S T N e w s

Vol.33,  春号 2017年

Vol.33 春号 2017年発行 日本版 編集・発行:化学情報協会

目     次
STN 新プラットフォーム
よくあるご質問 ~ 構造編 ~
2
EMBASE ファイル
Triple linking で適合率の高い検索を
9
DGENE ファイルで GETSIM ホモロジー検索 13
AEROSPACE ファイル 17
CNFULL ファイル 17
EMBAL ファイル 17
EMBASE ファイル 17
FOMAD ファイル 18
FRFULL ファイル 18
FROSTI ファイル 18
MEDLINE ファイル 18
METADEX ファイル 19
PASCAL ファイル 19
PQSciTech ファイル 20
TOXCENTER ファイル 20
WPINDEX/WPIDS/WPIX ファイル 20
PatentPak 21
STN 講習会 21
ホームページの資料掲載のお知らせ 21
FIZ AutoDoc で 原報複写 Vol.7 22
ひとこと広場 23
6 月開催セミナー 24

P.1 STNews Vol.33, 春号  《 STNews ホームページ 》

STN 新プラットフォーム

STN 新プラットフォーム

よくあるご質問 ~ 構造編 ~

前回に引き続き STN 新プラットフォームに関するよくあるご質問をご紹介します.今回は特に構造作図に関するよくあるご質問を集めました.

検索に用いた構造質問式の詳細設定 (属性) の情報を保存する方法を教えてください.

検索履歴 (Search History) をエクスポートすると,その中に構造質問式の属性も含まれます.

回答表示パネルから構造検索の検索結果をエクスポートしたファイルには,構造質問式の属性情報は含まれていません.構造質問式の属性情報を保存したい場合は,ヒストリーパネルから検索履歴をエクスポートしてください.

① ヒストリーパネルの右上にある    ボタンをクリックし,「Export Search History」 を選択します.

② ファイル名を決めてエクスポートします.

③ 検索履歴の中に,検索に使用した構造質問式の属性が含まれています.

フラーレンのように,作図するのが大変な構造を簡単に描く方法はありますか?

CAS 登録番号から構造を作図画面に呼び出すことができます.

STN 新プラットフォームでは,CAS 登録番号や SMILES, InChI から構造を作図画面に呼び出すことができて便利です.これは Classic STN の作図ツールにはない機能です.

① 構造作図画面の    ボタンをクリックし,テキストボックスに CAS 登録番号を入力します.

② 構造が作図画面に呼び出されます.呼び出した構造は作図画面上で編集も可能です.

作図した環に対してそれ以上他の環が縮環しないようにする作図方法を教えてください.

「環の孤立」 を指定するには Lock Rings      ツールを使います.

STN 新プラットフォームでは,作図した環に対してそれ以上他の環が縮環(スピロ環や架橋環も含む)した構造が不要な場合には,Lock Rings ツールで「環の孤立」を指定します.

<参考> STN 新プラットフォームと Classic STN では,「環の孤立」の設定方法が異なります.Classic STN では,環上のノードを右クリックし,メニューから「環の孤立化」を選択して「環の孤立」を指定します.

自分で作図した置換基を R グループに含める場合の作図手順を教えてください.

含めたい構造を同じ作図画面中に作図し,結合点 (Attachment point) を指定することで,その構造を

R グループに含めることができます.

R グループは,ある置換位置に対して複数の置換基の候補がある場合に利用します.原子,ショートカット,可変原子の他に,自分で作図した置換基 (フラグメント) を R グループの定義に含めることができます.

<作図例> 下記の 2 つの構造を R グループを使ってまとめて作図

① 基本骨格とフラグメントを離して作図します.

ボタンをクリックし,フラグメントに対して基本骨格との結合位置を表す結合点を指定します.

結合点には F 番号が付与されます.

ボタンをクリックし,R グループの定義を決めます.

結合点(F 番号)を付与した構造は,
Fragments 欄に一覧表示されますので,
クリックして選択します.

④ 作成した R グループ(R1)を作図します.

・ 一つの構造質問式中で作成できる R グループの数は,REGISTRY,MARPAT ファイルでは最大 20 個,その他のファイルでは最大 10 個です.

・ 各 R グループに最大 20 項目(原子,ショートカット,可変原子,フラグメント)を指定できます.

