指定して表示するのがおすすめです.

接続時間料
5,100 円
検索語料
無料
構造検索料
サンプル検索
無料
完全一致検索
ファミリー検索
3,700 円
閉構造部分構造検索
部分構造検索
9.700 円
表示料金(1 フィールド 1 件あたり)
780 円*

* 原則,物性コード一つあたり 780 円課金されますが,複数の物性を一表示料金で表示できるスーパーフィールドもあります.

* 反応検索の場合,検索手法によって表示料金が大きく変わります.詳細は,反応情報テキストをご覧ください. http://www.jaici.or.jp/stn/pdf/text_react.pdf

ReaxysFile ファイルでの経済的な検索方法

ReaxysFile ファイルの検索では,表示料金を節約すると,経済的に検索できます.表示料金を節約するポイントは以下の三つの点です.

1. ReaxysFile ファイルには無料の表示料金がないため,物性データの有無は検索して確認する.

2. 関連物性以外は,物性の種類ごとに 780 円課金されるため,必要な物性のみを表示する.

3. 表示する物性コードの前に F をつけて表示する.
(物性コードの前に F をつけると全データ表示.つけない場合は 20 データ表示.)

次に,これらの点に気をつけた検索例をご紹介します.適切な課金でご利用いただくためにも,上記の点に配慮してご利用ください.

検索例 : イソブチルビニルエーテルの沸点と反応情報を調査する.

検索例 : イソブチルビニルエーテル(AN 1560159)を出発原料とする 5-benzyl-6-phenyl-<1,2,4,5>trioxazinane(AN 5059037)の合成反応を調査する.

ReaxysFile ファイルでは,物質レコードのほかに反応レコードが存在します.反応検索フィールド(/RX.○○,/○○.RX)を利用した検索では,反応レコードがヒットするため 1 反応 = 1 表示料金になり,反応数が多い場合,表示料金が高額になります.一方,物質同定情報(/CN,/RN,構造検索など)を用いた検索では,物質レコードがヒットします.その場合,反応情報全体 = 1 表示料金になるため,反応数が多くても経済的です.

P.2-P.6 STNews Vol.27, No.2  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


ヘルプディスクQ&A


Q 特許番号と種別コードを組み合わせて検索する簡単な方法はありますか?
A はい.種別付き特許番号(/PNK)フィールドを利用します.

種別付き特許番号(PNK)フィールドとは

中国など一部の国の特許公報で,公開・登録のように種別の異なる公報に,まったく異なる発明であっても同じ特許番号が付与されている場合があります.これは,特許番号を使って検索や解析をする際に,思わぬノイズを生じる原因となります.

この問題を解決できるのが,2010 年 10 月に新設された 種別付き特許番号(PNK)フィールドです.これは特許番号と特許種別コードを組み合わせて検索,抽出することができるフィールドで,CAplus/CA ファイル,WPI ファイル,INPADOC ファイルをはじめ,多くの特許系ファイルで利用できます.

種別付き特許番号(PNK)フィールドで検索・抽出が可能なファイル

- CAplus/CA
- WPINDEX/WPIDS/WPIX
- INPADOCDB/INPAFAMDB
- USPATFULL/USPAT2/USPATOLD
- IFIPAT/IFIUDB/IFICDB
- EPFULL
- FRFULL
- GBFULL
- PCTFULL
- IMSPATENTS
 (検索のみ)

種別付き特許番号の検索方法

特許番号の末尾に特許種別コードを付加して,/PNK フィールドで検索します.

=> S 特許番号 特許種別コード/PNK
         * 特許番号と特許種別コードの間のスペースはなくてもよい.

