S T N e w s

Vol.34,  春号 2018年

Vol.34 春号 2018年発行 日本版 編集・発行:化学情報協会

目     次
STNext 新しくなった構造作図ツール 2
STN 新プラットフォーム
~ REAXYSFILE ファイルの活用 ~
7
こんなケースで利用できます!
テキスト中の数値検索!
12
CHEMLIST ファイル 16
CSNB ファイル 16
EMBASE ファイル 16
MEDLINE ファイル 16
WPINDEX/WPIDS/WPIX ファイル 17
STNext 18
STN Express 19
STN 講習会 20
ホームページの資料掲載のお知らせ 20
STN 定期講習会のお知らせ 20
スタッフ紹介 21
PatentPak 22
ひとこと広場 23
STN ユーザーミーティング 24

P.1 STNews Vol.34, 春号  《 STNews ホームページ 》

新しくなった構造作図ツール

STNext は Classic STN の新しいインターフェースです.STNext では構造作図ツールが刷新され,STN Express や STN on the Web より簡単に直感的な操作で作図できるようになりました.

新しく追加された機能や,STN Express/STN on the Web と大きく変わった作図ツールをご紹介します.

作図方法の詳細は,STNext 構造作図ガイド (https://www.jaici.or.jp/stnext/nextstr.pdf) をご覧ください.

構造の呼び出し

STNext の構造作図ツールでは,4 種類の方法で構造を呼び出すことができます.呼び出した構造は,そのまま検索に利用したり,編集してから検索に利用することも可能です.

置換基の追加禁止 ~ Lock Atoms ツール ~

特定のノードへの置換基の追加を禁止する Lock Atoms ツールが新たに追加されました.Lock Atoms ツールを使うと,置換禁止の指定を簡単に行うことができます.

複数の置換基を一つにまとめる ~ R グループツール ~

R グループツールは,一つのノードに複数の原子やショートカット,可変原子,フラグメントを指定する機能です.STN Express/STN on the Web の 「G グループ」 に相当します.

原子,ショートカット,可変原子は,R グループツールから指定します.

フラグメントを R グループに指定する ~ Fn ツール ~

フラグメントを R グループに含めたい場合は,Fn ツールでフラグメントに結合点を指定した後に,R グループツールの Fragments から選択します.

環の孤立化 ~ Lock Rings ツール ~

Lock Rings ツールは,作図した環系に他の環が縮合またはスピロ型結合しないように指定する機能です.STNext では,クリック操作で環の孤立を指定します.

参考 : 鎖構造が環の一部になることを許容する

鎖構造の結合属性は,デフォールトで 「鎖 (Chain)」 に設定されています.このような鎖構造に Lock Rings ツールを使用すると,結合属性が 「環/鎖 (Ring/Chain)」 に変化し,環になることを許容できます.

P.2-P.6 STNews Vol.34, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

STN 新プラットフォーム

STN 新プラットフォーム

~ REAXYSFILE ファイルの活用 ~

化学物質に関する文献情報の調査には,REGISTRY/MARPAT/CAplus と DCR/DWPIM/DWPI ファイルに加え,REAXYSFILESub/REAXYSFILEBib ファイルも利用すると網羅性が高まります.

近年 REAXYSFILEBib ファイルは収録源を拡大しました.収録対象雑誌が大幅に増加し,アジア特許も追加されました.

本号では REAXYSFILEBib/REAXYSFILESub ファイルの特許の収録状況および複数ファイルを用いた物質調査の検索例をご紹介します.

REAXYSFILESub ファイルは有機,無機,有機金属化合物など幅広い物質情報を収録し,2018 年 2 月現在,約 90 % のレコードに物性情報が収録されています.これらの物質の出典情報を収録しているのが,REAXYSFILEBib ファイルです.