参考 : 結合点が 2 つある R グループの作図

<作図例> 下記の構造を R グループを使ってまとめて作図

参考 : 1 つのフラグメントに複数の結合点を指定した作図

<作図例> 下記の構造を R グループを使ってまとめて作図

* REGISTRY, MARPAT ファイルのみ検索可能です

* 同一フラグメントに最大 20 個の結合点を指定できます

STN 新プラットフォームの作図方法については下記の資料をご参照ください.

構造作図ガイド : http://www.jaici.or.jp/newstn/pdf/structure.pdf

P.2-P.8 STNews Vol.33, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Tips

Triple linking は,各統制語(EMTREE 語)について 3 段階の索引を行うもので,従来の「EMTREE 語-リンク語」の索引をさらに EMTREE 語で限定した索引です.リンクされた EMTREE 語は,リンク語に続く;(セミコロン)の後に表示されます.

Triple linking では主題を表す EMTREE 語に関連する医薬品名や疾病名,医療機器名を確認できます.また,リンク語を使った検索よりもさらに限定した検索が可能になるため,適合率の高い検索を行うことができます.

従来の索引では・・・

「高血圧」と医薬品である「losartan」はともに「薬物療法」に関連していることが分かりますが,「高血圧」と「losartan」との関連性は原文献を読まないと分かりません.

Triple linking では・・・

「高血圧」と医薬品の「losartan」が同一索引中に収録されているため,「高血圧」と「losartan」が関連していることが原文献を読まなくても分かります.

Triple linking は Classic STN(STN Express,STN on the Web)に搭載の EMBASE ファイルに対応しています.
STN 新プラットフォームでは,近日中に Triple linking に対応する予定です.

Triple linking は医薬品名,疾病名,医療機器名の EMTREE 語のうち,以下のリンク語が付与されたものが対象です.また,リンクさせる EMTREE 語の組み合わせも決まっています.

主題の統制語 リンク語 リンクさせる統制語 付与年代 *1
医薬品名 AE(adverse drug reaction:薬物副作用)) 疾病名 2007-
CB(drug combination:薬物併用) 医薬品名 2007-
CM(drug comparison:薬物比較) 医薬品名 2007-
IT(drug interaction:薬物相互作用) 医薬品名 2007-
DT(drug therapy:薬物療法) 疾病名 2009-
疾病名 DT(drug therapy:薬物療法) 医薬品名 2009-
SI(side effect:副作用) 医薬品名 2007-
医療機器名 AM(adverse device effect:副作用報告) 疾病名 2014-
DC(device comparison:医療機器の比較) 医療機器名 2014-

*1  Triple liking はリンク語の種類によって付与年代が異なります.(P) 演算子を使って複数の EMTREE 語を同一
索引中に限定した検索を行うと,得られる回答は自動的に付与年代以降に限定されます.

Triple linking の検索

目的の EMTREE 語にリンク語や別の EMTREE 語を組み合わせて検索するには,(P) 演算子を利用して同一索引中に限定します.

入力例:

=> S HYPERTENSION/CT (P) DT/CT (P) LOSARTAN/CT          ← 高血圧の薬物療法に関する研究で losartan に関連する文献

=> S ACUTE KIDNEY FAILURE+ PFT/CT (P) ANTIDIABETIC AGENT+NT,PFT/CT

↑ 抗糖尿病薬によって引き起こされる急性腎不全に関する文献

EMBASE ファイルがリロードされました(2016 年 11 月 13 日)

速報版ファイル EMBAL ファイルと EMBASE ファイルが統合されました

- article in press などの印刷体発行前の文献や,人手による索引完成前のレコードが EMBASE ファイルに収録されます(人手索引完成前のレコードには,アルゴリズムによる索引が収録されています).

- 人手による索引が完成すると,INTELLECTUAL INDEXING が FS フィールドに付与され,人手による索引が完成した日付が ED フィールドに収録されます(索引完成日は 2016 年 12 月 1 日以降登録分が対象).

- EMBAL ファイルは 2017 年 2 月 28 日にサービスを中止いたしました.

Device Descriptor セグメントが新設されました

- 医療機器に関する EMTREE 語は新設された Device Descriptor に収録されます.

- 医療機器に関する EMTREE 語に組み合わせ可能なリンク語は下記の 4 種類です.

