S T N e w s
Vol.28,  No.6,  Nov, Dec 2012

Vol.28 No.6 2012年 11・12月号 日本版 編集・発行:化学情報協会


STN

目     次
PQSciTech ファイルがリリースされました! 2
使える!便利コマンド 6
AEROSPACE ファイル 8
CASREACT ファイル 8
EMBASE ファイル 8
INPADOCDB/INPAFAMDB ファイル 9
METADEX ファイル 9
PQSciTech ファイル 9
USAN ファイル 9
FIZ AutoDoc 料金一部改定のお知らせ 10
2013 年の STN 料金表のお届け予定について 10
STNews Vol.29 No.1(2013 年 1・2 月号)等技術資料のお届け予定について 10
STN 講習会 10
ホームページの資料掲載のお知らせ 11
スタッフ紹介 12
サマリーシート = 『データベースの説明書』 13
アラート(自動 SDI 検索)がより便利に! 14
STN インターネットセミナー 15
STN 医薬情報セミナー STN 特許情報セミナー開催のお知らせ 16
STN Viewer セミナー(実習付き)開催のお知らせ 16

P.1 STNews Vol.28, No.6 《 STNews ホームページ 》


PQSciTech ファイルが
リリースされました!


PQSciTech ファイルは,エンジニアリングからライフサイエンス分野に及ぶ科学・技術情報を収録する文献データベースです.当ファイルは,CSA(Cambridge Scientific Abstracts)が提供する 25 のデータベースを統合し,PQSciTech(ProQuest Science & Technology)ファイルとして 2012 年 8 月にリリースされました.

(2012 年 9 月現在)

データベース製作者 ProQuest LLC
収録源
・ 雑誌論文(約 52%) ・ 会議録(約 22%)
・ 特許(約 20%) ・ 単行本ほか
収録分野
・ エンジニアリング ・ 材料
・ テクノロジー ・ ライフサイエンス
収録内容 書誌情報,抄録,索引
レコード構成 文献単位
収録件数 約 2,700 万件
収録期間 1962 年~
更新頻度 毎月(アラートは毎月)
特 長 ・ 幅広い分野の科学技術文献情報を検索できる.
・ 標題や抄録中に含まれる数値を検索することができる.
 (テキスト中の数値検索 Version 2)

旧ファイル名と収録分野

PQSciTech ファイルに統合された 25 ファイルおよびその収録分野は,下記の通りです.

分 野 旧ファイル名と収録分野
エンジニアリング
テクノロジー
AEROSPACE(航空,宇宙),ANTE(新技術),CIVILENG(土木),COMPUAB(コンピュータ科学),ELCOM(電子システム,回路,通信),ENVIROENG(環境保全,エネルギー生産),MECHENG(輸送工学)
材 料 ALMINIUM(アルミニウム),CERAB(セラミックス),COPPERLIT(銅,銅合金),CORROSION(腐食科学),EMA(セラミックス,高分子),MATBUS(鋼鉄,非金属),METADEX(金属,合金),SOLIDSTATE(金属,プラスチック,セラミックス)
ライフサイエンス AQUALINE(水資源),AQUASCI(海洋,淡水の科学),BIOENG(生化学,微生物工学),HEALSAFE(安全性),LIFESCI(生物学,医学,生化学),OCEAN(船舶,海運,海洋生物学),POLLUAB(環境汚染,騒音),WATER(水資源の保護,汚染)
科学技術全般 CONFSCI(科学技術分野の会議録),LISA(図書館,情報科学)

・ファイルセグメント(/FS)で,旧ファイルを限定できます.ファイルセグメントは,EXPAND で確認できます.
・METADEX および AEROSPACE ファイルは,単独のデータベースとしても引き続きご利用いただけます.

主な検索フィールド

基本索引(/BI)

主題に関連するキーワードは,基本索引(標題,抄録,統制語,補遺語から切り出された単語)で検索します.

- 前方一致,中間一致,後方一致検索が利用できます.
- 複数形,英米での綴り違いを含める設定をします.
- 近接演算子を利用してキーワード間の近接範囲を指定できます.

