S T N e w s
Vol.29,  No.3,  May, Jun 2013

Vol.29 No.3 2013年 5・6月号 日本版 編集・発行:化学情報協会


STNews

目     次
REGISTRY ファイル - スクリーンを利用した構造検索の改善方法 2
コストセンターを指定してプロジェクトごとの利用料金を確認 7
CAplus 8
CNFULL ファイル 12
COMPENDEX ファイル 12
INPADOCDB/INPAFAMDB ファイル 13
JAPIO ファイル 13
JPFULL ファイル 13
MARPAT ファイル 13
MRCK ファイル 13
PCTFULL ファイル 13
SciSearch ファイル 14
SOFIS ファイル 14
SOLIS ファイル 14
USPATOLD ファイル 14
WPINDEX/WPIDS/WPIX ファイル 14
STN 講習会 15
ホームページの資料掲載のお知らせ 15
STN ユーザーミーティング 16
STN インターネットセミナー 16

P.1 STNews Vol.29, No.3  《 STNews ホームページ 》


REGISTRY ファイル
- スクリーンを利用した構造検索の改善方法


構造検索時にシステム制限値を超えたために FULL FILE PROJECTIONS が INCOMPLETE になり,フルファイル構造検索が実行できず困った経験はありませんか?

解決方法として最も有効な方法は,構造質問式をより限定することです.しかし構造質問式を変更したくない場合は,サブセット検索やスクリーンを用いると COMPLETE になる可能性が高まります.今回はスクリーンを用いた改善方法をご紹介します.

構造検索の仕組みとスクリーン検索

構造検索は,スクリーン検索とイタレーション検索の 2 段階で実行されます.

<構造質問式>(L1)

<構造検索>(=> S L1)

スクリーンは 12 種類に大別され,2100 を超えるスクリーンがあります.スクリーンには構造質問式から自動発生するスクリーンと,自動発生しないスクリーンがあります.また,通常の構造質問式では自動発生するスクリーンであっても,複雑な構造質問式では自動発生しないことがあります.

自動発生しないスクリーン

・ 構造質問式に異常原子量,異常結合価,電荷を持つ原子の存在を指定するスクリーン
・ 成分数のスクリーン
・ 化合物クラス(ポリマー,配位化合物など)のスクリーン

(例) ポリマーのスクリーン(ポリマー一般 : 2043)を組み合わせて構造検索を実行すると,検索対象をポリマーに限定できます.

スクリーンが自動発生しにくい構造質問式

・ 鎖状構造のみの構造
・ G グループを利用した構造
・ 可変基(可変原子,一般式グループ)を利用した構造

検索例 : 下記の構造を検索します.

・ FULL FILE PROJECTIONS を COMPLETE にするには

今回の構造質問式は可変置換位置が含まれているので,通常は自動発生する原子配列を表すスクリーン(AS : Atom Sequence)が可変置換位置の部分で発生しません.そのため,AS スクリーンを追加し,構造質問式を実行すれば COMPLETE になる可能性が高まります.

AS スクリーン

AS スクリーンは原子配列中の 4 から 6 個の原子と結合(環または鎖)を表します.特に環と側鎖から構成されている原子配列で利用すると有効です.

今回の構造検索では,構造質問式の 2 つの G グループ(G1, G2)の位置関係が,1,2 位,1,3 位,1,4 位の回答が必要です.各位置関係で特徴的な原子配列を切り出し,対応する AS スクリーン番号を探します.

<1,2 位の場合>

- G2 グループがアシルアミノ基の場合

AS スクリーンの番号は,構造の中で特徴的な原子配列を切り出し,「STN Screen Dictionary for Structure Searching」(http://www.cas.org/training/stn/database-specific)で対応する原子配列を探します.必ずしもすべての原子配列が存在しているわけではありません.

- G2 グループがアシルチオ基の場合も同様にスクリーン番号を調べます.

2 つの G グループが 1,3 位および 1,4 位の位置関係になる場合のスクリーン番号は下記の通りです.