製作者 Elsevier Information Systems GmbH
収録期間 1771 年以降
収録源 1771 年以降の化学分野の主要雑誌論文
1850~1980,1976 年以降の特許 (言語,発行機関,IPC により選択)
1771~1959 年 Friedrich Beilstein 発行の Handbook of Organic Chemistry
1817~1995 年 GMELIN Handbook of Inorganic Chemistry
収録物質 有機化合物,無機化合物,有機金属化合物,ポリマー (1995 年~),
生体分子 (1995 年~), マルクーシュ構造 (2003 年~, マルクーシュ構造の構造検索は不可)
収録内容
REAXYSFILESub 化学物質情報,物性情報
REAXYSFILEBib REAXYSFILESub ファイルに収録された化学物質の出典情報
レコード構成
REAXYSFILESub 化学物質単位 (2018 年 2 月現在 2,700 万件以上)
REAXYSFILEBib 文献単位 (2018 年 2 月現在 680 万件以上)

収録源

2018 年 2 月現在,REAXYSFILEBib ファイルには約 680 万件のレコードが収録されています.その内,雑誌が 77%,特許が 16% を占めています.

雑誌

1771 年以降の化学分野の主要雑誌論文 450 誌に加えて,2016 年に収録源を拡大し,化学関連分野の約 15,000 誌を追加しました.REAXYSFILESub ファイルに収録される化学物質およびその物性情報の抽出方法は雑誌により異なります.

化学分野の主要雑誌論文 450 誌
: 全文から人手で化学物質およびその物性情報を抽出
2016 年以降に追加された約 15,000 誌
: 全文から自然言語処理技術を用いて化学物質およびその物性情報を抽出

特許

REAXYSFILEBib ファイルには 1850 年以降の特許が収録されています.年代により収録対象国は異なり,現在では下図の特許のうち以下の 4 種類の国際特許分類に該当する特許を収録対象としています.

- C07 (有機化学), A01N (殺菌剤,殺虫剤,除草剤), A61K (医薬用,歯科用または化粧用製剤), C09B (染料)

*1 1850-1980 年に収録されている特許発行国は約 20 ヶ国ほどありますが,殆どが米国特許とドイツ特許です.

*2 英語で書かれた特許のみ

*3 英語抄録を有する特許のみ

アジア特許の収録状況

CAplus/REGISTRY, DWPI/DCR, REAXYSFILEBib/REAXYSFILESub の過去 5 年間の日本,韓国,中国,台湾特許の収録件数を示します.

REAXYSFILEBib ファイルでは,日本,韓国特許は 2015 年以降,中国,台湾特許は 2016 年以降から収録されています.

検索式 (2018.2.6 検索)

CAplus, DWPI
: 特許発行国/PC (U) 特許発行年/PY
* CAplus, DWPI ファイルのレコード構成は発明単位です.
REAXYSFILEBib
: 特許発行国の国コード*/PN AND 特許発行年/PY
* REAXYSFILEBib ファイルには特許発行国を検索する検索フィールドがないため,特許番号検索
  フィールド (/PN) を利用します.

CAplus, DWPI, REAXYSFILEBib ファイルの上記の検索結果を Get Substances した結果が,REGISTRY, DCR, REAXYSFILESub ファイルの件数です.

REAXYSFILEBib ファイルの収録対象特許は,5 ヶ国と 2 国際機関の特許のみであり,さらに IPC や言語によっても限定されるため,CAplus, DWPI ファイルに比べて収録件数が少ないのが現状です.しかし,CAplus, DWPI ファイルのレコードが特許ファミリー単位であるのに対して,REAXYSFILEBib ファイルは公報単位です.そのため,CAplus, DWPI ファイルで索引対象にならなかった対応特許の物質情報が REAXYSFILESub ファイルに収録されている場合があります.

下記は WO2011078295 のファミリー情報を示しています.CAplus ファイルのベーシック特許は WO2011078295,DWPI ファイルのベーシック特許は US20110160433 です.これらのベーシック特許から特定物質およびマルクーシュ構造が収録されています.

一方 REAXYSFILEBib ファイルには,US20110160433 と EP2518041 の特許が収録されています.そのため,CAplus, DWPI ファイルでは索引対象外の EP2518041 由来の物質情報が REAXYSFILESub ファイルでのみ確認できます.

REAXYSFILESub ファイルでヒットした化学物質の出典を知りたい場合は,REAXYSFILEBib ファイルへクロスオーバー検索します.クロスオーバーの方法は REGISTRY, MARPAT と CAplus や DCR, DWPIM と DWPI ファイルと同じく REFX コマンドを利用します.

検索例 : 抗マラリア薬アルテミシニンに関する特許を調べます.

今回は CAplus > DWPI > REAXYSFILEBib ファイルの優先順位で回答を確認します.