入力例

特許番号 特許種別コード 入力例
JP2003174875
A
=> S JP2003174875A/PNK
US6710233
B2
=> S US6710233B2/PNK

* 特許種別コードはファイルによって異なる場合があります.
不明な場合は特許データベースポケットガイドなどでご確認ください.
www.jaici.or.jp/stn/pat_pocket.pdf

検索例 : 中国登録特許 1305806 の検索

種別付き特許番号(PNK)フィールドを利用した解析例など,より詳細な情報は以下の資料をご覧ください.「STN 特許情報セミナー」(P.2): www.jaici.or.jp/stn/pdf/patent_201011.pdf

P.7 STNews Vol.27, No.2  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


BIOTECHABS/BIOTECHDS ファイル

-更新中止

BIOTECHABS/BIOTECHDS ファイルは,世界のバイオテクノロジー分野の雑誌論文,特許,会議録情報を収録する文献データベースです.

当ファイルは 2010 年 12 月 28 日をもって更新を中止しました.そのため,収録期間は 1982 年 ~ 2010 年 12 月 28 日(固定)となります.今後,通常の検索は可能ですが,アラート(自動 SDI 検索)は実行できませんのでご注意ください.

P.8 STNews Vol.27, No.2  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


CABA ファイル

-更新頻度の変更

CABA ファイルは,農学および関連する応用科学,生物化学の全領域にわたる文献情報を収録するデータベースです.

2011 年 2 月以降,更新頻度が毎月から毎週に変更されました.それに伴い,アラート(自動 SDI 検索)の更新頻度のデフォールトも毎月から毎週に変更されました.

P.8 STNews Vol.27, No.2  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


CAplus ファイル

-伝統薬に関する特許の索引強化

CAplus ファイルは,世界中の科学技術分野の学術論文,単行本および 55 ヶ国 4 国際機関,2 技術公開誌の特許を収録する文献データベースです.

2009 年 12 月のニュースで CAplus ファイルに伝統薬に関する世界中の約 5 万件の特許が収録されたことをお知らせしましたが,これらの特許に索引が追加され,IT フィールドに統制語(一般事項,化合物クラス名),CAS 登録番号,CAS ロールが収録されました.

今回の強化で索引が収録されましたが,従来どおり CA ファイルには収録されません.そのため,ファイルセグメント(FS)には NOSECTION および NONINDEXED が付与されています.

表示例はこちらをご覧ください.  
www.jaici.or.jp/news/news.php?selectedId=861

P.8 STNews Vol.27, No.2  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


DPCI ファイル

-ファイル名の変更と収録内容の強化

DPCI ファイルは,世界の主要特許発行機関からの特許引用情報を収録するデータベースです.当ファイルは旧 PCI ファイルに相当します.リロード時にファイル名が PCI から DPCI に変更され,さらに以下の強化が行われました.

約 150 万件のレコードを新たに追加
収録国・収録年代の強化

収録国および収録年代が強化され,現在 21 ヶ国の引用情報を収録しています.
オーストラリア(AU),オーストリア(AT),ベルギー(BE),カナダ(CA),チェコ(CZ),ヨーロッパ(EP),フランス(FR),ドイツ(DE),日本(JP),韓国(KR),ルクセンブルグ(LU),オランダ(NZ),PCT(WO),フィリピン(PH),ロシア(RU),シンガポール(SG),スペイン(ES),スウェーデン(SE),スイス(CH),イギリス(GB),アメリカ(US)

* 中国(CN),マレーシア(MY)については今後収録する予定です.

引用情報の収録拡大

ドイツ特許,ヨーロッパ特許について,収録される引用情報の種類が増えました.さらにこれらの情報が検索できるように異議申し立てによる引用情報と第三者による引用情報の検索フィールドが追加されました.

-DE:発明者引用,登録後の引用情報
-EP:異議申し立て,第三者による引用情報

引用特許・被引用特許の特許発行日を収録
◇ レコード例(CDP 表示形式)

◇ 更新コードの追加

/PCIW:PCI 更新週
/PCIW.B:PCI 更新週,ベーシック特許
/UPD:引用特許更新日(20101124 以降から収録)
/UPG:被引用特許更新日(20101124 以降から収録)

◇ アラート(自動 SDI 検索)の変更

アラート登録時に選択できる更新コードが,UP(デフォールト),ED,UPD,UPG になりました.  
(従来は,UP(デフォールト),ED,UPP でした.)