統制語(/CT)

統制語による索引が付与されていますが,同じ概念に対して元のファイルに由来する複数の語が使われている場合があるため,自由語による検索を中心に行います.自由語に対応する統制語があれば,自由語の検索式に追加して基本索引で検索します.

分類コード(/CC)

各ファイルセグメント中で付与された分類コードがそのまま収録されています.検索をする際には,コード番号ではなく分類の説明中のキーワードを使用します.

合金索引(/ALI)

合金の商品名,成分系,組成などから検索することができます.文献の主題に関係する重要な合金のみが索引されているため,精度の高い回答が得られます.
例:SUS316(商品名),29CR-2MO-2NI(組成)

合金分類コード(/CCA)

金属材料を組成や用途によって分類したものです.コードまたは名称のどちらか一方のみが索引されている場合もあるため,両者を併用して検索します.

例:クロムマンガン鋼
SACMN(コード),Chromium manganese steels(名称)

テキスト中の数値検索機能(Version 2)

STNews 2012 年 7・8 月号で,WPI ファイルに搭載された数値検索機能(Version 2)をご紹介しましたが,当ファイルでも同じ数値検索機能を利用できます.標題および抄録中に存在する数値データを単位とリンクさせて検索可能です.

55 種類の検索フィールドの例
検索フィールド 数値名 デフォールト単位
/CAP 静電容量 F
/ECH 電荷 C
/ENE エネルギー J
/FRE 周波数 Hz
/LEN 長さ m
/MFD 磁束密度 T
/PRES 圧力 Pa
/TEMP 温度 K
/VOLT 電圧 V

* 数値検索機能の詳細は,STNews Vol.28 No.4(2012 年 7・8 月号)もしくは下記資料をご参照ください.
テキスト中の数値検索機能(Version 2)
www.jaici.or.jp/stn/pdf/nps_ver2.pdf


重複文献除去

ファイルフラグメント間で重複するレコードが存在するため,DUPLICATE コマンドで重複文献除去を実行してから回答を表示します.

=> DUP REM L1

主な定型表示形式

主な定型表示形式は下記の通りです.利用できる全表示形式はサマリーシートで確認できます.

www.jaici.or.jp/stn/dbsummary/pdf/PQSciTech.pdf

表示形式 内 容 料 金
BIB(デフォールト) 書誌情報 340 円
ABS 抄録 340 円
IND 索引 無料
ALL 書誌情報,抄録,索引 340 円
TRIAL 標題,索引 無料
SCAN 標題,分類コード,統制語(ランダム表示) 無料
HIT ヒットタームを含むフィールド *
KWIC ヒットタームの前後 20 語 *

* 表示されるフィールドによって異なります


検索例:

二酸化チタンの光触媒作用による大気汚染物質の分解に関する文献で,
光の波長が 300~400 nm と記載されているものを調査します.



PQSciTech ファイルは,工学・材料系からライフサイエンスまでの幅広い分野を包括的に検索可能で,さらにテキスト中の数値検索が利用可能です.  
ぜひ,PQSciTech ファイルをご活用ください!

PQSciTech ファイルの詳細については,リフレッシュセミナーテキスト「検索事例(工学・材料系)」もご参照ください.
www.jaici.or.jp/stn/pdf/ref-jireieng.pdf

P.2-P.5 STNews Vol.28, No.6  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


使える!便利コマンド

FOCUS コマンド

STN の検索結果である回答セット(L 番号)中の各レコードには,原則として最新のレコードから順に回答番号が付与されています.そのため,最新の情報から表示させたい場合は便利です.

しかし,検索テーマに沿った回答を優先的に表示したい場合もあります.このような場合には FOCUS コマンドを利用しましょう.

FOCUS コマンドは,回答セット中のレコードを適合度の高い順に並べ替えることができるコマンドです.そのため,検索テーマをキーワード検索で調査した場合に FOCUS コマンドは特に有効です.