<1,3 位の場合>

N-C*C*C-N-C   → スクリーン番号 207
N-C*C*C-S-C   → スクリーン番号 257

<1,4 位の場合>

N-C*C*C*C-N   → スクリーン番号 342
N-C*C*C*C-S   → スクリーン番号 348

SCREEN コマンドの入力と検索式

=> SCR スクリーン番号 → スクリーン番号を指定します(L#) => S L$ AND L# → 構造質問式(L$)とスクリーンの L 番号(L#)を AND すると,スクリーンの構造的特徴を持つ回答に限定されます

・ 上記で調べた 6 個のスクリーン番号と構造質問式を組み合わせて構造検索を実行します.

今回ご紹介した AS スクリーン以外にも構造質問式の改善に有効なスクリーンがあります.スクリーンの詳細は下記の資料をご参照ください.

- スクリーン辞書の使い方(http://www.jaici.or.jp/stn/pdf/screen.pdf)  
- STN Screen Dictionary for Structure Searching(スクリーン辞書)
  (http://www.cas.org/training/stn/database-specific

P.2-P.6 STNews Vol.29, No.3  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Tips

コストセンターを指定して
プロジェクトごとの利用料金を確認

STN での検索の際にコストセンターを指定すると,利用明細書中でコストセンターごとの内訳を確認することができます.プロジェクトごとの利用料金を把握したい場合や,同じ ID を複数人で共有してお使いの場合に有用です.

■ 入力方法

コストセンターを指定するには,SET ACCOUNT または FILE COST= を使用します.

ケース 1 検索ごとにコストセンターを指定したい

=> SET ACC コストセンター

SET ACCOUNT でコストセンターを指定すると,次に FILE コマンドを実行した時から指定したコストセンターが適用されます.指定したコストセンターは,次に新しいコストセンターを指定するかログオフするまで有効です.

◇ コストセンターの指定を解除したい場合は,=> SET ACC NONE と指定します.

◇ 現在のファイルに入った時点に遡ってコストセンターを指定したい場合は,=> SET ACC BACK コストセンター と指定します.

※ コストセンターに日本語を入力すると文字化けしますので,アルファベットまたは数字を入力してください.

=> SET ACC R&Dコストセンターを指定 COST CENTER SETTING WILL TAKE EFFECT WITH THE NEXT SUCCESSFUL FILE COMMAND SET COMMAND COMPLETED
=> FILE CAPLUS FILE 'CAPLUS' ENTERED AT 11:05:18 ON 04 APR 2013 COPYRIGHT (C) 2013 AMERICAN CHEMICAL SOCIETY (ACS) CHARGED TO COST=R&D ← コストセンターを指定した後に入った             ファイルから,コストセンターが有効 => S FUEL CELL     になります

ケース 2 ログイン時にコストセンターを指定するプロンプトを表示させたい

=> SET ACC PROMPT PERM

SET ACCOUNT PROMPT PERM を設定すると,ログイン時にコストセンターの指定を促すプロンプトが表示されます.忘れずにコストセンターを指定したい場合は,この設定をおすすめします.

=> SET ACC PROMPT PERMコストセンターの指定を促すプロンプトを表示する恒久設定 SET COMMAND COMPLETED => LOG Y (次回以降の接続)
* * * * * * * * * STN 東京 * * * * * * * * * * * * * * * * FILE 'HOME' ENTERED AT 14:24:30 ON 04 APR 2013 ENTER COST CENTER (NONE):HEALTH & SAFETY DIV. ↑ コストセンターを指定 CHARGED TO COST=HEALTH & SAFETY DIV. => FILE REGISTRY FILE 'REGISTRY' ENTERED AT 14:25:07 ON 09 APR 2013 COPYRIGHT (C) 2013 American Chemical Society (ACS) CHARGED TO COST=HEALTH & SAFETY DIV.