AM(adverse device effect;副作用報告) CT(clinical Trial;臨床試験)
DC(device comparison;医療機器の比較) DE(device economics;治療コストと治療効果)

上記の L3 を (P) 近接演算子ではなく AND 演算子で検索すると 118 件の文献がヒットします.この回答には,回答には塞栓コイルに関連しない血栓症の文献や,両者の関連性が不明な文献が含まれます.

(P) 演算子を使って同一索引中に限定したことで,目的の文献を的確に検索できました.

ノイズ例 : stent thrombosis が intracranial stent の副作用として索引されているレコード

CT Device Descriptors:
*embolization coil: DC, device comparison; pipeline embolization device
intracranial stent: AM, adverse device effect; in stent stenosis
intracranial stent: AM, adverse device effect; medical device complication
intracranial stent: AM, adverse device effect; stent thrombosis
*pipeline embolization device: AM, adverse device effect; device foreshortening
   :

P.9-P.12 STNews Vol.33, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Tips

DGENE ファイルで GETSIM ホモロジー検索

配列のホモロジー検索のプログラムでは,BLAST(Basic Local Alignment Search Tool)が最もよく利用されていますが,STN では FASTA(ファーストエー)系列のプログラムである GETSIM も利用できる事をご存じでしょうか? 本記事では,DGENE ファイルを例に,GETSIM ホモロジー検索についてご紹介します.

■ GETSIM と BLAST の違いは?

配列のホモロジー検索を行うと,配列質問式に類似した配列情報が得られます.配列の類似度はスコアによって示されますが,GETSIM と BLAST は,配列比較の方法やスコアの算出方法が異なるため,得られる回答も異なります.

プログラム GETSIM BLAST
概要 FASTA(ファーストエー)系のプログラム ホモロジー検索において最もよく利用されているプログラム
配列比較の方法 配列質問式の全体とデータベース中の配列を比較する(global sequence alignments) 配列質問式の断片とデータベース中の配列を比較する(local sequence alignments)
検索速度(処理速度) BLAST より時間がかかる GETSIM より速い

上記の他にも,配列質問式の長さやパラメータの設定が検索に影響します.GETSIM は膨大な計算を要するため BLAST より検索に時間がかかりますが,場合によっては BLAST より感受性が高いことがあります.BLAST ホモロジー検索で得られた結果に満足できない時,GETSIM ホモロジー検索も行ってみてはいかがでしょうか?

■ GETSIM ホモロジー検索が可能な STN の配列データベースは?

STN では 4 つのデータベースで配列検索を実行できます.GETSIM ホモロジー検索は DGENE,PCTGEN,USGENE ファイルで利用できます.

ファイル名 配列の収録源 GETSIM BLAST
REGISTRY ・ CAplus/CA ファイルに収録されているベーシック特許および雑誌論文
・ GenBank 由来の配列データ
×
DGENE ・ WPI ファイルのベーシック特許
PCTGEN ・ PCT 出願公報
USGENE ・ 米国公開・登録特許

DGENE, PCTGEN, USGENE ファイルは,特別なコマンド(GETSIM ホモロジー検索は RUN GETSIM,BLAST ホモロジー検索は RUN BLAST)でホモロジー検索を実行します.REGISTRY ファイルは,独立したソフトウェアを用います.

■ GETSIM ホモロジー検索の流れ

DGENE ファイルでアミノ酸配列の GETSIM ホモロジー検索を行う時の流れと,その表示内容についてご説明します.

■ 回答の表示 ~ 概要確認 ~

まず,確認用の表示形式で配列の概要を確認しましょう.特に SCORE と ALIGN 表示形式は,ヒットした配列に関わる情報を確認できる有効な表示形式です.ALIGN はオンラインセッション中のみ有効です.

■ 回答の表示 ~ 詳細表示 ~

全配列情報や特許番号などの詳細を確認するには,ALL 表示形式を使います.全配列情報は ALL 表示で確認できますが,スコア値やアラインメントは含まれないので,前述の SCORE や ALIGN を ALL 表示形式と組み合わせて表示すると,わかりやすくおすすめです.

■ システム制限

GETSIM では,今回ご紹介した /SQP(アミノ酸配列)の検索で 5~750 配列,/SQN(核酸配列)と /TSQN(アミノ酸配列)で 5~500 配列を検索できます.さらに BATCH 検索なら,2,000 配列まで検索可能になります.得られる回答の上限は 10,000 件です(ヒット件数が 10,000 件を超えた場合,検索が中止され Search incomplete と表示されます).