FOCUS コマンドの入力方法

=> FOCUS L 番号 回答番号

- FOCUS コマンドの回答件数の上限は 50,000 件
- FOCUS コマンドは STN の大部分のデータベースで利用でき,マルチファイル検索の結果に対しても実行可能
- FOCUS コマンドの料金は,1 回あたり 515 円(2012 年 9 月現在)

FOCUS コマンドによる並べ替えの観点

FOCUS コマンドは下記の観点で並び替えを行っています.

・ フィールドに対する重み付けを加味した検索語の出現頻度数
・ 検索に用いた検索語同士の近接性
・ フィールド中の検索語の位置

検索例 : 歯の石灰化に関する 2010 年以降の文献を MEDLINE, EMBASE ファイルで検索します.

STN on the Web の検索記録(RTF 形式)ファイルでも表やレポートを作成できます

P.6-P.7 STNews Vol.28, No.6  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


AEROSPACE ファイル

- アラート料金の改定,大学・教育機関向けのサービス中止

AEROSPACE ファイルは,航空宇宙およびその関連科学分野の文献情報を収録するデータベースです.

アラート料金の改定

2012 年 10 月 1 日より,当ファイルのアラート(自動 SDI 検索)料金が改定されました.

改定前 2,340 円
(20 件までのオフラインプリント料金が含まれます)
改定後 1,210 円
(1 件ごとにオフラインプリント料金が課金されます.デフォールトの BIB 表示形式:247 円/件)

大学・教育機関向けのサービス中止

データベース製作者である ProQuest 社の意向により,2012 年 9 月 30 日をもって大学・教育機関向けの提供を中止いたしました.

P.8 STNews Vol.28, No.6  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


CASREACT ファイル

- 更新頻度の変更

CASREACT ファイルは CAS(Chemical Abstracts Service)が製作する有機化合物の反応データベースです.2012 年 9 月より,当ファイルの更新頻度が毎週から毎日に変更されました.これにより,より速報性の高い情報を入手可能になりました.なお,アラート(自動 SDI 検索)の更新頻度は,従来通り毎週です.

P.8 STNews Vol.28, No.6  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


EMBASE ファイル

- 会議抄録,会議総説情報の追加

EMBASE ファイルは,生物医学および薬学医学領域の世界中の文献を収録する文献データベースです.当ファイルの収録対象に,会議抄録および会議総説が追加されました.

2012 年 9 月 22 日に 2009 年以降の約 85 万件の会議抄録と約 3,000 件の会議総説のレコードが遡及収録されました.今後,会議抄録および会議総説は通常の更新に含まれます.

◇ 会議抄録,会議総説のレコード構成

書誌情報,抄録,索引を含みます.

会議抄録のレコードでは,書誌情報の SO(収録源)フィールドに,会議情報(Meeting Info)として会議名,会議開催地,会議開催期間の情報が含まれます.また会議抄録および会議総説で,会議抄録番号が利用できる場合は,SO フィールドに会議抄録番号が含まれます.

◇ ファイルセグメント(FS)および資料種類(DT)

会議抄録,会議総説に関する資料区分と資料種類が下記のように追加されました.

  ファイルセグメント 資料種類
会議抄録 CONF/FS CONFERENCE ABSTRACT/DT
会議総説 CONFERENCE REVIEW/DT

* CONF/FS の検索で,会議抄録と会議総説の両方が含まれるレコードに限定できます.

