S T N e w s

Vol.34,  秋号 2018年

Vol.34 秋号 2018年発行 日本版 編集・発行:化学情報協会

目     次
Step Up ! 文献検索 2
STN 新プラットフォームで最新情報をチェックしよう! 8
特許侵害情報,ライセンス情報をビジネス情報から探す 14
EMBASE ファイル 19
PIRA ファイル 19
RAPRA ファイル 19
STNext 19
CAS 製品のセキュリティ強化に関するお知らせ 20
STN 講習会 21
ホームページの資料掲載のお知らせ 21
FIZ AutoDoc 原報複写サービス Vol. 8 22
ひとこと広場 23
2018 特許・情報フェア&コンファレンス出展のお知らせ 24

P.1 STNews Vol.34, 秋号  《 STNews ホームページ 》

~ DOI,印刷版発行前の文献,電子版発行年,重複文献除去について ~

STN の多くの文献ファイルに,DOI(デジタルオブジェクト識別子)や印刷版発行前の文献が収録されていることをご存じでしょうか?2012 年頃からこれらの収録が開始されましたので,本記事では現在の収録状況と重複文献除去への影響についてご説明します.

■ DOI(デジタルオブジェクト識別子)の収録

DOI は,雑誌論文など著作物の電子データに付与される永続的な識別子です.データベースを DOI で検索してレコードを特定する事はもちろん,原文献の注文にもお使いいただけます.

DOI の前に「https://doi.org/」を付ければ,直接該当記事にアクセスできます.

◇ 収録状況

現在,多くの非特許文献データベースに DOI が収録されています.主なデータベースにおける DOI の収録状況と,DOI を収録している文献データベースについて,以下の表にまとめました.

ファイル名 CAplus MEDLINE EMBASE BIOSIS SciSearch
分野 化学 医学・薬学 医学・薬学 生物学 科学
DOI を含むレコード 1,873 万件 1,292 万件 1,392 万件 561 万件 1,324 万件
対象レコードに対する割合 54 %
(特許は除く)
45 % 59 %
(MEDLINE 由来は除く)
21 % 29 %
DOI を収録する文献データベース

DOI フィールドに DOI を収録:

BIOSIS,CAplus/CA(HCAplus/HCA,ZCAplus/ZCA),EMBASE,MEDLINE,SCISEARCH,TOXCENTER

SO フィールドに DOI を収録:

AEROSPACE,CABA,COMPENDEX,ENCOMPLIT/2,FSTA,GEOREF,METADEX,PQSCITECH,RAPRA,TULSA/2

◇ 表示例

DOI は DOI フィールド,あるいは SO フィールドに収録されます.前者は /DOI フィールドで,後者は /SO フィールドで検索できます.

■ 印刷版発行前の文献の収録

CAplus ファイル,EMBASE ファイル,MEDLINE ファイルでは,いち早く文献を検索できるようにするため,印刷版発行前に電子的に公開された文献情報を収録しています.レコードが作成された時点では,雑誌の巻・号・ページなどの情報はありませんが,後に完全な書誌情報が収録されます.印刷版発行前のレコードは,以下の検索式で識別できます.

ファイル名 表示フィールド 印刷版発行前を表す表示 検索式
CAplus 収録源(SO) Ahead of Print => S AHEAD OF PRINT/SO
MEDLINE ファイルセグメント(FS) EPUB AHEAD OF PRINT => S EPUB AHEAD OF PRINT/FS
EMBASE 資料種類(DT) Article in Press => S ARTICLE IN PRESS/DT

◇ 表示例

EMBASE ファイルの例をご覧ください.印刷版発行前のレコードは,資料種類(DT)に Article in Press と表示され,書誌情報が不完全です.印刷版発行後,完全な書誌情報が収録され,Article in Press の表示が削除されます.CAplus ファイルや MEDLINE ファイルも同様です.尚,前ページでご紹介した DOI は,通常,印刷版発行前のレコードの段階で収録されています.

* EMBASE ファイルは 2016 年 11 月に速報版 EMBAL ファイルと統合されたため,
印刷版発行前の文献が収録されるようになりました

■ 電子版発行年の収録

雑誌の発行年(PY)はどの文献ファイルでも検索できますが,MEDLINE ファイルでは,さらに電子版発行年(EPY)も検索できます.CAplus ファイルや EMBASE ファイルでは電子版発行年が収録されていないため,原文献のサイトでないと確認できない情報です(電子版発行年は,すべてのレコードに収録されているわけではありません).

◇ 表示例

MEDLINE ファイルの例をご覧ください.収録源(SO)フィールドに Electronic Publication Date として,電子版発行年が収録されていることがわかります.

■ 重複文献除去への影響

複数の文献ファイルを検索した時に,各ファイルに重複して含まれるレコードを除去すると,効率的に回答を確認できます.
DOI や印刷版発行前の文献が収録されたことで,重複除去機能に影響はあるのでしょうか?

