S T N e w s
Vol.32,  夏号 2016年

Vol.32 夏号 2016年発行 日本版 編集・発行:化学情報協会


STNews

目     次
STN 新プラットフォーム
Create Term List 機能を使いこなそう!
2
使ってみよう! STN 新プラットフォーム
ReaxysFile
6
CAplus/CA ファイル
〜 索引の検索には適切な演算子を利用しよう 〜
8
アラートで物質関連情報のモニタリング 10
CHEMLIST ファイル 14
CNFULL ファイル 14
FRFULL ファイル 15
INPADOCDB/INPAFAMDB ファイル 15
STN Express 16
FIZ AutoDoc 16
STN 講習会 16
ホームページの資料掲載のお知らせ 17
スタッフ紹介 18
STN インターネットセミナー 19
ひとこと広場 20
STN 定期講習会変更のお知らせ 21
PatentPak 22
STN 定額契約特典のご案内 24

P.1 STNews Vol.32, 夏号  《 STNews ホームページ 》


STN 新プラットフォーム

STN THE CHOICE OF PATENT EXPERTS

STN 新プラットフォーム

Create Term List 機能を使いこなそう!

STN 新プラットフォームに搭載されている Create Term List 機能を用いると,検索結果から特許番号や化合物名などを抽出し,タームリストを作成することができます.本号では,Create Term List 機能の活用事例をご紹介します.

Create Term List の活用シーン

回答表示パネルにある Create Term List をクリックし,フィールドを選択すると,抽出されたタームの集合に Q 番号が付与されます.この Q 番号はクロスオーバー検索などに用いることができます.

§特許データベース − 重複除去§

Create Term List を使って A ファイルの回答からタームを抽出し,作成された Q 番号を B ファイルで検索すると,A ファイルの回答を B ファイルに再現できます.このような特許データベース間の重複除去には,特許番号(PN)または種別付き特許番号(PNK)を抽出します.

■ 検索例:ナノ技術を応用したアンチエイジング化粧品に関する特許(2015 年以降出願)を調査する(DWPI,CAplus ファイル)

DWPI ファイルで検索する.

Create Term List から特許番号(PN)を選択する.

タームリストに名前を付け(任意),OK をクリックする.

CAplus ファイルで検索する(L3,L4).

CAplus ファイルの回答(L4)から DWPI ファイルで抽出した Q 番号を除く(重複除去).

抽出したタームリストはクエリーパネルのManage Term List から確認できます.

§医薬系データベース − 網羅的な化合物の文献調査§

Create Term List の Advanced を選択すると複数のフィールドを同時に抽出できます.REGISTRY ファイルに収録されている化合物名(CN)や CAS 登録番号(RN)を抽出し,作成された Q 番号に /BI を付けて MEDLINE ファイルなどの医薬系データベースで検索すると,化合物の文献調査を網羅的に行うことができます.

■ クラリスロマイシン(Clarithromycin)に関する網羅的な文献調査(MEDLINE ファイル)

REGISTRY ファイルでクラリスロマイシンを検索する.

Create Term List から Advanced を選択し,化合物名(CN)と CAS 登録番号(RN)にチェックを入れて Create Term List をクリックする.

MEDLINE ファイルで Q 番号に /BI を付けて検索する.

シソーラスから統制語と同義名 (Synonyms) を加えるとさらに網羅的!

§REGISTRY − 目的化合物を含む多成分物質の検索§

Create Term List で作成された Q 番号は,同じファイルの別フィールドで検索することもできます.REGISTRY ファイルで CAS 登録番号(RN)を抽出し,作成した Q 番号に /CRN を付けて検索すると,目的の化合物を含む多成分物質(塩,コポリマーなど)を検索できます.目的の化合物が複数ある場合,一括して CAS 登録番号を抽出できるので便利です.

■ 検索例: エチレングリコール,ジエチレングリコール,トリエチレングリコールのいずれかを含むコポリマーの検索

REGISTRY ファイルで目的化合物を検索する.

Create Term List から CAS 登録番号(RN)を選択する.

タームリストに名前を付け(任意),OK をクリックする.