PCI ファイルで登録したアラート(自動 SDI 検索)は DPCI ファイルに移行されますが,更新コードが一部変更されていますので,必要に応じてアラートの見直しをお願いします.

◇ 保存回答への影響

PCI ファイルで保存した回答セットは DPCI ファイルで利用できます.

◇ 削除された検索フィールド

/PC.FI,/PC.FX,/PK.FI,/PK.FX,/PN.FI,/PN.FX,/AP.YR,/PRN.YR

P.8-P.9 STNews Vol.27, No.2  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


EMBASE/LEMBASE ファイル

-2011 年版の EMTREE シソーラスが利用可能に

EMBASE ファイルは,生物医学および薬学医学領域の世界中の文献を収録する文献データベースです.また,LEMBASE ファイルは EMBASE ファイルの練習用ファイルです.

2011 年版の EMTREE シソーラスが利用可能になりました.2011 年版の EMTREE シソーラスには WHO により付与された 2000 年以降の国際一般名(INN)およびアメリカ食品医薬品局(FDA),欧州医薬品審査庁(EMEA)によって付与された医薬品一般名がすべて収録されます.また,主要な医薬品会社で使用されている商品名の収録も拡大されていますので,医薬品名を用いた調査がより便利になりました.

P.9 STNews Vol.27, No.2  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


EPFULL ファイル

-法的状況の表示料金の変更,Rolled-up Core の削除

EPFULL ファイルは,1978 年以降の欧州特許の全文情報を収録するデータベースです.

■ 法的状況の表示料金の変更

LSEP.M,LSEPR 表示形式の料金が変更され,LSEP 表示料金と同じ 111 円になりました.

■ Rolled-up Core の削除

EPO が Rolled-up Core の付与を中止し,バックファイル分に関しても Rolled-up Core の情報を削除することに伴い,当ファイルでも過去分も含めてファイル全体から Rolled-up Core を削除しました.

従来と同じ IPC を用いて検索した場合,件数が減る可能性がありますが,今回の変更によるものですので何卒ご了承ください.

P.9 STNews Vol.27, No.2  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


FRFULL ファイル

-遡及収録の完了,ICO,IdT 分類の収録,Rolled-up Core の削除

FRFULL ファイルは,フランス特許の全文を収録するデータベースです.

遡及収録の完了

STNews Vol.26 No.1 P.21 で,フランス公開特許・登録特許の遡及収録の予定をお伝えしましたが,このたび,1902 年以降の遡及収録が完了しました.

■ ICO,IdT 分類の収録強化

ICO,IdT 分類が収録されました.それに伴い新検索フィールドが新設されました.

・新検索フィールド

/ICO:ICO 分類
/ICO.KW:ICO 分類,キーワード
/IDT:IdT 分類

ICO 分類のリストはこちらをご覧ください(毎月更新).
www.stn-international.de/ico_1101.html
IdT 分類のリストはこちらをご覧ください.
www.stn-international.com/IdT_EPO.html

■ Rolled-up Core の削除

当ファイルの Rolled-up Core の情報は削除されました.詳細は本号(STNews Vol.27 No.2)の EPFULL ファイルの項をご覧ください.

P.10 STNews Vol.27, No.2  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


GBFULL ファイル

-Rolled-up Core の削除

GBFULL ファイルは,英国公開および登録特許の全文データベースです.

当ファイルの Rolled-up Core の情報は削除されました.詳細は本号(STNews Vol.27 No.2)の EPFULL ファイルの項をご覧ください.

P.10 STNews Vol.27, No.2  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


INPADOCDB/INPAFAMDB ファイル

-日本実用新案の特許番号の入力形式の変更,日本公開特許,日本実用新案公開に引用情報を収録,コロンビアの法的状況の収録開始,エストニアの法的状況の強化,Rolled-up Core の削除

INPADOCDB/INPAFAMDB ファイルは,世界 89 特許発行機関から発行される特許,実用新案の書誌情報,対応特許情報,引用情報および法的状況データを収録する特許データベースです.