◇ DOI

システムが重複文献を検出する際,非特許文献では以下のフィールドが使われています.先にご紹介しました DOI は,重複文献の検出に使われておりません.

非特許文献の重複文献検出キー
発行年,記事・資料種類,開始ページ,巻,号,ISSN,CODEN,著者,標題
* 標題は補助的に利用

◇ 印刷版発行前の文献

印刷版発行前の文献レコードは,重複文献除去に影響することがあります.次の例のように,ファイル間の書誌情報が一致しない場合,システム側が「重複文献」と判断できず,重複を除くことができません.

◇ 重複文献除去ができない例

以下は,ある時点での CAplus ファイルと MEDLINE ファイルの同じ文献由来のレコードです.完全な書誌情報が収録されるタイミングは異なります.

では,これまでご紹介した内容を,検索例でご覧ください.

■ 検索例

多発性骨髄腫の治療薬 Selinexor(KPT-330)の 2018 年の文献を MEDLINE,EMBASE ファイルで検索する.重複レコードを除いて出力する.

本記事では DOI や印刷版発行前の文献の現在の収録状況,電子版発行年,および重複文献除去への影響についてご紹介しました.重複文献除去のコマンドについての詳細は,「医学・薬学情報検索」テキストの D 章をご覧ください.(www.jaici.or.jp/stn/pdf/text_iyaku.pdf

P.2-P.7 STNews Vol.34, 秋号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

STN 新プラットフォームで
最新情報をチェックしよう!

STN 新プラットフォームでは,ヒストリーパネルの L 番号や回答数をクリックすると再検索が実行され,常に最新の情報を含む回答を得ることができます.

新たにヒットした回答や,更新された回答だけ確認したい場合には,
Setup Update / Run Update 機能を使ってマニュアルアラートを登録/実行します.

Setup Update を設定した質問式は,Run Update をクリックしてアラートを実行すると,「新しくヒットしたレコード(New)」「更新されたレコード(Changed)」「ヒットしなくなったレコード(Deleted)」を別々に確認できます.

ヒストリーパネルで,アラートを登録したい L 番号の をクリックします(Setup Update).検索が実行され,登録日の情報が設定されます.

※ Setup Update を実行できる回答集合の上限は 5,000 件です.
5,000 件を超える回答に対してマニュアルアラートを設定する
ことはできません.

マニュアルアラートを設定したプロジェクトは,プロジェクト一覧画面にも が表示されます.

ヒストリーパネルの をクリックし,表示される をクリックしてマニュアルアラートを実行します.

マニュアルアラートを実行すると,実行日の情報がヒストリーパネルに記載され,今回の検索でヒットしたすべての回答が回答表示パネルに表示されます.

前回との差分は,ヒストリーパネルの「New」「Changed」「Deleted」に表示されます.「New」や「Changed」の回答数をクリックすると,新たにヒットした回答や更新された回答のみを確認できます.

※ Run Update を実行できる回答集合の上限は 10,000 件です.10,000 件を超える回答が得られると,
ヒストリーパネルのアイコンが に変わり,それ以降 Run Update を実行できなくなります.

これまでのマニュアルアラートの履歴は,Show Previous Results をクリックすると表示できます.

1. REGISTRY,MARPAT,DCR,DWPIM ファイルで部分構造検索を実行
(N のマッチレベルは「原子」とする)

2. 構造検索の結果を CAplus,DWPI ファイルへクロスオーバー

3. マニュアルアラートの登録

4. 1 週間ごとに,最新の回答をチェック

Settings の Cross File Search にチェックを入れると,CAplus ⇔ REGISTRY,MARPAT,DWPI ⇔ DCR,DWPIM 間のクロスオーバー検索を自動的に実行できます.自動クロスオーバー検索の回答に対して設定したマニュアルアラートでは,文献データベースと物質データベースの両方の更新を確認できます.

P.8-P.13 STNews Vol.34, 秋号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

CBNB

特許侵害情報,ライセンス情報を
ビジネス情報から探す

CBNB(Chemical Business NewsBase)ファイルは,世界中の化学工業に関して様々な側面からのニュース情報を収録しているデータベースです.例えば,企業,製品,市場,知的財産,訴訟,研究開発,合併などに関するニュースが含まれており,そのため,CBNB ファイルは化学工業の動向を追跡するのに適したファイルです.CBNB ファイルは Classic STN および STN 新プラットフォームのいずれでも利用できます.

本号では CBNB ファイルのファイル概要と,Case Study として特許侵害,ライセンス情報についての検索例をご紹介します.

2018 年 8 月現在,約 150 種の収録源から 186 万件を超えるレコードが収録されています.原資料の言語が英語以外であるレコードには英語抄録が付与されています.