*Create Term List では削除された CAS 登録番号(DR ; Deleted CAS Registry Number)や非優先 CAS 登録番号(AR ; Alternate CAS Registry Number)も抽出される

Q 番号に /CRN を付けて検索する(L2).次に,成分数 2 以上,クラス識別子 PMS の条件で限定する(L3).

参考資料

STN 新プラットフォーム 利用ガイド

www.jaici.or.jp/newstn/pdf/newSTN_guide.pdf

STN 新プラットフォーム 特許

www.jaici.or.jp/newstn/pdf/newSTN_PAT.pdf

P.2-P.5 STNews Vol.32, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


STN 新プラットフォーム

使ってみよう!STN 新プラットフォーム ReaxysFile

ReaxysFile は有機・無機,有機金属化合物など幅広い物質を網羅するデータベースで,STN 新プラットフォームでは,化学物質情報を収録した REAXYSFILESub ファイルと,その出典情報を収録したREAXYSFILEBib ファイルが利用可能です.

Classic STN(STN Express,STN on the Web)の ReaxysFile は固定ファイル(2011 年で更新終了)であるのに対し,STN 新プラットフォームの ReaxysFile には毎週新しいデータが追加されていますので,反応情報や物性値は未収録ですが,化学物質の新規性を調査している場合や,網羅的な情報収集を目的とした調査の際は STN 新プラットフォームでの検索がお勧めです.

§ReaxysFile ファイルの概要§

REAXYSFILESub ファイルは化学物質データベースです.有機・無機,有機金属化合物だけでなく,合金やポリマーについての物質同定情報が収録されており,名称,分子式,構造からこれらの物質を検索することができます.

また,REAXYSFILESub ファイルで得られた化学物質の出典について知りたい場合は,REAXYSFILEBib ファイルを用います.REAXYSFILEBib には 1771 年以降の雑誌論文,ハンドブック,特許等の文献情報が収録されています.

(2016 年 6 月)

§ReaxysFile ファイルでの化学物質検索§

REAXYSFILESub ファイルでは,化学物質を名称,分子式,ディスクリプタ等から検索することができます.一部のレコードには CAS 登録番号も収録されていますが,収録は不完全ですので,確実に化学物質を調査したい場合は構造検索を実行してください.

§ReaxysFile ファイルでの文献検索§

REAXYSFILESub ファイルでヒットした化学物質の出典を知りたい場合は,REAXYSFILEBib ファイルへクロスオーバーします.クロスオーバーはボタンを利用するのがおすすめです.

ボタンをクリックすると,自動的に REAXYSFILESub と REAXYSFILEBib のマルチファイル環境に入るため,ファイル選択をする必要がありません.

コマンドでクロスオーバー検索を実行する場合は,REAXYSFILESub と REAXYSFILEBib のマルチファイル環境に入ってから REFX コマンドを実行してください.

P.6-P.7 STNews Vol.32, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Tips

CAplus/CA ファイル〜 索引の検索には適切な演算子を利用しよう 〜

CAplus/CA ファイルでは,著者や発明者が強調している点や,その文献の主題についてデータベース製作者が追加した情報が収録されています.これらの情報は,主に ST と IT ファイールドに収録され,索引と呼ばれています.

◆ ST(Supplementary Term)フィールド

ST フィールドには,文献の標題,本文,その他の関連事項の中から選ばれた特徴的な語句が収録されています.

ST フィールドの用語には自然語(統制されていない自由語)が用いられます.ただし,自然語であっても,下記のような記述上のルールがあります.

− 原則として,名詞形および単数形が使用されます.

− 複雑な化合物名は一般化されます.

− ハイフンはスペースに置き換えられています.

ST フィールドを確認すると,統制語がない新しい技術用語が見つかる場合があります.

◆ IT(Index Term)フィールド

IT フィールドには,技術内容の主題を表す下記の語句が索引語(統制語)として収録されています.

− 一般事項

− 化合物クラス名

ある化合物グループ全般について述べられている場合に化合物クラス名が索引されます.

− 特定の化学物質

CAS 登録番号が索引されます

各項目には,その索引語が原資料でどのように扱われているかを示すテキスト説明句が付与されています.