日本実用新案の特許番号の入力形式の変更

日本の実用新案(JPY1:実用新案(審査済),JPY2:実用新案(審査済,二次公報))の特許番号の入力形式が変更されました.

変更後(現在) 変更前
=> S JP特許番号 Y/PN => S JP特許番号 U/PN
=> S JP03000001Y/PN => S JP03000001U/PN

日本実用新案の特許番号の入力形式の詳細につきましてはこちらをご覧ください.

www.jaici.or.jp/news/news.php?selectedId=874

日本公開特許,日本実用新案公開に引用情報を収録

1972-1997 年の日本公開特許,日本実用新案公開に引用情報が収録されました.出典は包袋に収録されている引用情報で,主に拒絶や取り下げの際に利用された引用情報です.

コロンビアの法的状況の収録開始

2011 年 2 週以降,コロンビアの法的状況データの収録を開始しました.収録された法的状況コードは下記の通りです.なお,追加された法的状況コードは 2003 年まで遡及収録されます.

-COFA:APPLICATION WITHDRAWN
-COFC:APPLICATION REFUSED
-COFD:APPLICATION LAPSED
-COFG:APPLICATION GRANTED

エストニアの法的状況の強化

2010 年 44 週以降,エストニア(EE)の法的状況コードの種類が多数追加されました(従来は,3つの法的状況コード(EEKB4A,EEMA4A,EEMM4Aのみ収録).追加された法的状況コードの詳細については www.epo.org/patents/updates/2010/20101027a.html をご覧ください.なお,追加された法的状況コードは 2003 年まで遡及収録されます.

■ Rolled-up Core の削除

当ファイルの Rolled-up Core の情報は削除されました.詳細は本号(STNews Vol.27 No.2)の EPFULL ファイルの項をご覧ください.

P.10 STNews Vol.27, No.2  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


MEDLINE/LMEDLINE ファイル

-リロード

MEDLINE ファイルは,医学情報を収録する文献データベースです.

当ファイルでは,MeSH(Medical Subject Heading)と呼ばれる統制語を毎年改訂しています.当ファイルの Annual Reload が 2011 年 1 月 22 日に完了しました.現在,全収録期間のレコードが 2011 年版の MeSH(MEDLINE ファイルの統制語)に対応しました.

■ 2011 年度 Annual Reload の主な変更点
◇ MeSH 2011 年版 に対応

-追加されたディスクリプタ数:573
-新しい用語に置き換えられたディスクリプタ数:54
-削除されたディスクリプタ数:19

◇ 構造化抄録(Structured Abstract)の収録開始

抄録をいくつかのパラグラフに分けて収録する構造化抄録の収録が開始されました.

各パラグラフには見出し(BACKGROUND,OBJECTIVE,METHODS,RESULTS,CONCLUSIONS)が付与されています.

-原抄録中に 3 つ以上の上述の見出し(またはその同義語)が存在していた場合に,構造化抄録が作成されます.
-現在,データベース中のおよそ 10% のレコードに構造化抄録が収録されています.
-見出しは /FA で検索することが可能です(例:=> S BACKGROUND/FA).
-構造化抄録では,(P)演算子を用いて,抄録中の同一パラグラフ中に限定した検索を行うことができます.

化学物質名称セグメント(/CNS)フィールドの追加

/CNS フィールドでは,化学物質名(CN)および CAS 登録番号(RN)フィールド中に収録されている下記の情報を検索することができます.

-化学物質名称        -CAS 登録番号
-化学グループ名     -酵素委員会番号

/CNS フィールドでは前方一致,後方一致・中間一致検索が可能です(例:=> S ?METHYL?/CNS).

(従来からある /CN フィールドは前方一致検索のみ利用可能です)

被引用文献数(/OSC.G)フィールドの追加

- /OSC.G フィールドは数値検索可能です(例:=> S 500-1000/OSC.G).

- OSC.G フィールドは,BIB,ALL 表示形式およびカスタム表示形式(OSC.G)で確認することができます.