ケース 3 一時的にコストセンターを指定したい

=> FILE ファイル名 COST=コストセンター

オンラインで検索中,一時的にコストセンターを指定したい場合は,FILE コマンドに続けて,「COST=コストセンター」と入力することによりコストセンターを指定することができます.

=> FILE WPINDEX COST=TECHNICAL SEARVICE DIV.
                                   ↑ コストセンターを指定
FILE 'WPINDEX' ENTERED AT 15:06:30 ON 04 APR 2013
COPYRIGHT (C) 2013 THOMSON REUTERS
CHARGED TO COST=TECHNICAL SEARVICE DIV.

■ 利用明細書の表示例

英文明細書の Cost Center Summary で,検索時に指定したコストセンターごとの内訳を確認することができます.

P.7 STNews Vol.29, No.3  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Tips

このコーナーでは毎号 CAplus/CA ファイルをご利用いただく際に有益な情報やテクニックをお知らせしています.
今回は文献レコードの分野を一目で把握できる 「CA セクション」 について説明します.


CA セクションとは

CA ファイルのレコードを表示すると,CC フィールド中に 1~80 のいずれかの数字が表示されます.それが CA セクションです.
CA セクションは文献の主題によって付与される分類で,各セクションは更にサブセクションに分かれています.

CA セクションは,CA ファイルの全レコードと,CAplus ファイルの大半のレコード(CA ファイルに収録済み,または収録予定のレコード)に付与されます.1 文献につき付与されるのは 1 セクションだけなので,あるレコードの分野をすぐに把握することができます.各セクションの内容は右ページの表をご覧ください.

実際のレコードでは,下図のように CA セクションに続いてハイフンが標記され,その次にサブセクションが表示されます.

セクション名も表示されますので,対応表を見なくてもセクション 1 は「Pharmacology(薬理学)」であることが分かります.

研究分野が多岐に渡る文献の場合は,副次的な主題を反映する他のセクションの番号(関連セクション)が付与されることもあります.関連セクションがある場合は,Section cross-reference (s) サブフィールドに表示されます.関連セクションの数には制限がないため,複数の関連セクション番号が存在するレコードもあります.

サブセクションや関連セクションは 1971 年以前のレコードには存在しませんので,「全年代を調査したい」「網羅的な検索結果が必要である」といったケースでは,CA セクション・セクション名,ファイルセグメントを使って検索することをお勧めします.

索引の種類

CA セクションとファイルセグメント一覧

下表が 2013 年 5 月時点での CA セクションです.セクション番号や内容は,年代により変遷があります.セクションの変遷はオンラインシソーラスで確認することができます.

ファイル
セグメント
セクション
番号
セクション名 セクション
番号
セクション名
生化学
(BIO)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
薬理学
哺乳動物ホルモン
生化学的遺伝学
毒物学
農芸化学的生物調節剤
生化学一般
酵素
放射線化学
生化学の方法
微生物生化学
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
植物生化学
非哺乳類生化学
哺乳類生化学
哺乳類病理生化学
免疫化学
発酵,工業生物化学
食品,飼料化学
動物栄養
肥料,土壌,植物,栄養
歴史,教育,ドクメンテーション
有機化学
(ORG)
21
22
23
24
25
26
27
有機化学一般
物理有機化学
脂肪族化合物
脂環式化合物
ベンゼン,ベンゼン誘導体,縮合ベンゼノイド化合物
生体分子,合成類似体
複素環式化合物(ヘテロ原子 1 個)
28
29
30
31
32
33
34
複素環式化合物(ヘテロ原子 2 個以上)
有機金属,有機メタロイド化合物
テルペン,テルペノイド
アルカノイド
ステロイド
炭水化物
アミノ酸,ペプチド,タンパク質
高分子化学
(MAC)
35
36
37
38
39
40
合成高分子の化学
合成高分子の物理的性質
プラスチックの製造,加工
プラスチックの成型,用途
合成エラストマー,天然ゴム
織物
41
42
43
44
45
46
染料,蛍光増白剤,写真,増感剤
塗料,インク,関連製品
セルロース,リグニン,紙,その他の木材製品
工業炭化水素
工業有機化学製品,皮革,脂肪,ロウ
界面活性剤,洗浄剤
応用化学