また,化合物クラス名,特定の化学物質(CAS 登録番号)には,文献中での物質の役割を表す CAS ロールも付与されています.

一般事項,化合物クラス名の統制語は,オンライン辞書である CA Lexicon で調べることができます.

<参考 : CA Lexicon>

「CAplus 検索テクニック 2013」 B 章   www.jaici.or.jp/stn/pdf/ref-caplus2013.pdf

■ IT フィールドの構成と検索方法

IT フィールド中の情報を検索するには,IT フィールドの構成を理解し,適切な演算子を利用する必要があります.

複数の索引語が存在していても,テキスト説明句や CAS ロールが共通する場合は,一つの IT フィールド中にまとめて表示されます.そのため,索引語と対応するテキスト説明句または CAS ロールを組み合わせる場合は,(L)演算子を使用し,索引語同士を掛け合わせたい場合は AND 演算子を使用します.

IT 内の情報を検索する 4 つの検索フィールド

/CT 統制語 (フレーズ) /CW 統制語 (単語) /RL CAS ロール
/IT 索引語 : /IT は CAS ロールを除く IT 内の情報が検索可能です

P.8-P.9 STNews Vol.32, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Tips

アラートで物質関連情報のモニタリング

アラートとは,事前に質問式をシステムに登録して自動的に回答を配信する自動 SDI 検索のことです.STN では物質関連の調査にも自動 SDI 検索を利用できるので,多様な物質関連情報のモニタリングに最適です.

STN のアラートで設定できる物質関連調査の種類

物質関連のアラートは,調査目的,内容によって,使用ファイルや設定方法が異なります.

SUB# :新規登録物質 SUB# :既に REGISTRY ファイルに登録されている物質 XXX-XX-X など:CAS 登録番号

(A)新規物質のモニタリングには,REGISTRY ファイルでアラートを登録します <アラートの回答:物質レコード>.

(B)物質(新規,既知)に関する文献のモニタリングには,REGISTRY ファイルから CAplus/CA ファイルのクロスオーバー検索を含むアラート(SMARTracker)を登録します <アラートの回答:文献レコード>.

(C)既知物質に関する文献のモニタリングは,CAplus/CA ファイルで検索します <アラートの回答:文献レコード>.

* CAS 登録番号が削除された CAS 登録番号になると,回答が得られなくなります.
その場合,現行の CAS 登録番号の質問式に変更してください.

登録例 1:ある骨格を有する医薬用途の化学物質に関する最新の文献情報調査(SMARTracker)

登録例 1:アラートで得られた回答

登録例 2:CAS 登録番号 122320-73-4 の医薬用途に関する文献調査(CAplus ファイル単独アラート)

登録例 2:アラートで得られた回答

アラートについて,設定方法などの詳細は下記をご覧ください.

P.10-P.13 STNews Vol.32, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Database News

CHEMLIST ファイル

− 既存化学物質リストのデータ更新,バーモント州有害物質リストの収録

CHEMLIST ファイルは,既存化学物質リストを含む各国の化学物質規制情報を収録するデータベースです.

■ 既存化学物質リストのデータ更新

米国 TSCA,中国 IECSC,カナダ DSL/NDSL, オーストラリア AICS,スイス SWISS のデータが更新されました.2016 年 6 月現在,CHEMLIST ファイルの主要な既存化学物質リストの収録状況は下記のとおりです.

国 名 リスト名 更新頻度 発行年月
米国 TSCA 半年毎 2016.1
日本 ENCS 不定期 2015.7
中国 IECSC 不定期 2016 ◇
EU REACH 不定期 2015.3
EINECS 完結 2002.3
ELINCS 完結 2009
NLP 完結 1996.9
カナダ DSL 不定期 2016.4
NDSL 不定期 2016.4
韓国 ECL 不定期 2014.7
オーストラリア AICS 不定期 2016.5
スイス SWISS*1 完結 2005
SWISS*2 2 年毎 2016.2
フィリピン PICCS 不定期 2014.12
ニュージーランド NZIoC 四半期毎 2015.7
メキシコ INSQ 不定期 2012

*1 Giftliste 1

*2 Inventory of Notified New Substances in Accordance with the Ordinance on Substances

◇ 中国の現有化学物質名録(IECSC)

中国の既存化学物質リスト 「現有化学物質名録(IECSC)」 が 2016 年に改訂され,新たに 31 化合物が CHEMLIST ファイルに追加されました. 現在,IECSC の収録件数は約 45,000 件で,87% のレコードに CAS 登録番号が付与されています.