本記事では DGENE ファイルを例に,GETSIM ホモロジー検索についてご紹介しました.本記事でご紹介できなかった,長い配列質問式のアップロードやバッチ検索の方法など,より詳しい内容については,「核酸・タンパク質配列検索」のテキストをご覧ください.また,配列検索でよくいただくご質問についてまとめた「よくあるご質問」もご覧ください.

「核酸・タンパク質配列検索」 www.jaici.or.jp/stn/pdf/text_seq.pdf
「よくあるご質問」 www.jaici.or.jp/stn/pdf/seqfaq.pdf

P.13-P.16 STNews Vol.33, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

AEROSPACE ファイル

- 更新中止

AEROSPACE ファイルは,航空宇宙およびその関連科学分野の文献を収録するデータベースです.

データベース製作元である ProQuest 社の意向により,索引の付与が中止されました.これに伴い AEROSPACE ファイルの更新が 2016 年 12 月末で中止され,固定ファイルとなりました.

AEROSPACE ファイルを含む PQSciTech ファイルは引き続き更新されますので,今後は PQSciTech ファイルをご利用ください.

P.17 STNews Vol.33, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

CNFULL ファイル

- 全文テキストの品質改善

CNFULL ファイルは,中国特許の全文を収録するデータベースで,機械翻訳した英語の全文テキストを収録しています.

データベース製作元である Questel 社は,中国語から英語への翻訳ソフトウェアを変更し,翻訳品質を改善しました.この新しい翻訳ソフトウェアを用いた全文テキストに置き換える作業が 2016 年 4 月より行われていましたが,このたびファイル全体のリロードが完了しました.

P.17 STNews Vol.33, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

EMBAL ファイル

- サービス終了

2016 年 11 月のリロードで,EMBAL ファイル (EMBASE の速報版ファイル)が EMBASE ファイルに統合されました.

それに伴い,2017 年 2 月 28 日をもって EMBAL ファイルの提供を終了しました.今後は EMBASE ファイルをご利用ください.

P.17 STNews Vol.33, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

EMBASE ファイル

- UPI フィールドの追加,EMTREE 語のオンラインシソーラス更新

EMBASE ファイルは,生物医学および医学・薬学分野の文献を収録するデータベースです.

■ UPI フィールドの追加

新規フィールドとして UPI が追加されました.それに伴い,ファイルセグメント(FS)に INTELLECTUAL INDEXING が追加されました.

これらの情報は,Elsevier 社(データベース製作元)から CAS(STN 製作元)に送られてくる XML データを元に付与されています.

◇ UPI(Update Date - Intellectual Indexing Added)

UPI フィールドには,人手による統制語(EMTREE 語)索引が完成した日付が収録されます.

- UPI の日付は一度のみ付与されます

- UPI の付与対象は 2016 年 12 月 1 日以降に EMBASE ファイルに追加されたレコードです

- UPI の日付は /UPI で検索できます

- UPI は ED 表示形式に含まれます

- アラートの更新コードに UPI が追加されました

会議抄録,会議総説のレコードには,人手による統制語(EMTREE 語)索引やリンク語が付与されません.そのため,アルゴリズムによって付与された統制語索引が収録された段階で UPI が付与されます.会議抄録,会議総説のレコードを除きたい場合は,検索式に NOT CONF?/DT を含めてください.

◇ INTELLECTUAL INDEXING

ファイルセグメント(FS)に INTELLECTUAL INDEXING が追加されました.人手による統制語索引が付与されたレコードの FS フィールドに,INTELLECTUAL INDEXING が付与されます.

◇ レコード例

■ EMTREE 語のオンラインシソーラス更新

EMTREE 語のオンラインシソーラスの更新が行われ,新規ターム 930 個(drug term 308 個,non-drug term 622 個)が追加されました.これにより,最新の技術用語から迅速に統制語検索を行えるようになりました.新規に追加されたタームのリストは Elsevier 社の下記サイトに掲載予定です.

http://help.elsevier.com/app/answers/detail/a_id/5928/p/9754/

 なお,ファイル全体の索引語の書き換えは今後も不定期に実行されます.非優先語(オンラインシソーラス中の UF)でもレコード件数がある場合は, UF も含めて検索してください.また,アラート(自動 SDI 検索)の質問式の見直しを行い,必要があれば変更してください.