化学工学
(APP)
47
48
49
50
51
52
53
54
55
装置,工場設備
単位操作,プロセス
工業無機化学製品
推進薬,爆薬
化石燃料,誘導製品,関連製品
電気化学的,放射および熱エネネルギー工学
鉱物,地質化学
抽出冶金学
鉄,鉄合金
56
57
58
59
60
61
62
63
64
非鉄金属,合金
セラミックス
セメント,コンクリート関連建設材料
大気汚染,産業衛生
廃棄物処理,処分

精油,化粧品
薬剤
薬剤分析
物理化学

無機化学

分析化学
(PIA)
65
66
67
68
69
70
71
72
物理化学一般
界面化学,コロイド
触媒作用,反応動力学,無機反応機構
相平衡,化学平衡,溶液
熱力学,熱化学,熱的性質
原子核現象
原子核工学
電気化学
73
74
75
76
77
78
79
80
光,電子,質量分光学,その他の関連する性質
放射線化学,光化学,写真,その他の複写プロセス
結晶学,液晶
電気的現象
磁気的現象
無機化学薬品,反応
無機分析化学
有機分析化学

ファイルセグメント(CA セクショングルーピング) とは

80 のセクションは 5 つの大分類にまとめることができます.この大分類をファイルセグメント,または CA セクショングルーピングと呼んでいます.

CAplus ファイルのファイルセグメントには,CA セクションの大分類だけでなく,CAS ロール等の項目も含まれています.

これらを検索に利用すると,「索引が収録されていないレコード(NONIND EXED:索引作成中またはCA ファイルには収録されないレコード)」や「CA セクションが付与されていないレコード(NOSECTION:CA ファイルには収録されないレコード)」に限定することもできます.

  ファイルセグメント(FS) コード 対応する現行の
CA セクション
内容
分野 APPLIED APP 47~64 応用化学・化学工学
BIOCHEMISTRY BIO 1~20 生化学
MACROMOLECULAR MAC 35~46 高分子化学
ORGANIC ORG 21~34 有機化学
PHYSICAL, INORGANIC, ANALYTICAL PIA 65~80 物理化学・無機化学・分析化学
索引 NONINDEXED 索引なし*
NOSECTION CA セクションなし*
ロール ROLES ASSIGNED BY ALGORITHM RLA アルゴリズムで付与された CAS ロール
ROLES ASSIGNED INTELLECTUALLY RLI 人手で付与された CAS ロール

* CAplus ファイルのみ


CA セクションの検索

CA セクション,関連セクション,ファイルセグメントは,検索に利用することができます.CA セクションは数値検索フィールドではないため,複数の番号を検索したい場合は OR 演算してください.

検索する場合は,年代変遷を考慮に入れて検索します.CA セクション番号が年代によって変更になっても,セクション名に含まれる単語はある程度共通する場合が多いため,セクション名を使って検索するのがお勧めです.

また,CA セクションは 1 レコードにつき,一つしか付与されませんので,場合によっては関連セクション(/SX)も併せて検索してください.

広範な研究分野で検索したい場合は,ファイルセグメントを使用します.ファイルセグメントは,セクションのように年代による変遷をチェックする必要がなく,全期間において適切な分野を検索することができます.ただし,ファイルセグメントの検索対象は CA セクション(CC)のみで,関連セクション(SX)は含まれません.

検索項目 フィールド 入力例
ファイルセグメント /FS => S L1 NOT BIO/FS
CA セクション /CC => S L1 AND 17/CC
=> S L1 AND 17-7/CC
=> S L1 AND E2-8/CC
=> S L1 AND FOOD?/CC
CA セクション名 /CCN => S L1 AND FOOD?/CCN
関連セクション /SX => S L1 AND 17/CC,SX
=> S L1 AND E2-8/CC,SX
=> S L1 AND FOOD?/CC,SX


CA セクション,ファイルセグメントの利用例

CA セクションやファイルセグメントは,検索に使用するだけでなく,解析することもできます.