◇ デジタルオブジェクト識別子(DOI)の収録開始

- カスタム表示形式(DOI)でのみ確認できます.

- FTDOI/FA で DOI フィールドが存在するレコードに限定することができます.

◇ 資料種類(DT)追加および変更

- VIDEO AUDIO MEDIA が新規に追加されました.

- PERSONAL NARRATIVES が AUTOBIOGRAPHY に変更されました.

◇ オンライン記事のバージョン情報が識別可能に

2011 年より,NLM では,オンライン記事について,バージョンごとにレコードを作成することになりました.

バージョン情報は以下のように識別できます.

- VERSION 2/FA,VERSION 3/FA のように,/FA フィールドにバージョン情報が収録されます.

- 各バージョンは記事番号(DN)で関連付けられています.最初のバージョンの記事番号が XXXXXXXX の場合,次のバージョンの記事番号は,XXXXXXXX.2 となります.

* 現時点では,まだバージョン別のレコードは収録されていません.

◇ アラート(自動 SDI 検索)への影響

リロードに伴う変更点をご確認いただき,必要に応じて検索式の見直しをお願い致します.

◇ リロードに伴い,練習用ファイルの LMEDLINE ファイルおよび TOXCENTER ファイルの MEDLINE セグメントもリロードされました.
◇ リロードの詳細はオンライン中に => HELP RLOAD と入力するか,こちらをご覧ください. www.nlm.nih.gov/pubs/techbull/nd10/nd10_medline_data_changes_2011.html

P.10-P.11 STNews Vol.27, No.2  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


PCI ファイル

-ファイル名の変更

2011 年 1 月 23 日以降,ファイル名が DPCI ファイルに変更されました.本号(STNews Vol.27 No.2)の DPCI ファイルの項をご覧ください.

P.11 STNews Vol.27, No.2  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


TOXCENTER ファイル

-リロード

TOXCENTER ファイルは,毒物および化学物質に関する薬理学,生理学,毒物学情報を収録する文献データベースです.CAplus,MEDLINE,BIOSIS などのデータベースから情報を収録しています.

当ファイルの MEDLINE ファイルセグメントの Annual Reload が 2011 年 1 月 22 日に完了しました.リロードに伴う変更点をご確認いただき,必要に応じて検索式の見直しをお願いいたします.

* MEDLINE セグメントのリロードの詳細は,オンライン中に => HELP RLOAD と入力するか,本号(STNews Vol.27 No.2)の MEDLINE ファイルの項をご覧ください.

P.11 STNews Vol.27, No.2  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


TULSA/TULSA2 ファイル

-リロード

TULSA ファイルは,石油関連分野の文献データベースです.TULSA ファイルは Petroleum Abstracts 購読者用,TULSA2 ファイルは非購読者用のファイルです.

当ファイルがリロードされました.リロードに伴う変更点は以下の通りです.

◇ 新規検索フィールド

-/APO(出願番号,オリジナル)
-/PRNO(優先権出願番号,オリジナル)

◇ 新規表示フィールド

-AIO(出願情報,オリジナル)
-PRAO(優先権出願情報,オリジナル)

◇ 削除されたフィールド

-IC:国際特許分類(主分類および副分類)
-ICM:国際特許分類(第 1-7 版),主分類
-ICS:国際特許分類(第 1-7 版),副分類
-RN(CN):CAS 登録番号および化学物質名

* すべての版の国際特許分類は IPC フィールドに収録されるようになりました.

* CAS 登録番号が利用できなくなったことにより,CASRNS クラスターから削除されました.

◇ 保存した回答セット

リロード前に SAVE コマンドで保存した回答セットは ACTIVATE コマンドで呼び出すことが出来ます.呼び出した回答セットを利用して検索を続けることはできますが,呼び出した回答セットを直接表示する場合は,呼び出した回答セットの L 番号を OR 演算して新しい L 番号を作成してから表示してください.