◇ 表示例(ALL 表示形式)
AN   0050814108  EMBASE  
TI   EEG and MEG source imaging in epilepsy: Which is 
     better?.
AU   Kaiboriboon, Kitti (correspondence)
CS   Epilepsy Center, Department of Neurology, 
     University Hospitals, Cleveland, OH, United States. 
AU   Ebersole, John S.
CS   Department of Neurology, University of Chicago 
     Medical Center, Chicago, IL, United States. 
SO   Epilepsy Currents, (2012) Vol. 12, No. 1, Supp. 
     SUPPL. 1. Abstract Number: PL.03.   ← 会議抄録番号
     Meeting Info: 65th Annual Meeting of the American 
     Epilepsy Society, AES. Baltimore, MD, United States. 
     02 Dec 2011-06 Dec 2011     ← 会議名,会議開催地,
     ISSN: 1535-7597           会議開催期間の情報
PB   American Epilepsy Society.
DT   Journal; Conference; (Conference Abstract)
FS   CONF                             ↑ 会議抄録
LA   English
SL   English
ED   Entered STN: Sep 2012
     Last Updated on STN: Sep 2012
AB   Summary: Source imaging is based on the integration 
     of temporal and spatial components of 
     electroencephalography (EEG) or magnetoencephalography
     (MEG) using mathematical modeling techniques to 
         :
CT   Medical Descriptors: 
     *epilepsy
     *society
     *imaging
         :

◇ アラート(自動 SDI 検索)の注意点

このたび遡及収録された約 85 万件のレコードはアラートの対象にはなりません.しかし,今後追加されるレコードはアラートの対象になりますので,会議抄録および会議総説のレコードが不要な場合は,下記のように検索式を編集してください.

=> S L# NOT CONF/FS ← 会議抄録および会議総説を除きます

P.8-P.9 STNews Vol.28, No.6  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


INPADOCDB/INPAFAMDB ファイル

- クロアチア公開特許の遡及収録,ペルーの法的状況データの収録開始

INPADOCDB/INPAFAMDB ファイルは,世界 92 特許発行機関から発行される特許,実用新案の書誌情報,対応特許情報,引用情報および法的状況データを収録する特許データベースです.

クロアチア公開特許の遡及収録

クロアチアの公開特許(種別コード HRA2)が 10,000 件以上遡及収録され,現在の収録期間は 1994 年以降となりました.クロアチアの公開特許のレコードは特許情報に加えて,ほぼすべてに英語標題,国際特許分類が収録されています.

ペルーの法的状況データの収録開始

ペルーの法的状況データの収録が開始され,2007 年 1 月以降にガゼットに掲載された法的状況データが収録されました.

2012 年 9 月現在,2007 年 1 月~2012 年 5 月までの約 6,000 件以上のレコードに法的状況データが収録されています.2012 年 6 月以降のデータは,今後更新されます.

◇ 法的状況コード

収録が開始された法的状況コードは下記の通りです.

PEFA ABANDONMENT OR WITHDRAWAL
PEFC REFUSAL
PEFD APPLICATION DECLARED VOID OR LAPSED
PEFG GRANT, REGISTRATION
PEFX VOLUNTARY WITHDRAWAL

P.9 STNews Vol.28, No.6  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


METADEX ファイル

-大学・教育機関向けのサービス中止

データベース製作者である ProQuest 社の意向により,2012 年 9 月 30 日をもって大学・教育機関向けの提供を中止いたしました.

P.9 STNews Vol.28, No.6  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


PQSciTech ファイル

- 大学・教育機関向けのサービス中止

データベース製作者である ProQuest 社の意向により,2012 年 9 月 30 日をもって大学・教育機関向けの提供を中止いたしました.

P.9 STNews Vol.28, No.6  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


USAN ファイル

-リロード

USAN ファイルは,医薬品におけるアメリカ合衆国一般名(U.S. Adopted Names)および医薬品業界で広く認知された国際一般名称を収録するデータベースです.当ファイルが 2012 年 9 月 1 日にリロードされ,1953 年から 2012 年の 11,138 件の最新版の情報が収録されました.

リロードに伴い,すべてのレコードに付与されているレコード番号(AN)が変更されました.そのため,リロード前の回答番号では,回答を呼び出すことができませんので,ご注意ください.

各ファイル記事の補足情報

各ファイルの記事に関する補足情報は,データベースサマリーシートをご参照ください.または,ヘルプデスクにお問い合わせください.