例えば「A 社の特許分野を解析したい」という場合に,IPC で解析すると大量の IPC の把握に時間がかかることがあります.

そのような場合は,CA セクションやファイルセグメントで解析してみてください.

右の例では,L1 の 212 件の特許から,ANALYZE コマンドを用い CA セクション名(CCN)やファイルセグメント(FS),CA セクション(CC),IPC を一度に抽出しています.

まずは,CA セクション名(CCN)の解析結果を表示しました.CA セクション(CC)の解析結果と同じですが,数字で表記される CA セクションに比べ,CCN はテキストで表示されるため,数字に対応する分野を調べる必要がありません.

そのため,即時にこの解析結果から,ここ 10 年間では「セメント」「織物,繊維」「高分子」の特許が多いものの,「農薬」や「化粧品」などの分野にも出願していることが分かりました.

CA セクションを更に広い視点から俯瞰したい場合には,ファイルセグメントを利用します.

ファイルセグメントの解析結果からは,分野ごとの順位を知ることができました.

1 位 高分子
2 位 応用化学・化学工学
3 位 生化学
4 位 有機化学

CAplus ファイルには,CA セクションが付与されないレコードも存在しますが,IPC などの特許分類を ANALYZE する際は,今回ご紹介した例のように,CCN や FS も同時に抽出しておくと,解析結果を理解する際の助けになります.ぜひご利用ください.

P.8-P.11 STNews Vol.29, No.3  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Database News

CNFULL ファイル

-共通特許分類(CPC)の収録開始

CNFULL ファイルは,中国特許の全文を収録するデータベースです.

当ファイルにおいて,共通特許分類(CPC)の収録を開始しました.現在は新規レコードのみに収録されていますが,今後,既存のレコードにも遡及付与される予定です.

ヨーロッパ特許分類(EPC)は引き続き利用可能ですが,更新されません.

CPC に関する検索フィールド,オンラインシソーラス,表示形式,タイムラグ等については,前号(STNews Vol.29 No.2)をご覧ください.

P.12 STNews Vol.29, No.3  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Database News

COMPENDEX ファイル

-リロード

COMPENDEX ファイルは世界中の工学および科学技術に関する雑誌論文および会議録を収録するデータベースです.当ファイルが 2013 年 2 月 5 日にリロードされ,以下の機能が追加・強化されました.

◇ テキスト中の数値検索機能(Version 2)の追加

テキスト中の数値を物性の種類とリンクさせて検索できる機能が搭載されました.ファイルに入って,=> HELP NPS と入力すると検索できる物性の種類と検索フィールドが確認できます.

数値検索機能に関する詳細は,「テキスト中の数値検索機能(Version 2)」をご覧ください.

http://www.jaici.or.jp/stn/stn_doc.html#05

◇ 表示形式の強化

著者名(AU)と所属機関名(CS)に番号が付与され,対応関係がわかりやすくなりました.

従来,CS フィールドは「著者名(所属機関)」の形式で収録されていましたが,このたびの強化により CS フィールドから著者名が削除されました.

◇ 削除されたフィールド

- 元素記号(ET)フィールド

◇ 保存した回答集合とアラート(自動 SDI 検索)

今回のリロードによる影響はありません.