P.11-P.12 STNews Vol.27, No.2  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


USPATFULL/USPAT2 ファイル

-化学分野のレコードに収録されている CA 索引情報の強化

USPATFULL/USPAT2/USPATOLD ファイルは米国特許全文データベースで,USPATFULL ファイルには最初に発行された公報の全文情報が,USPAT2 ファイルには最新の公報の全文情報が収録されています.

これらのファイルの化学分野のレコード(約 180 万件の特許)には CAplus/CA ファイル由来の CA 索引情報が付与されていますが,このたび CA 索引情報の収録工程が改善され,CAplus/CA ファイルの特許ファミリーの変化に合わせ,より適した索引情報が付与されるようになりました.

この強化により,複雑な特許ファミリーの場合,CAplus/CA ファイルには複数のベーシック特許が存在しますが,US 特許の内容により近い CA 索引情報が収録されるため,より的確な CA 索引情報を表示・検索することができるようになりました.また,新検索フィールドとして /UPCA(CA 索引情報の更新日)が新設され,索引が変更されたレコードを確認することができます.

USPATOLD ファイルは,特許ファミリー情報がないレコードが多いため,従来の索引情報が付与されています.

◇ アラート(自動 SDI 検索)や保存回答への影響

アラート(自動 SDI 検索)には影響しません.一方,保存された回答については一部影響する可能性があります.

- 保存した当時は CA の索引がなかったレコードでも,現在 CA の索引が存在する場合があります.

- 特許ファミリーの変化に合わせて保存時とは異なる CA の索引情報が収録されている場合があります.

P.12 STNews Vol.27, No.2  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


WPINDEX/WPIDS/WPIX ファイル

-マレーシア登録特許の収録開始,タイ登録特許の収録開始,ベトナム公開特許・登録特許の収録開始,ロシア公開特許・実用新案の収録を開始,マニュアルコードの改訂,

WPI ファイルは,世界の 45 特許発行機関から発行される特許および 2 技術公開誌の情報が収録するデータベースです.

マレーシア特許の収録開始

ダウエントアップデート 201075 から,2010 年 1 月 15 日以降に発行されたマレーシアの登録特許の収録が開始されました.国コードは「MY」,特許種別コードは「MYA」です.




発明レベル

ポリマー,医薬,農薬,一般化学分野(ダウエントセクションA,B,C,E)

書誌情報,抄録,マニュアルコード,DCR,新ポリマー索引,ケミカルコード,拡張抄録

その他の分野(ダウエントセクションA,B,C,E 以外のセクション)

書誌情報,抄録,マニュアルコード

公報レベル 標題,抄録,メインクレーム,発明者名

タイ特許の収録開始

ダウエントアップデート 201072 から,2010 年 1 月以降に発行されたタイの登録特許の収録が開始されました.国コードは「TH」,特許種別コードは「THA」です.




発明レベル

ポリマー,医薬,農薬,一般化学分野(ダウエントセクションA,B,C,E)

書誌情報,抄録,マニュアルコード,DCR,新ポリマー索引,ケミカルコード

その他の分野(ダウエントセクションA,B,C,E 以外のセクション)

書誌情報,抄録,マニュアルコード

公報レベル 標題,抄録,メインクレーム,発明者名(人手翻訳)

■ ベトナム公開特許・登録特許の収録開始

ダウエントアップデート 201071 から,2010 年 1 月以降に発行されたベトナムの公開特許・登録特許の収録が開始されました.国コードは「VN」,特許種別コードにつきましては,公開特許は「VNA」,登録特許は「VNB」です.




発明レベル

ポリマー,医薬,農薬,一般化学分野(ダウエントセクションA,B,C,E)

書誌情報,抄録,マニュアルコード,DCR,新ポリマー索引,ケミカルコード

その他の分野(ダウエントセクションA,B,C,E 以外のセクション)

書誌情報,抄録,マニュアルコード

公報レベル (登録特許のみ)標題,抄録,メインクレーム,発明者名(人手翻訳)

ロシア公開特許・実用新案の収録を開始

ダウエントアップデート 201068 から,ロシアの 2010 年 1 月以降に発行された公開特許および実用新案の収録を開始しました(従来は登録特許のみ収録).収録対象となる特許種別は下記の通りです.