ヒットした回答 (L5)

P.7-P.11 STNews Vol.34, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Fiz Database

STN 独自の 「テキスト中の数値検索」 は,文献・特許レコード中に記載のある数値 (長さ,重さ,温度など) を,その単位とセットで検索できる大変便利な機能です.レコード中の英語のテキストをアルゴリズムにより解析し,数値を検索できるように作成しています.

現在,55 の物理学的・化学的物性値を検索できます.この中でも,パーセントや長さなどの物性は,数値の検索ができるレコードが多く,利用度が高いと言えます.本記事では,これらを用いた活用例をご紹介します.

WPI ファイルでは,約 24% の
レコードで数値検索を利用できます

数値検索の入力

「テキスト中の数値検索」 は,2 種類の入力方法があります.下表 ① のように具体的な数値を入力することができます.また ② のように,数値を入力せずに物性の数値について記載がある箇所を検索することも可能です.

① 数値と単位をセットで検索する場合 ② 物性の数値について記載のある箇所を検索する場合
=> S 数値 単位*/数値検索フィールド => S 数値検索フィールド/PHP
入力例 (長さのフィールド : LEN,デフォールトの単位 : m) 入力例
=> S 60/LEN ← 長さ 60m の検索 => S PER/PHP ← パーセントの記載を検索
=> S 10-30nm/LEN ← 長さ 10-30nm の検索 => S LEN/PHP ← 長さの記載を検索
=> S 60<=LEN ← 長さ 60m 以上の検索 => S TIM/PHP ← 時間の記載を検索

* 単位を省略すると,デフォールトの単位で検索されます

さらに,近接演算子を用いてキーワード検索と数値検索を組み合わせると,より精度の高い検索が実行できます.

キーワードを組み合わせる場合 入力例
=> S キーワード (近接演算子) 数値検索 => S TRANSPAREN? (1A) 90/PER ← 90% の透過性を検索
=> S PORE (2A) 10-20NM/LEN ← 10-20nm の孔を検索
=> S REACT? (3A) TIM/PHP ← 反応時間の記載を検索

テキスト中の数値検索機能が利用できるファイル

現在,「テキスト中の数値検索」 は,Classic STN の約 20 ファイルで利用できます.新しいインターフェース STNext では,ログイン後の画面右側 Databases タブ中の,NPS クラスターから確認できます.

・ 特許抄録データベース
WPINDEX/WPIDS/WPIX

・ 特許全文データベース
AUPATFULL,CANPATFULL,CNFULL,DEFULL,INFULL,JPFULL,PCTFULL

・ 文献データベース (工学)
COMPENDEX,METADEX

・ 文献データベース (ライフサイエンス)
CABA,PQScitech

・ 文献データベース (農学,食品,他)
AGRICOLA,FSTA,1MOBILITY,2MOBILITY,AEROSPACE,
ENCOMPPAT/2,TULSA/2

活用例

配列の相同性パーセントの検索

通常配列の相同性は,REGISTRY や DGENE ファイルなどのファイルで,配列情報から検索しますが,本例では,別のアプローチとして,キーワードと 「テキスト中の数値検索」 で検索し,回答を確認しました.

合金の組成パーセントの検索

通常合金の検索は,REGISTRY ファイルで元素種 (/ELS) などから検索します.しかし合金の組成パーセントは検索が難しい部分です.本例では, 「テキスト中の数値検索」 と近接演算子の組み合わせを用いて組成の検索を検討しました.

粒径の検索

「テキスト中の数値検索機能」 は,代表的な工学系の文献データベースである CONPENDEX ファイルでも利用できます.

本記事では,「テキスト中の数値検索」 機能を,活用事例と共にご紹介しました.優先的に関連の高いレコードを確認する際,

「テキスト中の数値検索」 機能は,大変便利です.ぜひご活用ください!

* 「テキスト中の数値検索」 機能は,英語のテキストをアルゴリズムにより解析し作成していますが,

テキストの記載は様々であり,すべて抽出されているわけではありません.

「テキスト中の数値検索」 機能についての詳細はこちらをご覧ください https://www.jaici.or.jp/stn/stn_doc.html?id=08

P.12-P.15 STNews Vol.34, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

CHEMLIST ファイル

- ベトナム国家化学物質インベントリーの収録開始

CHEMLIST ファイルは,化学物質の規制情報を収録するデータベースです.