P.17-P.18 STNews Vol.33, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

FOMAD ファイル

- サービス中止

データベース製作元の意向により,2016 年 12 月 29 日をもってサービスを中止しました.食品科学・技術に関する調査には FSTA, CABA, AGRICOLA ファイルをご利用ください.

P.18 STNews Vol.33, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

FRFULL ファイル

- 全文テキストの品質改善

FRFULL ファイルは,フランス特許の全文を収録するデータベースです.フランス語の全文テキストを OCR(光学的文字読み取り)ソフトウェアで作成し,その後英語へ機械翻訳しています.

データベース製作元である LexisNexis Univentio 社はOCR ソフトウェアを変更し,全文テキストの品質を改善しました.この新しい OCR ソフトウェアを用いた全文テキストに置き換える作業が 2016 年 4 月より行われていましたが,このたびファイル全体のリロードが完了しました.

P.18 STNews Vol.33, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

FROSTI ファイル

- サービス中止

データベース製作元の意向により,2016 年 12 月 29 日をもってサービスを中止しました.食品科学・技術に関する調査には FSTA, CABA, AGRICOLA ファイルをご利用ください.

P.18 STNews Vol.33, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

MEDLINE ファイル

- リロード,ePub Ahead-of-Print レコードへの更新日付与方針変更

MEDLINE ファイルは,医学・薬学分野の文献を収録するデータベースです.

■ リロード

2017 年 Annual Reload が 1 月 28 日に行われました.このリロードにより,全収録期間のレコードが 2017 年版の MeSH(MEDLINE ファイルの統制語)に対応しました.主な変更点は下記の通りです.

1)MeSH 2017 年版 に対応

- 追加されたディスクリプタ数 : 627

- 新しい用語に置き換えられたディスクリプタ数 : 35

- 削除されたディスクリプタ数 : 42

- 追加されたサブヘディング数 : 1

- 削除されたサブヘディング数 : 3

◆ サブヘディング AH に関する変更

サブヘディング PA は従来 CY の下位でしたが,AH の下位になりました.

◆ サブヘディング DI に関する変更

サブヘディング RA, RI, US が,新設の DG に置き換えられました.また,PA が DI の下位から削除されました.

◆ MeSH タームのサブカテゴリーの追加

J3(Non-Medical Public and Private Facilities(非医学的な公共および民間施設))が追加されました.

◆ MeSH タームのサブカテゴリーの変更

G3 が Metabolic Phenomena(代謝的現象)から Metabolism(代謝)に変更されました.

2017 年版 MeSH の詳細は NLM のサイトをご覧ください.

https://www.nlm.nih.gov/mesh/filelist.html

MeSH を含めた質問式のアラートを登録している方は,必要に応じて検索式を修正してください.

2)出版社から直接提供されたデータの収録開始

出版社から NLM に直接提供されたデータ(as supplied by publisher)の収録を開始しました.FS フィールドに EPUB AHEAD OF PRINT とともに NONMEDLINE が表示されます.生物医学分野以外の内容も含まれています.

本データの収録開始に伴い,古い年代分も遡及収録されました.追加された約 26 万件のレコード中,約 18 万件は 1999 年以前分のレコードです.遡及収録されたレコードの入力日(ED),更新日(UP)は 20160000 となっています.そのため,これらのレコードはアラートの回答には含まれません.

なお,今後追加されるデータは他のレコードと同様に通常の ED, UP が付与され,アラートの検索対象となります.

本リロードに関する詳細は NLM のサイトをご覧ください.

https://www.nlm.nih.gov/pubs/techbull/nd16/nd16_medline_data_changes_2017.html#updated_mesh

■ e-Pub Ahead-of-Print レコードへの更新日付与方針変更

当ファイルでは,印刷版発行前に電子的に公開された文献情報を「ePub Ahead-of-Print」として収録しています.

ePub Ahead-of-Print レコードに完全な書誌情報(雑誌の巻・号・頁などの情報)が追加されると,AN および FS フィールド中の EPUB AHEAD OF PRINT のタグが削除されます.

従来,EPUB AHEAD OF PRINT のタグが付いている期間は,レコードの内容が変更されても更新日 UP は変更されませんでしたが,2017 年 1 月 30 日以降は,ePub Ahead-of-Print レコードに関しても,レコードの内容が変更されると更新日 UP に反映されるようになりました.