-RUA :公開特許
-RUA8 :公開特許のフロントページの修正
-RUA9 :公開特許の明細書修正
-RUU1 :実用新案
-RUU8 :実用新案のフロントページの修正
-RUU9 :実用新案の明細書修正

* 2011 年 1 月現在,RUA8,RUA9,RUU9 は収録されていません.




発明レベル

ポリマー,医薬,農薬,一般化学分野(ダウエントセクションA,B,C,E)

書誌情報,抄録,マニュアルコード,DCR,新ポリマー索引,ケミカルコード

その他の分野(ダウエントセクションA,B,C,E 以外のセクション)

書誌情報,抄録,マニュアルコード

公報レベル 標題,抄録(公開特許のみ),メインクレーム,発明者名(機械翻訳を人手で修正した翻訳)

■ マニュアルコードの改訂

マニュアルコードが 2011 年版に改訂されました.これに伴い STN のマニュアルコードのオンラインシソーラスも新しいコードに対応しています.

/MC(マニュアルコード)シソーラスをご利用になる際の関係コードはデータベースサマリシートをご覧ください.また,2011 年の変更に関する詳細はこちらをご覧ください.

science.thomsonreuters.com/support/patents/dwpiref/reftools/classification/code-revision/

* 検索およびアラート(自動 SDI 検索)時の注意点とお願い
マニュアルコードを用いた検索の際は,新コードへの変更をお願いいたします.

各ファイル記事の補足情報

各ファイルの記事に関する補足情報は,データベースサマリーシートをご参照ください.または,ヘルプデスクにお問い合わせください.

最新の英語版データベースサマリーシート:
  www.cas.org/support/stngen/dbss/index.html

和訳版データベースサマリーシート:
  www.jaici.or.jp/stn/dbsummary/db.html

STN ヘルプデスク:
  www.jaici.or.jp/helpdesk/index.htm

STN 料金表:
  www.jaici.or.jp/stn/tariff/plindex.html

STN 技術資料:
  www.jaici.or.jp/stn/stn_doc.html
  www.cas.org/ONLINE/STN/doc.html
  www.stn-international.de/training_center/mat_sea_stn.html

P.12-P.13 STNews Vol.27, No.2  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


STN AnaVist

-STN AnaVist ソフトウェアダウンロード版のリリース

STN AnaVist は,検索した結果をビジュアル化し,各種フィールドに対応するグラフ,マトリックスチャート,リサーチ・ランドスケープ(概念マップ)等を作成する解析ソフトウェアです.

Microsoft Windows Vista(Business,Enterprise,Ultimate エディション)および Windows7 に対応した STN AnaVist V2.01.1 日本語版ソフトウェアがダウンロードサイトからダウンロードできるようになりました.

casweb.cas.org/stnexpress/html/japanese/login.html

P.13 STNews Vol.27, No.2  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


STN Express

-STN Express V8.4.2 リリース

STN Express はテーブル・レポート作成などの後処理機能や STN AnaVist,STN Viewer 等の関連サービスと連携して活用できる多機能なソフトウェアです.

STN Express V8.4.2.1 がリリースされました.今回のバージョンは,各種ウィザードを ReaxysFile ファイルに対応させるためのメンテナンス版です.

詳細につきましてはこちらをご覧ください.
www.jaici.or.jp/news/news.php?selectedId=860

P.13 STNews Vol.27, No.2  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


スタッフ紹介


原田 学
原田 学

(社)化学情報協会
情報事業部
テクニカルグループ

大学時代は東京工業大学化学工学専攻および東京大学化学専攻で,有機合成化学を学びました.博士課程修了後,さらに科学技術振興事業団 CREST 研究員として大学で研究を行ったため、大学には 11 年間も在籍していました.