◇ レコード例(BIB 表示形式)
AN     2008-3511490019   COMPENDEX
TI     Special session: Re-imagining engineering education: Feminist visions
       for transforming the field
AU     Riley Donna(1); Catalano George(2); Pawley Alice(3); Tucker Jessica(4)
       Correspondence(s): Riley D.(1)
CS    (1)Picker Engineering Program, Smith College           ← (1)の著者の所属機関
      (2)Department of Mechanical Engineering, Binghamton University ← (2)の著者の所属機関
      (3)Industrial and Systems Engineering, University of Wisconsin, Madison
      (4)Technology and Society, Stony Brook University
       EMAIL: driley@email.smith.edu; catalano@binghamton.edu;
       pawley@cae.wisc.edu; Jessica.Tucker@stonybrook.edu
SO     37th ASEE/IEEE Frontiers in Education Conference, FIE (2007), pp.
       F4E1-F4E3, var.pagings p., arn: 4418230, 10 refs.
       CODEN: PFECDR  ISSN: 1539-4565  ISBN: 1424410843; 9781424410842
       DOI: 10.1109/FIE.2007.4418230
       Published by: Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.,
       445 Hoes Lane / P.O. Box 1331, NJ 08855-1331, Piscataway, United States
       of America
       Conference: 37th ASEE/IEEE Frontiers in Education Conference, FIE,
       Milwaukee, WI, United States of America, 10 Oct 2007 - 13 Oct 2007
CY     United States of America
DT     Conference; (Conference Paper)
LA     English
SL     English
ED     Entered STN: 5 Jan 2009
       Last updated on STN: 5 Jan 2009
     :

P.12 STNews Vol.29, No.3  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Database News

INPADOCDB/INPAFAMDB ファイル

-ヨーロッパ特許分類(EPC,ICO)の削除

INPADOCDB/INPAFAMDB ファイルは,世界 92 特許発行機関から発行される特許,実用新案の書誌情報,対応特許情報,引用情報および法的状況データを収録する特許データベースです.

当ファイルでは,共通特許分類(CPC)への変換が完了したため,ヨーロッパ特許分類(EPC,ICO)が削除されました.

P.13 STNews Vol.29, No.3  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Database News

JAPIO ファイル

-更新終了

日本公開特許情報を収録する JAPIO ファイルは,2013 年 1 月 28 日の更新を最後にデータの追加・更新を行わない固定ファイルになりました.

日本特許の最新情報については,今後は JPFULL ファイル(日本特許の英語全文データベース)をご利用ください.

P.13 STNews Vol.29, No.3  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Database News

JPFULL ファイル

-共通特許分類(CPC)の収録開始

JPFULL ファイルは,日本特許の全文を収録するデータベースです.

当ファイルにおいて,共通特許分類(CPC)の収録を開始しました.現在は新規レコードのみに収録されていますが,今後,既存のレコードにも遡及付与される予定です.

ヨーロッパ特許分類(EPC)は引き続き利用可能ですが,更新されません.

CPC に関する検索フィールド,オンラインシソーラス,表示形式,タイムラグ等については,前号(STNews Vol.29 No.2)をご覧ください.

P.13 STNews Vol.29, No.3  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Database News

MARPAT ファイル

-フランス語特許の遡及収録

MARPAT ファイルは,1961 年以降に発行された特許中のマルクーシュ構造を含む特許情報データベースです.

STNews Vol.29 No.1 で,1985-1986 年発行の英語・ドイツ語特許に関して CAS 作成データの遡及収録中であることをお知らせしましたが,それに加えて,フランス語の特許も遡及収録を開始しました.

◇ 2013 年 4 月現在の遡及収録状況
1987 年: 英語・ドイツ語で記載された特許について遡及収録完了.日本語・フランス語の特許は遡及収録中.
1986 年: 英語・ドイツ語・日本語・フランス語特許について遡及収録中.
1985 年: 英語で記載された特許の遡及収録中.
英語以外の言語で記載された特許は今後遡及収録予定.

2013 年 4 月現在,1985-1987 年発行の 4,400 以上の英語・ドイツ語・日本語・フランス語特許からマルクーシュ構造データが遡及収録されています.

P.13 STNews Vol.29, No.3  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Database News

MRCK ファイル

-サービス終了

MRCK ファイルは,データベース製作者の意向により 2013 年 4 月 27 日でサービスを終了しました.また,対応するファイルクラスターからも削除されました.