P.18-P.19 STNews Vol.33, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

METADEX ファイル

- 更新中止

METADEX ファイルは,冶金学と材料に関する文献を収録するデータベースです.

データベース製作元である ProQuest 社の意向により,索引の付与が中止されました.これに伴い METADEX ファイルの更新が 2016 年 12 月末で中止され,固定ファイルとなりました.

METADEX ファイルを含む PQSciTech ファイルは引き続き更新されますので,今後は PQSciTech ファイルをご利用ください.

P.19 STNews Vol.33, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

PASCAL ファイル

- サービス中止

データベース製作元である NIST-CNRS 社の意向により,2016 年 12 月 29 日をもってサービスを中止しました.科学技術分野の調査には CAplus/CA,SciSearch,PQSciTech ファイルをご利用ください.

P.19-P.20 STNews Vol.33, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

PQSciTech ファイル

- 索引付与の中止

PQSciTech ファイルは,科学技術に関する文献を広く収録するデータベースです.

データベース製作元である ProQuest 社は,2017 年以降のレコードに対する索引付与を中止しました.

- 分類コード(/CC)

- 統制語(/CT)

- ファイルセグメント(/FS)

上記検索フィールドを使用して検索を行うと,2017 年以降のレコードが得られません.そのため,基本索引の検索をお勧めします.

P.20 STNews Vol.33, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

TOXCENTER ファイル

- MEDLINE セグメントのリロード

TOXCENTER ファイルは,毒物および化学物質の薬理学,生理学,毒物学情報を収録する文献データベースです.CAplus,MEDLINE,BIOSIS などのデータベースから情報を収録しています.

当ファイルの MEDLINE ファイルセグメントのリロードが完了しました.詳細は MEDLINE ファイルの項をご覧ください.

P.20 STNews Vol.33, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

WPINDEX/WPIDS/WPIX ファイル

- マニュアルコード改訂

WPI ファイルは,世界の 50 特許発行機関から発行される特許および 2 技術公開誌の情報を収録しているデータベースです.特許情報を 3 分野(CPI,GMPI,EPI)に分類しており,CPI(Chemical Patents Index)および EPI(Electrical Patents Index)セグメントと GMPI(General and Mechanical Patents Index)の Q セクション(機械:乗り物,運搬,建築,照明)のレコードには,マニュアルコードと呼ばれる分類コードが付与されています.

マニュアルコードが 2017 年版に改訂されました.ダウエントアップデート 201701 より,2017 年版マニュアルコードが使用されています.これに伴い STN のマニュアルコードのオンラインシソーラスも 2017 年版に対応しました.

◇ 変更されたマニュアルコード

- 254 個(うち 73 個が新コード)

◇ 主な変更点

- バイオプリントに関するコードを新規に導入(B11-C17, C11-C17)

- レンズおよびレンズシステムに関する分類を追加 (P81-A01)

- 電話加入者装置(W01-C01)および無線システム(W02-C03)に関する分類を追加

詳細は, Clarivate Analytics 社のサイトをご覧ください.

http://ip-science.thomsonreuters.com/support/patents/dwpiref/reftools/classification/code-revision/

マニュアルコードを用いた検索を行う際は,2017 年版のコードをご利用ください.マニュアルコードを含めた質問式のアラートを登録している方は,必要に応じて検索式を修正してください.

各ファイル記事の補足情報

各ファイルの記事に関する補足情報はデータベースサマリーシートをご参照ください.または STN ヘルプデスクへお問い合わせください.

最新の英語版データベースサマリーシート:
   www.cas.org/products/stn/dbss

和訳版データベースサマリーシート:
   www.jaici.or.jp/stn/dbsummary/db.html

STN ヘルプデスク:
   www.jaici.or.jp/helpdesk/index.htm

STN 技術資料:
   www.jaici.or.jp/stn/stn_doc.html
   www.cas.org/products/stn/user-resources

P.20 STNews Vol.33, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

STN講習会

STN を検索する際に必要な知識や技術を身につけていただけるように,検索に必要なコマンドや,各データベースの概要,検索のポイントなどをご説明する講習会を毎月開催しています.

会場は東京会場,または大阪会場です.

各会場での開催内容と日程につきましては,同封のリーフレットまたは弊協会ホームページをご覧ください.