■ バーモント州有害物質リストの収録

米国バーモント州有害物質リスト(Vermont Right-to-Know)が追加されました.Vermont Act 188(S.239, 2014 Session)に基づきバーモント州の保健局が制定した List of Chemicals of High Concern to Children に含まれている全物質が対象で,現在 79 件のレコードが SVT フィールドに収録されています.

・レコード例(IDE SVT 表示形式)

AN    85843  CHEMLIST
RN    22967-92-6
CN    Mercury(1+), methyl-
      :
FA    RN      CAS Registry Number
      RSTR    Restricted Chemical Lists
      :
      SNJ     New Jersey Right-to-Know
      SVT     State of Vermont Right-to-Know
 ==== U.S. State Regulations ==== 
SVT   State of Vermont Right-to-Know
      Internet: legislature.vermont.gov, 2015.
      This substance is listed on the Vermont List of 
      Chemicals of High Concern to Children.
      Listed name(s): Methyl mercury

バーモント州有害物質リストに収載の物質は => S SVT/FA で検索できます.

P.14 STNews Vol.32, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Database News

CNFULL ファイル

− 全文テキストの品質改善

CNFULL ファイルは,中国特許の全文を収録するデータベースであり,機械翻訳した英語の全文テキストを収録しています.現在,全文テキストデータの品質改善のためリロードが行われています.

製作元である Questel 社は,中国語から英語への翻訳ソフトウェアを変更し,翻訳品質を改善しました.現在,60% 以上のレコードが新しい翻訳ソフトウェアを用いた全文テキストに置き換えられています.今後数ヶ月で,残りのレコードも更新される予定です.

なお,中国公開特許(CNA)の抄録は,およそ 3 ヶ月後に SIPO 提供の人手翻訳された抄録に置き換わりますが,その点に関して変更はありません.

P.14 STNews Vol.32, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Database News

FRFULL ファイル

− 全文テキストの品質改善

FRFULL ファイルは,フランス特許の全文を収録するデータベースであり,フランス語の全文テキストを OCR(光学的文字読み取り)ソフトウェアで作成したのち,英語へ機械翻訳してデータを収録しています.現在,全文テキストデータの品質改善のためリロードが行われています.

製作元である LexisNexis Univentio 社は,OCR ソフトウェアを変更し,全文テキストの品質を改善しました.現在,40%以上のレコードが新しい OCR ソフトウェアを用いた全文テキストに置き換えられています.今後数ヶ月で,残りのレコードも更新される予定です.

P.15 STNews Vol.32, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Database News

INPADOCDB/INPAFAMDB ファイル

− チュニジア特許の収録開始,カナダ特許の種別変更,収録対象特許種別の拡大

INPADOCDB/INPAFAMDB ファイルは,世界 90 カ国以上の特許発行機関から発行される特許,実用新案の書誌情報,対応特許情報,引用情報および法的状況データを収録する特許データベースです.

■ チュニジア特許の収録開始

特許種別コード TNA1(発明特許の出願)
APPLICATION FOR A PATENT OF INVENTION
収録期間 1990 年以降

■ カナダ特許の種別変更

旧法由来の CAA1 と CAA2 および分割特許の CAC2 の特許種別が変更されます.2016 年 5 月現在,現法の CAC2 は CAC にすべて置き換わり,旧法の CAA1 と CAA2 は CAA に変更中です.

変更前 変更後
旧法 (〜1989 年 10 月) CAA (特許) CAA
CAA1(特許)
CAA2(分割特許)
現法 (1989 年 10 月〜) CAA1(公開特許) CAA1
CAC2(分割特許) CAC
CAC (登録特許)

■ 収録対象特許種別の拡大

収録対象となる特許種別が拡大されました.追加された特許種別は下記の通りです.