最新の英語版データベースサマリーシート:
  www.cas.org/support/stngen/dbss/index.html

和訳版データベースサマリーシート:
  www.jaici.or.jp/stn/dbsummary/db.html

STN ヘルプデスク:
  www.jaici.or.jp/helpdesk/index.htm

STN 料金表:
  www.jaici.or.jp/stn/tariff/plindex.html

STN 技術資料:
  www.jaici.or.jp/stn/stn_doc.html
  www.cas.org/support/stngen/stndoc/index.html
  www.stn-international.de/materials_for_searching_stn.html

P.9 STNews Vol.28, No.6  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


FIZ AutoDoc 料金一部改定のお知らせ


FIZ AutoDoc は約18万誌の雑誌,会議録,書籍,特許明細等をSTN の検索結果よりオンラインで注文できる文献複写サービスです.

2012年9月1日より,FIZ AutoDoc の Supplier 料金が一部改定されました.

BLDSC 710 円 640 円
INIST 710 円 1000 円

FIZ AutoDoc の料金表は以下をご覧ください.

http://www.jaici.or.jp/DDS/FIZAutoDoc_price.pdf

* INIST はこれまで PDF と郵送のみでしたが,このたび FAX の取り扱いも開始いたしました.

FIZ AutoDoc の詳細につきましては以下の弊協会ホームページをご覧ください.

http://www.jaici.or.jp/DDS/dds.htm

また,FIZ AutoDoc ID のお申込みについては,情報事業部カスタマーグループ文献複写担当までお気軽にお問い合わせください.

情報事業部カスタマーグループ
文献複写担当

TEL:0120-151-462 FAX:03-5978-4090
Email address:autodoc-dds@jaici.or.jp

P.10 STNews Vol.28, No.6  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


2013 年の STN 料金表のお届け予定について


STN では毎年 1 月 1 日付けで料金表を改訂しておりますが,印刷・発送の関係上「STN 料金表 2013.1.1」のお届けは 2013 年 1 月末頃を予定しております.

このため,弊協会に新料金の通知が届いたものから順次ホームページでお知らせいたします.お客様には大変申し訳ありませんが,新しい STN 料金表がお手元に届くまでの間は,下記ホームページをご参照いただくかオンライン中に各ファイルに入り => HELP COST コマンドを入力して,新料金をご覧いただきますようよろしくお願い申し上げます.

http://www.jaici.or.jp/stn/tariff/plindex.html

P.10 STNews Vol.28, No.6  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


STNews Vol.29 No.1(2013 年 1・2 月号)等技術資料のお届け予定について


STNews Vol.29 No.1(2013 年 1・2 月号)等技術資料のお届けについては 2012 年12 月末の発送を予定しております.

STN のサービス時間につきましては下記をご参照ください.

http://www.jaici.or.jp/stn/index.php

P.10 STNews Vol.28, No.6  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


STN講習会

STN を検索する際に必要な知識や技術を身につけていただけるように,検索に必要なコマンドや,各データベースの概要,検索のポイントなどをご説明する講習会を毎月開催しています.

会場は東京会場,または大阪会場です.

各会場での開催内容と日程につきましては,同封のリーフレットまたは弊協会ホームページをご覧ください.

STN 講習会のサイト
https://www.jaici.or.jp/seminar/index.html

P.10 STNews Vol.28, No.6  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


ホームページの資料掲載のお知らせ


2012 年 8 月~ 2012 年 9 月にホームページに掲載しました STN 関連の資料をお知らせします.

■ 新規掲載資料
資料名 内 容
STN リフレッシュセミナー - 検索事例(工学・材料系) 2012 年 8 月に開催したリフレッシュセミナーテキスト
STN おさらいセミナー - 基礎からの INPADOC 2012 年 8 月に開催したおさらいセミナーテキスト
テキスト中の数値検索機能 AUPATFULL,CANPATFULL,CNFULL,PCTFULL ファイルで利用可能なテキスト中の数値検索機能の紹介
(2011 年 11 月の STN 特許情報セミナー資料から抜粋)
テキスト中の数値検索機能(Version 2) WPI ファイルで利用可能なテキスト中の数値検索機能の紹介
(2012 年 6 月の STN ユーザーミーティング資料から抜粋)
中国特許全文データベース - CNFULL ファイル CNFULL ファイルの概要および検索例の紹介
(2012 年 6 月の STN ユーザーミーティング資料から抜粋)
構造検索テクニック - 便利な作図 (1) STN インターネットセミナーの録画
STN 医学・薬学文献検索のポイント
ReaxysFile 2012 年 8 月のリロードに伴う強化
PQSciTech PQSciTech ファイルのサマリーシート
STNews Vol.28 No.5 2012 年 9・10 月号の STNews