STN 講習会のサイト
https://www.jaici.or.jp/seminar/index.php

P.21 STNews Vol.33, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

PatentPak

- 収録拡大

PatentPak は特許調査をより効率化するオプションです.CAS では PatentPak のコンテンツ強化を行い,利用可能な特許明細書が大幅に増加しました.

◇ PatentPak Interactive(物質情報付きの明細書)

PatentPak Interactive は STN のレコードから索引化合物の記載ページをワンクリックで表示し,化学物質情報と特許明細書を同一画面で確認できる機能です.

2016 年に利用できる PatentPak Interactive の対応レコード数が前年(2015 年)比の約 3 倍になりました.新たに対応したレコードには 2011 年以前に主要国で発行された英語の特許も含まれます.現在,150 万件以上の特許明細書が PatentPak Interactive に対応しています.

◇ PDF(明細書 PDF の即時ダウンロード)

PatentPak のもう一つの機能が,対応特許も含めた明細書 PDF の直接ダウンロードです.

明細書 PDF についても収録を拡大しており,2016 年の 1 年間で約 250 万件の明細書が追加されました.現在,1,050 万件以上の明細書 PDF が CAS のサーバーから直接入手可能です.

PatentPak の詳細は下記をご覧ください.

http://www.jaici.or.jp/casproducts/patentpak/index.html

PatentPak は無料トライアルが可能です.お気軽にお問合せください.

化学情報協会 情報事業部

0120-003-462   support@jaici.or.jp

P.21 STNews Vol.33, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

ホームページの資料掲載のお知らせ

2016 年 12 月 ~ 2017 年 1 月にホームページに掲載した STN 関連の資料をお知らせします.

■ 新規掲載資料

資料名 説 明
STN データベースカタログ 2017 STN の全データベースを分野別にまとめたカタログ
STNews Vol.33 冬号 STNews(本冊子)の前号
年間索引 2016 年版 STNews Vol.32 冬号~Vol.32 秋号 の年間索引
構造検索 4 タイプの使い分け STN インターネットセミナーの録画

■ 改訂資料

資料名 説 明
医学・薬学情報検索 正誤表 2016 年 11 月の EMBASE ファイルリロードに伴う強化点を追加

ぜひ技術資料をご活用ください.

URL: www.jaici.or.jp

P.21 STNews Vol.33, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Fiz Auto Doc

FIZ AutoDocで 原報複写  Vol.7

FIZ AutoDoc(フィッツ オートドック) は,FIZ Karlsruheが運営する約 20 万誌の雑誌,会議録,書籍,特許明細書等をオンラインで注文できる原報複写サービスです.シリーズ第 7 回目は,2017 年より提供を開始した,アジア語圏特許を英語に 翻訳するサービス をご紹介します.

【 STEP 1 】

申込みフォーム

http://www2.fiz-karlsruhe.de/
autodoc_pt_form.html

に必要事項を入力し送信

【 STEP 2 】

FIZ <autodoc@fiz-karlsruhe.de>
より送信される電子メールに翻訳を
依頼する特許の PDF ファイルを添付し
返信

【 STEP 3 】

英訳された特許
(原則PDF ファイル)は
電子メールの添付ファイル
にて納品

FIZ AutoDoc のログインID は,登録料,年会費などの維持費は一切かかりません.

↓ お問合せ・お申込みはこちら ↓

FIZ AutoDoc 担当 E-mail: autodoc-dds@jaici.or.jp TEL: 0120-151-462 FAX: 03-5978-4090

P.22 STNews Vol.33, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

STNへようこそ ひとこと広場

P.23 STNews Vol.33, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

CAS RN® 正しく活用するためには?

CAS 登録番号 (CAS RN®) に関する知識を深め,正しくご活用いただくために表記や
ライセンス取得方法,データ利用制限についてご説明するセミナーです.CAS RN®
がわからない時に利用できるサービスについてもご紹介します.

東京会場 6月13日(火),14日(水) 10:00-12:00
大阪会場 6月20日(火) 10:00-12:00

ユーザーミーティング

今年も STN ユーザーミーティングの季節がやって来ました!

STN の最新情報とその活用法についてご紹介します.今回初めてご紹介する新しいサービス等も予定しておりますので,ぜひご出席ください.

東京会場 6月13日(火),14日(水) 13:00-17:00
大阪会場 6月20日(火) 13:00-17:00

P.24 STNews Vol.33, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

STN 東京サービスセンター JAICI化学情報協会