国 名 種別コード 定 義
ブラジル BRU8 CORRECTED FIRST PAGE
SPECIFICATION OF AN UTILITY MODEL APPLICATION (2008/11/11 以降)
CORRECTED FIRST PAGE
SPECIFICATION OF AN UTILITY MODEL APPLICATION FILED VIA PCT (2012/1/2 以降)
CORRECTED FIRST PAGE
SPECIFICATION OF A DIVIDED UTILITY MODEL APPLICATION (2012/1/2 以降)
キューバ CUS6 GRANTED INDUSTRIAL MODEL (2012/4/2 以降)
デンマーク DKA8 MODIFIED FIRST PAGE OF PATENT APPLICATION (2012/12/17 以降)
DKB8 MODIFIED FIRST PAGE OF GRANTED PATENT (1993/5/17 以降)
スペイン EST6 TRANSLATION OF A PCT INTERNATIONAL APPLICATION (2000000 番以降,1998 年以降)
ギリシャ GRB7 PATENT OF ADDITION (1920/1/1 - 1987/12/31)
GRT1 TRANSLATION OF EP CLAIMS (新法)
クロアチア HRB5 COMPLETE REPRINT OF A CONSENSUAL PATENT (2005/2/28 以降)
アイルランド IEB PATENT SPECIFICATION (1929/1/1 - 1992/1/1)
モロッコ MAA2 PATENT APPLICATION PUBLISHED WITHOUT SEARCH REPORT (2015/1/30 以降)
MAA3 SEPARATELY PUBLISHED SEARCH REPORT (2015/1/30 以降)
モルドバ MDU0 SHORT-TERM PATENT APPLICATION (2010/7/1 以降)
ルーマニア ROU3 SEARCH REPORT PUBLISHED SUBSEQUENTLY TO THE UTILITY MODEL (2009/1/1 以降)
セルビア RSB1 GRANTED PATENT (2015/2/28 以降)
RSU1 GRANTED PETTY PATENT (2015/2/28 以降)
スウェーデン SEE1 AMENDED PATENT SPECIFICATION (500000 番以降)
シンガポール SGA PATENT APPLICATION (2014/10/30 以降)
PCT ENTERING NATIONAL PHASE (2014/3/28 以降)

各ファイル記事の補足情報

各ファイルの記事に関する補足情報はデータベースサマリーシートをご参照ください.または STN ヘルプデスクへお問い合わせください.

最新の英語版データベースサマリーシート:
   www.cas.org/products/stn/dbss

和訳版データベースサマリーシート:
   www.jaici.or.jp/stn/dbsummary/db.html

STN ヘルプデスク:
   www.jaici.or.jp/helpdesk/index.htm

STN 技術資料:
   www.jaici.or.jp/stn/stn_doc.html
   www.cas.org/products/stn/user-resources

P.15-P.16 STNews Vol.32, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Database News

STN Express

− サポートファイルの更新

STN Express は STN を使った各種検索の他,解析,回答の加工ができるソフトウェアで,現在の最新バージョンは V.8.6 です.新しいサポートファイルがリリースされました.

■ サポートファイルの主な強化内容

・CAplus/CA ファイルの所属機関シソーラスを最新版に更新

・CAplus/CA ファイルの CA Lexicon を最新版に更新

・CHEMLIST ファイルの SVT フィールドに対応

更新用ファイルは STN Express 起動時に自動的にダウンロード,インストールされます.ただし,手動更新を行っている場合は,下記サイトより STN Express サポートファイルを入手し,更新してください.

casweb.cas.org/stnexpress/html/japanese/login.html

P.16 STNews Vol.32, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


Database News

FIZ AutoDoc

− 料金改定

2016 年 4 月 1 日より FIZ AutoDoc の料金が改定されました.新料金表は下記をご覧ください.

www.jaici.or.jp/DDS/FIZAutoDoc_price.pdf

P.16 STNews Vol.32, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


STN講習会

STN を検索する際に必要な知識や技術を身につけていただけるように,検索に必要なコマンドや,各データベースの概要,検索のポイントなどをご説明する講習会を毎月開催しています.

会場は東京会場,または大阪会場です.