ベトナム既存化学物質リスト「Vietnam National Existing Chemical Inventory(VNECI)」のドラフト版の情報(約 4,900 件)が収録されました.

◇ CAS 登録番号(CAS RN®)の照合

CHEMLIST ファイルに VNECI の情報を収録する際,CAS の専門スタッフが化学物質名称と CAS RN® の照合を行っています.リスト上で誤った CAS RN® が記載されていた場合は修正を行います.正しい CAS RN® が RN フィールドに収録され,VNECI 記載の CAS RN® が RLN フィールドに収録されます.

◇ レコード例(IDE 表示形式)

VNECI の詳細は,CHEMLIST ファイルに入り => HELP VNECI と入力してご確認ください.

P.16 STNews Vol.34, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

CSNB ファイル

- サービス中止

CSNB(Chemical Safety NewsBase)ファイルは,データベース製作者の意向により,2017 年 12 月 18 日をもってサービスを中止しました.今後,化学物質の安全性に関する文献調査には,SAFETY クラスター,RTECS, MSDS-OHS, CAplus, CEABA-VTB, CHEMLIST, CIN ファイルをご利用ください.

P.16 STNews Vol.34, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

EMBASE ファイル

- EMTREE 語のオンラインシソーラス更新

EMBASE ファイルは,生物医学および医学・薬学分野の文献を収録するデータベースです.

2018 年 1 月に,EMTREE 語オンラインシソーラスの更新が行われ,新規ターム 1,397 個(drug terms 295個, non-drug terms 1,102 個)が追加されました.新規タームおよび変更されたタームのリストは Elsevier 社のサイトをご参照ください.

https://service.elsevier.com/app/answers/detail/a_id/16354/p/10882/supporthub/embase/related/1/

なお,ファイル全体の索引語の書き換えは,今後も不定期に実行されます.このため,非優先語(オンラインシソーラス中の UF で表示されるターム)でもレコード件数がある場合は,UF も含めて検索してください.アラート(自動 SDI 検索)の質問式の見直しを行い,必要により変更してください.

P.16 STNews Vol.34, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

MEDLINE ファイル

- リロード

MEDLINE ファイルは,医学・薬学分野の世界中の文献を収録するデータベースです.

当ファイルでは,統制語 MeSH(Medical Subject Headings)が毎年改訂されています.1 月 27 日にリロードが行われ,2018 年版 MeSH に対応しました.

追加されたディスクリプタ数 471
新しい用語に置き換えられたディスクリプタ数 106
削除されたディスクリプタ数 7
削除されたサブヘディング数 1

◇ 2018 年版 MeSH の主な変更点

(1) サブヘディング CT(Contraindications,禁忌)の削除

サブヘディング CT が削除され,それに置き換わる下記 3 つの MeSH タームが新設されました.

* Contraindications の下位に Contraindications, Drug と Contraindications, Procedure が含まれます.

(2) 資料種類(DT)の追加

下記の資料種類が追加されました.

Adaptive Clinical Trial

Equivalence Trial

- Expression of Concern

資料種類 Clinical Trial との関係は下記の通りです.

* => S CLINICAL TRIAL/DT と検索すると,自動的に下位の資料種類も含めて検索されます.

2018 年版 MeSH についての詳細は,NLM のサイトをご参照ください.

https://www.nlm.nih.gov/pubs/techbull/nd17/nd17_mesh.html

P.16-P.17 STNews Vol.34, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

WPINDEX/WPIDS/WPIX ファイル

- 中国特実同日出願をファミリーに,マニュアルコード改訂

WPI ファイルは,世界の 50 特許発行機関の特許および 2 技術公開誌の情報を収録するデータベースです.

■ 中国特実同日出願をファミリーに

DW(ダウエントアップデート)201809 より,中国特実同日出願を特許ファミリーとして識別できるようになりました.

◇ 特許ファミリー構成のプロセス

中国特実同日出願を同定するため,Clarivate Analytics 社は,機械学習と人手の確認を組み合わせた新しいプロセスを導入しました.これにより,中国特実同日出願の同定が公報発行後数日以内に行われ,特許ファミリーが作成されます.詳細は,Clarivate Analytics 社のサイトをご参照ください.

https://clarivate.com/blog/ip-standards/chinese-dual-filings-now-linked-within-dwpi-families/

中国特実同日出願については,特許庁のサイトをご参照ください.

https://www.jpo.go.jp/torikumi/kokusai/kokusai3/china_patent_law.htm

◇ レコード例(BIB 表示形式)

■ マニュアルコード改訂

WPI ファイルでは,特許情報が 3 つの分野(CPI,GMPI,EPI)に分類されており,そのうち CPI(Chemical Patents Index),EPI(Electrical Patents Index)セグメントおよび,GMPI(General and Mechanical Patents Index)の Q セクションの特許にマニュアルコードが付与されています.