P.13 STNews Vol.29, No.3  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Database News

PCTFULL ファイル

-共通特許分類(CPC)の収録開始

PCTFULL ファイルは,世界知的所有権機関(WIPO)が管理する PCT(特許協力条約)に基づいて国際的に出願公開された特許全文情報を収録するデータベースです.

当ファイルにおいて,共通特許分類(CPC)の収録を開始しました.現在は新規レコードのみに収録されていますが,今後,既存のレコードにも遡及付与される予定です.

ヨーロッパ特許分類(EPC)は引き続き利用可能ですが,更新されません.

CPC に関する検索フィールド,オンラインシソーラス,表示形式,タイムラグ等については,前号(STNews Vol.29 No.2)をご覧ください.

P.13 STNews Vol.29, No.3  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Database News

SciSearch ファイル

-助成金情報の収録を開始

SciSearch ファイルは,科学,技術,生物,医薬分野の世界中の文献とその引用文献情報を収録するデータベースです.

このたび,2009 年以降の助成金(grant)情報の収録を開始いたしました.この強化により,ある疾患などを検索し助成金提供機関のリストを作ることも可能になりました.

◇ 新規表示フィールドおよび新規検索フィールド

・助成金関連情報:GF
 - このフィールドには研究を支援している研究所の一般情報が収録されている場合があります.

・助成金提供機関:GO

・助成金登録番号:GN
 - 上記の 3 つのフィールドの情報は SELECT/ANALYZE コマンドを用いて抽出可能です.
 - 助成金登録番号を持つレコードは,=> S GN/FA で検索できます.

GF,GO,GN のカスタム表示形式は無料です.また,これらのフィールドは,BIB,ALL 定型表示形式にも含まれます.(BIB,ALL 表示料金は従来通りです.)

P.14 STNews Vol.29, No.3  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Database News

SOFIS ファイル

-サービス終了

SOFIS ファイルは,データベース製作者の意向により 2013 年 4 月 30 日でサービスを終了しました.また,対応するファイルクラスターからも削除されました.

P.14 STNews Vol.29, No.3  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Database News

SOLIS ファイル

-サービス終了

SOLIS ファイルは,データベース製作者の意向により 2013 年 4 月 30 日でサービスを終了しました.また,対応するファイルクラスターからも削除されました.

P.14 STNews Vol.29, No.3  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Database News

USPATOLD ファイル

-共通特許分類(CPC)の収録開始

USPATOLD ファイルは,1790-1975 年に米国特許庁から発行された米国特許公報の全文および特許分類を収録するデータベースです.

当ファイルに,共通特許分類(CPC)が収録され,検索・表示が可能になりました.

CPC に関する検索フィールド,オンラインシソーラス,表示形式等については,前号(STNews Vol.29 No.2)をご覧ください.

P.14 STNews Vol.29, No.3  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Database News

WPINDEX/WPIDS/WPIX ファイル

-インドネシア特許の収録開始,タイ特許の登録番号の収録を開始

WPI ファイルは,世界の特許発行機関から発行される特許および技術公開誌の情報を収録しているデータベースです.

インドネシア特許の収録開始

インドネシアの公開特許および簡易特許の収録を開始しました.これに伴い,当ファイルの特許収録国数は 50 になりました.

収録期間および特許種別は下記の通りです.

- 収録期間: 2012 年発行以降
         * 2010 年まで遡及収録予定.

- 種別コード

IDA 公開特許(国内および PCT 国内移行)
IDS 簡易特許
タイ特許の登録番号の収録を開始

当ファイルでは,2010 年以降のタイ登録特許(THA)を収録していましたが,このたび登録番号(Registration Number)の収録を開始しました.特許種別は THR0 です.

また,登録番号の収録開始に伴い,特許発行日(PD)の情報源は下記のように変更されます.