■ 改訂資料
資料名 内 容
COMPENDEX COMPENDEX ファイルのサマリーシート
ReaxysFile ReaxysFile ファイルのサマリーシート
FIZ AutoDoc 料金表(2012 年 9 月) FIZ AutoDoc の料金表

ぜひ技術資料をご活用ください.

URL: www.jaici.or.jp

P.11 STNews Vol.28, No.6  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


スタッフ紹介


山道 幸代

化学情報協会
情報事業部
テクニカルグループ

静岡県静岡市で育ち,大学院修了まで静岡市で過ごしました.進学した静岡大学は山の上にあり,毎日急な坂道を登って登校しておりました.キャンパスからは駿河湾を眺めることができ,蛇が出るほど自然が豊かです.学部 3 年生までは,非常にのびのびとしたキャンパスライフを満喫しておりました.

大学・大学院では有機化学を基盤とした超分子化学の研究室で,超分子ヒドロゲルという低分子化合物の集合体を用いた電気泳動法の開発をおこないました.研究には,集合体を形成する低分子化合物合成と集合体の機能性探索の二つの段階があり,その中の化合物の合成経路探索に SciFinder を利用していました.研究室に配属されたときにはすでに導入されていたため,SciFinder 以外のツールを使った合成経路の探索をおこなったことはありませんでした.SciFinder が無かった頃の話を聞くと,恵まれた環境で研究をしていたのだなあと実感します.

大学院修了後は,歯科材料メーカーで研究開発に取り組んでおりましたが,だんだんと直接お客様のお役にたてるような仕事をしたいと考えるようになりました.そんな中,研究開発の一環でおこなった特許調査をきっかけに情報検索のサポート業務に興味を持つようになり,今年の 4 月に化学情報協会へ入社いたしました.現在はテクニカルグループでヘルプデスク,技術資料作成,STN 講習会講師などのサポート業務を担当しております.

プライベートでは,趣味の読書を楽しんでいます.弊協会の面接時に愛読書のひとつに藤沢周平を挙げたところ,大変驚かれてしまったことを覚えています.また,写真や絵画の鑑賞も好きで,先日も偶然出くわした写真展を楽しんできました.休日はたいてい家にいることが多いのですが,少し活動的になって美術館めぐりなどしようと思っています.

入社から半年たちましたが,まだまだわからないことが多く,講習会や先輩方から学んでいる毎日です.ヘルプデスク業務では,お客様をお待たせすることもあるかと思いますが,一日も早く,お客様の必要とされている情報を迅速かつ的確にお伝えできるよう日々研鑚を積んでまいりたいと考えております.未熟な身ではございますが,今後ともよろしくお願いいたします.

 

P.12 STNews Vol.28, No.6  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


サマリーシート = 『データベースの説明書』

サマリーシートは,ファイル概要のほか,利用可能な検索フィールド,表示形式,解析フィールド(SELECT, ANALYZE)などの情報について,STN のファイルごとにまとめた『データベースの説明書』です.サマリーシートを使えば,一度も利用したことがないファイルでも,検索・表示方法がわかります!

ビデオ形式教材

<参考資料>

サマリーシート一覧 : www.jaici.or.jp/stn/dbsummary/db.html
サマリーシートの見方 : www.jaici.or.jp/stn/dbsummary/pdf/ssguide.pdf

P.13 STNews Vol.28, No.6  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


アラート(自動 SDI 検索)がより便利に!

アラートとは,STN のデータベースを定期的に自動検索し,最新情報をお届けするサービスです.