マニュアルコードが 2018 年版に改訂され,DW(ダウエントアップデート)201801 より 2018 年版マニュアルコードが使用されています.STN のマニュアルコードのオンラインシソーラスも 2018 年版に対応しています.

◇ 新しく追加されたコード

36 個(CPI:15 個,EPI/GMPI:21 個)

◇ 主な変更点

沈降防止剤(高分子添加剤)に関する新コード A08-S09
タンパク質のアミノ酸配列決定に関する新コード B11-C08E9
C11-C08E9
IoT(Internet-of-Things)技術に関する新コード W05-D06E1
W05-D06E1A
W05-D06E1C
車両の盗難/ハッキング防止に関する新コード X21-X03

2018 年版マニュアルコードの詳細は,Clarivare Analytics 社のサイトをご参照ください.

https://clarivate.com/products/dwpi-reference-center/dwpi-manual-code

◇ 検索およびアラート(自動 SDI 検索)の注意点

マニュアルコードを用いた検索を行う際は新コードをご利用ください.また,アラート(自動 SDI 検索)の質問式の見直しを行い,必要により変更してください.

各ファイル記事の補足情報

各ファイルの記事に関する補足情報はサマリーシートをご参照ください.

www.cas.org/products/stn/dbss(最新の英語版)

www.jaici.or.jp/stn/dbsummary/db.html(和訳版)

ヘルプデスク

www.jaici.or.jp/helpdesk/index.htm

STN 技術資料

www.jaici.or.jp/stn/stn_doc.html

P.17-P.18 STNews Vol.34, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

STNext

- 機能強化

STNext は Classic STN のすべてのコンテンツにアクセスできる Web インターフェースです.昨年 12 月以降の強化は下記の通りです.

■ Patent Family Manager

Patent Family Manager は,関連特許ファミリーごとの並び替えや CAplus/CA ファイルのダブルベーシック特許の重複除去を自動的に実行する機能です.

◇ 利用方法

History タブから Patent Family Manager を開きます.

自動実行したい操作を下記 ①~③ から選択します.

① Extract the first member basics from each patent family
回答セットを FSORT し,各特許ファミリーの first member(最新の 1 件)を抽出.(上限 5,000 件)

② Remove twin multiple basics from patent amilies in CA/CAplus
CAplus/CA ファイルの回答セットに同一の化学物質索引を持つダブルベーシック特許のレコードが含まれていた場合,片方のみを残す.(上限 5,000 件)

③ Custom Display Format
回答セットの特許ファミリーを FSORT して回答を表示.(上限 5,000 件)

■ REGISTRY BLAST

REGISTRY ファイルで BLAST ホモロジー検索を実行するための REGISTRY BLAST ソフトウェアが追加されました.

◇ ソフトウェアのインストール(初回一回のみ)

① 下記サイトへアクセス
https://next.stn.org/stn/downloads/blast-download.html

② 「Download」をクリックし blast_installer.exe を保存

③ ダウンロードした blast_installer.exe ファイルを実行してインストールすると,C:Program Files に BLAST 5.0.16 フォルダが作成されます.
* BLAST.exe のショートカットを作成しておくと便利.

◇ 利用方法

REGISTRY BLAST ホモロジー検索の方法は,STN Express, STN on the Web と同じです.「核酸・タンパク質配列検索」講習会テキストの B 章をご参照ください.

REGISTRY BLAST ソフトウェアで検索し,得られた配列について STN で引き続き検索するには Scripts を作成します.

詳細は下記資料をご参照ください.

https://www.jaici.or.jp/stnext/news20171205.pdf

STN Express のアライメントレポートに相当する機能は,今後搭載予定です.

■ L 番号のハイパーリンク

History タブに表示される検索履歴の L 番号(ハイパーリンク)をクリックすると,セッション中の対応する L 番号に移動できます.画面をスクロールして L 番号を探す必要がなく,効率的にセッションを確認できます.