<変更前>

- THA の PD = 登録日(Registration Date)

<変更後>

- THA の PD = 公報発行日(Publication Date)
- THR0 の PD = 登録日(Registration Date)

各ファイル記事の補足情報

各ファイルの記事に関する補足情報は,データベースサマリーシートをご参照ください.または,ヘルプデスクにお問い合わせください.

最新の英語版データベースサマリーシート:
  www.cas.org/support/stngen/dbss/index.html

和訳版データベースサマリーシート:
  www.jaici.or.jp/stn/dbsummary/db.html

STN ヘルプデスク:
  www.jaici.or.jp/helpdesk/index.htm

STN 料金表:
  www.jaici.or.jp/stn/tariff/plindex.html

STN 技術資料:
  www.jaici.or.jp/stn/stn_doc.html
  www.cas.org/support/stngen/stndoc/index.html
  www.stn-international.de/materials_for_searching_stn.htm

P.14-P.15 STNews Vol.29, No.3  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


STN講習会

STN を検索する際に必要な知識や技術を身につけていただけるように,検索に必要なコマンドや,各データベースの概要,検索のポイントなどをご説明する講習会を毎月開催しています.

会場は東京会場,または大阪会場です.

各会場での開催内容と日程につきましては,同封のリーフレットまたは弊協会ホームページをご覧ください.

STN 講習会のサイト
https://www.jaici.or.jp/seminar/index.html

P.15 STNews Vol.29, No.3  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


ホームページの資料掲載のお知らせ

2013 年 2 月~ 2013 年 3 月にホームページに掲載しました STN 関連の資料をお知らせします.

■ 新規掲載資料

資料名

内 容

ReaxysFile ファイル

2013 年 2,3 月に開催した ReaxysFile ファイルセミナーのテキスト

ReaxysFile ファイル検索カード

ReaxysFile ファイル検索カード

使いこなしたい近接演算子

STN インターネットセミナーの録画

新特許分類 CPC 導入!

STN データベースカタログ 2013 2013 年版のデータベースカタログ
STN 料金表補遺(2013 年 3 月) 2013 年 STN 料金表の補遺
STNews Vol.29 No.2 2013 年 3・4 月号の STNews
■ 改訂資料

資料名

内 容

STN on the web 検索ガイド(2013.3)

STN on the web 検索ガイド

ぜひ技術資料をご活用ください.

URL: www.jaici.or.jp

P.15 STNews Vol.29, No.3  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


STN ユーザーミーティングのお知らせ

毎年 CAS FILES の強化,ならびに新規/既存ファイルのご紹介を行う
STN ユーザーミーティングを 5~6 月に開催します.参加費は無料です.

5/31 (金) 10:00-17:00 つくば (研究支援センター 研修室B)
6/4 (火) 10:00-17:00 東京 (ベルサール神保町 Room 1,2)
6/5 (水) 10:00-17:00 東京 (ベルサール神保町 Room 1,2)
6/7 (金) 10:00-17:00 富山 (富山県民会館 706 号室)
6/11 (火) 10:00-17:00 大阪 (千里ライフサイエンスセンター ライフホール)
6/12 (水) 10:00-17:00 広島 (メルパルク広島 会議室 松)

詳細なテーマやタイムスケジュールは,同封のチラシや弊協会ホームページをご覧ください.https://www.jaici.or.jp/seminar/event.php

P.16 STNews Vol.29, No.3  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


STN ユーザーミーティングのお知らせ

インターネット経由で手軽に参加できるオンライン形式のセミナーを開催します.

2013 年 5~7 月の開催予定参加無料

5/15 (水) 11:00-11:20 環系データを使ってみよう!(第二回)
6/19 (水) 11:00-11:20 合成文献検索のポイント
7/10 (水) 11:00-11:20 かんたんアラート登録

お申し込み方法,受講に必要な環境などの詳細は,弊協会ホームページをご覧ください.
http://www.jaici.or.jp/webex/e-seminar.html

P.16 STNews Vol.29, No.3  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


STN 東京サービスセンター JAICI化学情報協会