各会場での開催内容と日程につきましては,同封のリーフレットまたは弊協会ホームページをご覧ください.

STN 講習会のサイト
https://www.jaici.or.jp/seminar/index.php

P.16 STNews Vol.32, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


ホームページの資料掲載のお知らせ

2016 年 3 月 〜 2016 年 6 月にホームページに掲載した STN 関連の資料をお知らせします.

■ 改訂資料
資料名 説 明
STN 新プラットフォーム マルクーシュ構造検索 (2016.2) MARPAT,DWPIM ファイルの代表的な検索方法
化学物質検索U − 構造 (2016.3) Classic STN 講習会テキスト
CAplus/CA (2016.5) Classic STN サマリーシートの改訂
(PatentPak 関連フィールドの追加)

ぜひ技術資料をご活用ください.

URL: www.jaici.or.jp

★ ホームページをリニューアルしました ★

P.17 STNews Vol.32, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


スタッフ紹介

ふくい こうぞう

福井 晃三

化学情報協会

情報事業部

マーケティンググループ

初めまして.情報事業部マーケティンググループで2人目の福井です.福井啓二郎グループリーダーと同じ K. Fukui で,ややこしくてスミマセン.メールアドレスはフルネームで kozo-fukui@ としております.この度,情報分析部から異動となり,新たな経験を積ませていただくことになりました.

私は,プラスチックの看板職人だった父のもとで,幼い頃からアクリル板の切れ端で遊び,自然と化学に興味を持ちました.大学の研究室では,分子性・有機磁性という分野と出会いましたが,私が研究を始めたのは,有機磁石の発見(1991 年)の数年後で,世界的にも活気がありました.

私のテーマは,有機ラジカルの磁性を,分子レベルで解明することでした.「ラジカル=不安定」と思われがちですが,うまく分子設計すれば,安定な結晶が得られます.挑戦心あふれる有機化学者らとタッグを組み,私たち物理化学チームも,「ラジカルを NMR で見る」という型破りな方法を用いたり,新しいタイプの化学結合(Pancake bonding)を見出したり,はたまた,グラフェンシートに穴を開けると炭素磁石となり得ることを示したりと,わくわく楽しい研究生活でした.

当時の私は,文献を調べるのが楽しくてしょうがなく,周りから「趣味は,孫引き?」と冷やかされながら,冊子体の Chemical Abstracts(CA)や,JACS,JPC 等を引きまくりました.自分のアイデアが文献に書かれていた時はショックで,情報の大切さを痛感しました.博士課程修了後は,電機メーカーで樹脂製品の信頼性向上に取り組んだ後,研究員として大学に戻り,SciFinder という強力なツールと出会いました.物質科学では圧倒的な「網羅性」があると知り,これ無しの研究はありえないと思いました.

その後,文献への情熱抑え難く,化学情報協会に入社し,STN の CAplus ファイルや SciFinder に収録される文献の抄録・索引を作成するアナリストとして,ポリマー,合金,セラミック,光学・電子材料等の,数多くの特許分析を担当させていただきました.最近では PatentPak 用の特許マーキングも行い,よりユーザー目線での抄録・索引作成に努めてまいりました.今後は,これらの経験を生かし,営業担当として,お客様が欲しい情報に確実にたどり着けるよう,様々な製品と検索手段をご提案させていただきたいと存じますので,何卒よろしくお願い申し上げます.

P.18 STNews Vol.32, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


STNインターネットセミナー

■ インターネットセミナーとは?

インターネット経由で視聴していただく,WebEx を利用したオンライン形式のセミナーです.

インターネットに接続した PC があれば,場所を選ばずどこからでも受講できるのが特長です.チャットによる Q&A も行えます.

■ 2016 年 8 月の開催予定(無料)
STN 新プラットフォーム − 便利な機能
2016 年 8 月 17 日(水)
11 : 00 − 11 : 20
対応特許をまとめた表を作成する 「拡張特許ファミリーテーブル機能」 やマニュアルアラート機能など,STN 新プラットフォーム独自の便利な機能を紹介します.