大学の学部,修士課程時代は,文献調査には冊子体の Chemical Abstracts を使っていました.博士課程の途中で SciFinder Scholar が導入され,「何と便利なものが出来たのだろう」と感動したのを覚えています.(導入当初は同時接続数が 1 ユーザーだったので,つながりにくいのが難点でしたが).しかし,今思い返すと,正しい検索方法を十分理解しないまま使っていたように思います.

その後,有機化学薬品の受託製造会社で約 7 年間,主に医薬品中間体製造のためのスケールアップの研究に従事した後,2010 年 7 月に化学情報協会に入社しました.入社後は情報事業部のテクニカルグループに配属になり,講習会講師やヘルプデスク,サマリーシートやテキストなどの技術資料作成を通して STN や SciFinder のユーザーサポートを担当しています.

入社するまでは,自分で STN の検索をしたことはありませんでしたが,講習会を受講したり,先輩方から指導を受けることで徐々に知識をつけてきました.ヘルプデスクでは,今はまだすぐにお答えできずにお客様をお待たせしてしまうこともありますが,皆様からのお問い合わせに対していろいろと調べることで,即答できる範囲を広げていきたいと考えています.

学生時代から,趣味でフルートと合唱を続けており,現在,オーケストラと合唱団が一緒に活動している団体に所属しています.年 2 回の大きな演奏会の他,少人数でアンサンブルも楽しんでいます.その音楽の仲間にも STN のユーザーの方がいらっしゃいます.小さな演奏会も含めるといろいろなところで演奏していますので,もしかしたらこれを読んでいらっしゃる方の中にも,どこかでお会いしたことがある方がいらっしゃるかもしれません.

これからもお客様のお役に立てるように日々勉強を続け,精一杯サポートをさせていただきますので,どうぞよろしくお願いいたします.

P.14 STNews Vol.27, No.2 《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


STN講習会
http://www.jaici.or.jp/stn/elearning/index.html STN講習会

このたび,弊協会のホームページ上で,STN の検索に関する自習用 e-ラーニング教材の提供を開始しました.

教材は動画と音声からなり,実際のオンラインセッション画面もお見せしながら解説しています.各教材は 10 分程度ですので,少し手の空いたときなどに気軽に視聴していただけます.ぜひご利用ください!

** こんな方にオススメです **

・東京・大阪で開催される講習会への参加が難しい方
・STN 検索の基本を復習したい方

◇ 内容

・STN コマンド検索の基本
・キーワード検索のポイント
・演算子の利用

* コンテンツは順次追加していく予定です.STN e-ラーニングに関するご質問や ご要望は STN ヘルプデスク (TEL:0120-003-462,e-mail:support@jaici.or.jp) へ ご連絡ください.

P.15 STNews Vol.27, No.2 《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


STN講習会

STN を検索する際に必要な知識や技術を身につけていただけるように,検索に必要なコマンドや,各データベースの概要,検索のポイントなどをご説明する講習会を毎月開催しています.

会場は東京会場,または大阪会場です.

各会場での開催内容と日程につきましては,同封のリーフレットまたは弊協会ホームページをご覧ください.

STN 講習会のサイト
https://www.jaici.or.jp/seminar/index.html

P.15 STNews Vol.27, No.2 《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


「STN ユーザーミーティングのお知らせ」毎年 CAS FILES の強化,ならびに新規/既存ファイルのご紹介を行う STN ユーザーミーティングを 6月に開催いたします.ご都合のよろしい会場を選択して,どうぞお気軽にお申込みください.各会場での開催日程は下記の通りです.6/3(金)10:00-17:00 つくば(研究支援センター 研修室B)、6/7(火)10:00-17:00 東京(ベルサール神保町 Room 1)、6/8(水)10:00-17:00 東京(ベルサール神保町 Room 1)、6/10(金)10:00-17:00	富山(富山県民会館 706 号室)、6/14(火)10:00-17:00	大阪(千里ライフサイエンスセンター ライフホール)、6/15(水)10:00-17:00	広島(ホテルニューヒロデン 会議室 松)

P.16 STNews Vol.27, No.2 《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


STN 東京サービスセンター