■ 構造質問式の印刷

構造作図ツールの Print アイコンをクリックして,構造質問式の構造や属性を印刷できるようになりました.

■ 再接続前の履歴の表示選択

再接続をする際に,再接続前のセッション履歴のリロードを選択するダイアログが表示されるようになりました.

Yes を選択すると,以前の履歴をリロードします.

No を選択すると,履歴をリロードすることなく再接続メッセージが表示されます.

■ ヒットタームハイライトの強化

テキスト形式および ZIP 形式の Transcript にヒットタームハイライトが含まれるようになりました.ヒットタームは "***" を付けて強調表示されます.行全体をハイライト表示する場合は,行末に "←" が表示されます.

P.18-P.19 STNews Vol.34, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

STN Express

- サポートファイルの更新,SSL-VPN 接続用アドオン更新のお願い

STN Express は,STN を使った各種検索や,検索結果の解析・加工ができる総合的なソフトウェアです.最新バージョンは V.8.6 です

■ サポートファイルの更新

新しいサポートファイルがリリースされました.

◇ 主な内容

- CAplus/CA ファイルの CA Lexicon を最新版に更新

- CAplus/CA ファイルの所属機関シソーラスを最新版に更新

更新用ファイルは STN Express 起動時に自動的にダウンロード,インストールされます.ただし,手動更新を行っている場合は,下記サイトから STN Express サポートファイルを入手して更新を実行してください.

https://casweb.cas.org/stnexpress/html/japanese/login.html

■ SSL-VPN 接続用アドオン更新のお願い

STN の接続には telnet(RSA による暗号化機能付)または SSL-VPN を使用します.

このたび CAS は STN Express の SSL-VPN 接続サーバーを変更しました.これに伴い,SSL-VPN 接続に必要なウェブブラウザのアドオンも変更されました.2018 年 1 月 10 日以降,SSL-VPN 接続を最初に行う際には,最新版の Pulse Secure JSAM アドオンのインストールが必要です.インストール手順は下記をご参照ください.

https://www.jaici.or.jp/cass/jsam.pdf

なお,telnet 接続で STN Express をご利用の方はアドオンのインストールは不要です.

P.19 STNews Vol.34, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

STN講習会

STN を検索する際に必要な知識や技術を身につけていただけるように,検索に必要なコマンドや,各データベースの概要,検索のポイントなどをご説明する講習会を毎月開催しています.

会場は東京会場,または大阪会場です.

各会場での開催内容と日程につきましては,同封のリーフレットまたは弊協会ホームページをご覧ください.

STN 講習会のサイト
https://www.jaici.or.jp/seminar/index.php

P.20 STNews Vol.34, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

ホームページの資料掲載のお知らせ

2017 年 12 ~ 2018 年 1 月に化学情報協会ホームページに掲載した STN 関連の資料をお知らせします.

ぜひご活用ください.

■新規掲載資料

資料名 内 容
STN データベースカタログ 2018 STN の全データベースを分野別にまとめたカタログ
STNews Vol.34 冬号 STNews(本冊子)の前号
STNews 年間索引 2017 年版 2017 年発行の STNews(Vol.33)の年間索引

P.20 STNews Vol.34, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

STN 定期講習会のお知らせ

従来,Classic STN の定期講習会では STN Express(東京会場)または STN on the Web(大阪会場)を実習用インターフェースとして使用しておりましたが,2018 年 4 月より STNext に変更致します(東京会場・大阪会場共通).

なお Classic STN のコマンドは STNext,STN on the Web,STN Express ですべて共通にお使いいただけますので,講習会でご説明するデータベースのコンテンツやコマンドに変更はありません.

P.20 STNews Vol.34, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

スタッフ紹介

うえき

かなこ

植木

加奈子

化学情報協会
情報事業部
マーケティンググループ

昨年 11 月に情報事業部マーケティンググループに配属となりました,植木 加奈子(うえき かなこ)と申します.

大学では高分子化学を専攻しており,生分解性ポリマーの合成をテーマに研究しておりました.学生時代に初めて SciFinder を使った際,化学構造式を描いて検索できる事にとても感動した覚えがあります.