* お申し込み方法,受講に必要な環境などの詳細は,弊協会ホームページをご覧ください.
www.jaici.or.jp/webex/e-seminar.html

* 定員に達した場合は,キャンセル待ちでのお申し込みとなります.

■ 録画セッションもご利用ください!

これまでに開催したインターネットセミナーの録画ファイル(mp4 形式),および配布資料の PDF ファイルを,STN e-ラーニングのサイトに掲載しています.都合が合わず参加できなかった方や,復習したいという方は,ぜひご利用ください.


www.jaici.or.jp/newstn/elearning.html

www.jaici.or.jp/stn/elearning/index

P.19 STNews Vol.32, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


STNへようこそ ひとこと広場

P.20 STNews Vol.32, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


STN 定期講習会変更のお知らせ

2016 年 7 月より STN 講習会を下記の通り変更致します.

STN を定額契約でご利用の方は,回数制限なしに何度でも無料で受講可能ですので是非ご参加ください.

◆ 講習会コース

STN 新プラットフォーム
CA 文献検索
新設
STN 新プラットフォーム
化学物質検索 - 基礎
新設
Classic STN
はじめての STN
廃止
STN 新プラットフォーム
CA/REG
廃止

◆ STN 新プラットフォーム講習会開催時間

午前開催のコース 9:30-12:30
午後開催のコース 13:30-16:30

◆ 料金

1 日コース 5,000 円 (税別)
半日コース 無料

詳細は弊協会のホームページをご覧ください

http://www.jaici.or.jp/news/news.php?selectedId=1614

P.21 STNews Vol.32, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


PATENPAK

特許実施例中またはクレームに記載されており,新規性・改良点,重要な事項に関する化学物質は,CAS 登録番号でレコードに索引されます.この索引は,CAS のアナリストが原報を読み,手作業で付与している大変有益な情報です.しかし,索引された重要な物質が,明細書のどこに書いてあるのか,確認に時間がかかります.

この作業を効率化するのが「PatentPak」です.

特長 1 PatentPak ビューア

PatentPak ビューアでは,STN の CAplus ファイルのレコードから索引化合物の記載ページをワンクリックで表示することができます.また,物質情報と明細書を同一画面で確認できるので効率よく明細書をチェックできます.

特長 2 明細書の即時ダウンロード

CAS のサーバに蓄積された特許明細書(PDF ファイル)をダイレクトにダウンロードできます.対応特許の明細書も入手可能なため,読みやすい言語で確認できます.

◆ PDF+ :化学物質リスト付き特許明細書の PDF ファイル(ベーシック特許)
◆ PDF :特許明細書の PDF ファイル(ベーシック特許,対応特許)

明細書のダウンロードが可能な国や機関(2016 年 6 月現在)
日本 米国 ドイツ イギリス フランス ロシア
韓国 インド 中国 ヨーロッパ特許庁 PCT 出願 オーストリア
オーストラリア ベルギー ブラジル クロアチア エストニア ギリシャ
アイルランド ラトビア リトアニア ルクセンブルグ モナコ ポルトガル
ルーマニア スロバキア スロベニア スペイン スウェーデン スイス
トルコ

PatentPak」のご利用には,別途 PatentPak オプション契約が必要です.

定額契約の方はもちろん,従量制で STN をお使いの方も,オプション契約の上ご利用いただけます.

PatentPak オプションに関する詳細は,情報事業部 マーケティンググループへお気軽にお問合せください

【連絡先】 TEL : 0120-151-462  E-mail : customer@jaici.or.jp

P.22-P.23 STNews Vol.32, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


STN 定額契約特典のご案内

STN 定額契約のお客様向けに特典として下記のサービスをご用意いたしました.

当サービスは 2016 年 7 月より開始します.すでに STN 定額契約を開始されている皆様も対象ですので,ぜひご活用ください.

ご契約時の特典

出張講習会
講習会テキスト(冊子体)

毎年の特典

STN 定期講習会受講(無料,回数制限なし)
講習会テキスト(PDF)

STN 定額契約特典についてご不明な点がございましたら,情報事業部カスタマーグループ(TEL:0120-151-462)にご連絡ください.

P.24 STNews Vol.32, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》


STN 東京サービスセンター JAICI化学情報協会