このたび,アラートの配信方法および更新頻度の強化が行われ,アラートがより便利になりました.

◇◆ 配信方法の強化 ◆◇

• e メール,オンラインでのアラートの入手方法に加え,RSS 配信が追加されました.

RSS 配信は,単一ファイルのアラートだけでなく,マルチファイルアラートやパッケージアラート,SMARTracker でも利用できます

◇◆ 更新頻度の強化 ◆◇

• 複数ファイルのアラート検索結果を一括して受け取ることができるパッケージアラートの実行頻度に毎週が追加されました.(従来は,月末に一括して受け取る方法しかありませんでした.)

P.14 STNews Vol.28, No.6  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


STNインターネットセミナー

■ インターネットセミナーとは?

インターネット経由で視聴していただく,WebEx を利用したオンライン形式のセミナーです.インターネットに接続した PC があれば,場所を選ばずどこからでも受講できるのが特長です.チャットによる Q&A も行えます.

■ 2012 年 11 月 ~ 2013 年 1 月の開催予定(各回とも無料

「構造検索テクニック - 便利な作図(第二回)」STN の REGISTRY ファイルや MARPAT ファイルで目的の構造を持つ物質を効率的に検索するには,様々な作図上のポイントがあります.このセミナーでは,「可変置換位置」 や 「繰り返しグループ」などの便利な作図テクニックを注意点と共にご紹介します. 開催日時 : 2012 年 11 月 14 日 (水) 11:00-11:20 レベル : 中級

「配列検索入門」STN には配列検索が可能なファイルが 4 つ搭載されています.このセミナーでは,それら 4 つのファイルの特長や使い分けのポイントをご説明します.さらに,特許由来の配列情報を収録する DGENE ファイルの検索方法を,デモを交えてご紹介します. 開催日時 : 2012 年 12 月 12 日 (水) 11:00-11:20	レベル : 初級

「日本特許全文検索は JPFULL で!(予定)」新しくリリースされた日本特許全文データベース JPFULL について,収録内容やレコード構成,基本的な検索・表示方法などをご説明します.また,STN 独自の機能である物性値検索を含めたデモンストレーションもご覧いただけます.午前,午後の 2 回,各回とも同じ内容で開催します. 開催日時 : 2013 年 1 月 23 日 (水) 第 1 回 11:00-11:20,第 2 回 15:00-15:20	レベル : 初級

* お申し込み方法,受講に必要な環境などの詳細は,弊協会ホームページをご覧ください. www.jaici.or.jp/webex/e-seminar.html

* 定員に達した場合は,キャンセル待ちでのお申し込みとなります.

P.15 STNews Vol.28, No.6  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


STN 医薬情報セミナー
STN 特許情報セミナー 開催のお知らせ

STN 医薬情報セミナーでは,医薬分野の文献検索方法と,医薬品に関する世界の特許満了日・期間延長情報の検索手法をご紹介します.さらに,特別企画として財団法人 国際医学情報センターの講師の方による講演も予定しています.

STN 特許セミナーでは,10 月にリリースを予定している新しい特許全文データベースとともに,STN の特許全文データベースの活用方法についてご説明します.また,現在開発中の新 STN プラットフォームについてもご紹介する予定です.

詳細は弊協会のホームページをご覧ください.

◆ STN 医薬情報セミナー
  11 月 6 日 (木)   9:30-12:30

◆ STN 特許情報セミナー
  11 月 6 日 (木)   13:30-16:30

P.16 STNews Vol.28, No.6  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


STN Viewer セミナー(実習付き)開催のお知らせ

STN Viewer は,STN に収録されている全文特許を様々な観点から評価・管理するためのツールです.

本セミナーでは,STN Viewer の操作方法やメリット,実務に役立つ実践的な利用例をご紹介します.
詳細は,弊協会のホームページをご覧ください.

東京 11 月 22 日 (木) 13:30-16:30
大阪 11 月 27 日 (火) 13:30-16:30

P.16 STNews Vol.28, No.6  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


STN 東京サービスセンター JAICI化学情報協会