大学院卒業後は化学メーカーの研究開発部門で材料設計を担当しておりました.配属当初の私は,問題が発生したら自分の頭の中だけで解決策を見出そうと奮闘していました.なかなか解決の糸口が掴めず悩んでいた際,本部長が朝礼でこのようなお話をしていました.「困った時にはまず情報を探して下さい.大抵のことは既にどこかで報告されています.問題解決も,イノベーションも,常に情報を取りに行く姿勢でないと実現できません.」自分で考える事はとても大事ですが,この話を機に,誰かが報告済みの課題を,同じように時間を掛けて取り組むのは生産性がないと考えるようになりました.その後,他社特許を調査したことで,課題解決の糸口となる情報を得る事が出来ました.情報を知っているか否かで,業務の進行がここまで違うのかと痛感しました.

化学情報協会に入社後,STN に触れて,化学物質に関する幅広い情報を豊富に備えているだけでなく,コア技術と言える様な詳細条件さえも,指定出来る検索ツールが存在していた事にとても驚きました.

この度ご縁があって,情報検索ツールの技術営業となりました.皆様に有益な情報をすぐに見つけて頂けるよう,様々なご提案をして参りたいと思っています.今後の技術発展に少しでも貢献する事を目標に,日々精進致しますので,どうぞよろしくお願いいたします.

P.21 STNews Vol.34, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

検索結果と特許明細書を繋ぐ

SciFinderSTN の情報検索が終わっても,特許調査は終わりではありません.PatentPak は検索結果と特許明細書を繋ぎ,明細書中の化学物質の確認を容易にする画期的な新機能です.特許明細書のチェックにこれまで費やしてきた多大な労力や時間を削減できるチャンスです.

お問い合わせは …

化学情報協会 情報事業部 へ

https://www.jaici.or.jp/

P.22 STNews Vol.34, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

STNへようこそ ひとこと広場

『ご当地カレー』 年末年始にかけて札幌と名古屋に旅行で行ってきました.旅行といえばその土地のご飯とお酒が楽しみですよね.そしてお酒の“しめ”に,札幌ではスープカレー,名古屋ではカレーうどんを食べて,明日にお酒が残らないように!と祈りながら眠りにつきました.次の日はもちろん二日酔いでしたが…“しめ”も含めて美味しい旅行でした.後で知ったのですが,札幌では最近“しめ”にパフェが人気とのことです.どうして“しめ”は高カロリーなものが多いのでしょうか?マーケティンググループ YC

『ドローン』 2018 年平昌オリンピックをご覧になりましたか?様々な競技が放映されていたので楽しかったです.競技とは別に私が驚いたのは,開会式・閉会式のドローンによる演出です.開会式では 1218機がスノーボードをする人や五輪マークなど作り,閉会式では300 機でオリンピックのマスコットをかわいく作り出していました.今後,私たちの生活にドローンがどのように関わってくるのか楽しみです. テクニカルグループ AT

『平昌オリンピック』 最近の一番の話題といえば平昌オリンピックでしょうか.開会前はいまひとつ盛り上がりに欠ける印象を持っていましたが,輝かしい結果を出した選手も多くメダル以外でも素敵なシーンがたくさんありました. 中でも印象に残ったのはスピードスケートの小平選手です.オリンピックレコードで優勝を掴んだ滑りもさることながら,競い合った選手への心遣いやインタビューでの言葉 (メダルは名誉なことだが生き方が大切)にはとても心を動かされました. オリンピックを機会に,これまであまり観戦することのなかった競技も今後は見ていこうと思います. カスタマーグループ SI

P.23 STNews Vol.34, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

毎年 CAS FILES の強化,ならびに新規/既存ファイルの
ご紹介を行う STN ユーザーミーティングを 6 月に開催いたします.

参加費は無料です.

ご都合のよろしい会場を選択して,どうぞお気軽にお申込みください.

6/12 (火) 10:00-17:00 大阪(千里ライフサイエンスセンター ライフホール)

6/19 (火) 10:00-17:00 東京(ベルサール神保町 ルーム A,B,C)

6/20 (水) 10:00-17:00 東京(ベルサール神保町 ルーム A,B,C)

詳細なテーマやタイムスケジュールは決まり次第,弊協会ホームページや STNewsline 等で

ご案内いたします.https://www.jaici.or.jp/seminar/index.php1

お申し込み方法などの詳細は,弊協会ホームページをご覧ください.

P.24 STNews Vol.34, 春号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

STN 東京サービスセンター JAICI化学情報協会