製作者 Elsevier Engineering Information Inc.
収録期間 1984 年以降
収録源*1 - 雑誌
- 業界紙
- 広告
- 単行本
- 新聞
- 企業レポート
- 政府および EU 刊行物
- 人名録
- プレスリリース
- 株式仲買人レポート
- 市場調査レポート
収録分野 化学工業関連ニュース
- 会社情報
- 法律関連と規制
- 製品および生産
- 環境関連情報
- 市場情報
収録件数 1,866,200 件
更新頻度 毎日
レコード構成 文献単位
書誌情報 : 標題,収録源,資料種類,雑誌の言語,発行年
抄録
索引 : 分類コード,機関名,地理的用語,統制語,化学物質名,CAS RN®,SIC コード*2
アラート 毎週 (デフォールト)

*1 CBNB ファイルの主な収録源は下記のリストを参照

http://www.stn-international.de/fileadmin/be_user/STN/pdf/database_details/CBNB_HCSL_issue_15.pdf

*2 SIC(Standard Industrial Classification)コードとは,米国政府によって事業者に割り振る産業を識別するためのコードです.

SIC コードは,https://www.osha.gov/pls/imis/sicsearch.html で検索できます.

BASF 社と Umicore 社の NMC(ニッケル-マンガン-コバルト)のカソード材料を含むリチウムイオン電池に関する特許訴訟で,米国国際貿易委員会(International Trade Commission(ITC))は,Umicore 社が特許を侵害していると判断しました.2017 年 4 月に両当事者は和解し,Umicore 社が技術のライセンスを受けることに同意しました.

この特許訴訟に関する情報を調べます.

検索式の組み立て

(1) 機関名は,機関名(/CO)で検索します.

- ニュースの主題である機関名情報は CO フィールドに収録されます.

- 機関名は単語またはフレーズで検索できます.

- 機関名は統制されていません.

- ニュースの主題ではない機関名情報は,抄録(AB)に収録されている場合があります.そのため,網羅的に機関名を検索したい場合は,基本索引(/BI)で検索します.

(2) 法的状況に関しては,分類コード(分類テキスト)(/CC)および統制語(/CT)で限定します.

- 法的状況に関して 2 つの分類コード(分類テキスト)があります.

LA-00(Legal Aspects)

LA-40(Permits and Patents)

- 法的状況について,LAWSUIT, LICENCE などの統制語もあります.

(3) 電池に関しては,キーワードを基本索引(/BI)で検索します.

- 基本索引に含まれるフィールド :

標題(/TI), 抄録(AB), 分類テキスト(/CC), 機関名(/CO), 地理的用語(/GT), 統制語(/CT),

化学物質名(/CN)から切り出された単語, CAS RN®(RN)

CBNB ファイルで得られた特許情報の詳細を調査

Umicore 社が侵害していた 4 つの特許の内容および特許ファミリーを調べるには,WPI, INPAFAMDB, CAplus ファイルを用います.今回の例では,INPAFAMDB ファイルを利用します.

ライセンス契約の調査

BASF 社が 4 特許の特許出願人ではなかったので,これらの特許を Argonne からライセンス契約していると考えられます.CBNB ファイルで,ライセンス契約の情報を確認します.

CBNB ファイルは化学工業における特許侵害,訴訟やライセンス情報などを調べられるファイルです.ビジネス情報を調査する際には,CBNB ファイルをご活用ください.

CBNB ファイルの詳細は 「CIN/CBNB ファイル」 をご覧ください.
https://www.jaici.or.jp/stn/pdf/cin_cbnb2014.pdf

P.14-P.18 STNews Vol.34, 秋号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

EMBASE ファイル

- EMTREE 語のオンラインシソーラス更新

EMBASE ファイルは,生物医学および薬学医学領域の世界中の文献を収録する文献データベースです.

■ EMTREE 語のオンラインシソーラス更新

2018 年 9 月に EMTREE 語オンラインシソーラスの更新が行われ,新規ターム 766 個(drug terms 67 個,non-drug terms 699 個)が追加されました.新規タームおよび変更されたタームのリストは Elsevier のサイトをご確認ください.

https://service.elsevier.com/app/answers/detail/a_id/16354/

なお,ファイル全体の索引語の書き換えは,今後も不定期に実行されます.このため,非優先語(オンラインシソーラス中の UF で表示されるターム)でもレコードがある場合には,UF も含めて検索してください.また,アラート(自動 SDI 検索)の質問式の見直しを行い,必要があれば変更してください.

P.19 STNews Vol.34, 秋号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

PIRA ファイル

- 更新終了

PIRA ファイルは,包装・印刷・パルプ技術に関する文献情報を収録するデータベースです.

PIRA ファイルは,データベース制作元の意向により,2018 年 6 月末で更新を終了いたしました.今後は,固定ファイルとしてご利用いただけます.

- PIRA ファイル:1975~2018 年 6 月(固定)

今後,包装・印刷に関する文献を調査する場合には,CAplus, WPI,SciSearch, PQSciTech,TEMA ファイルや,MATERIALS クラスター,POLYMERS クラスターをご利用ください.

P.19 STNews Vol.34, 秋号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

RAPRA ファイル

- 更新終了

RAPRA ファイルはプラスチック,ゴムなどの高分子化合物に関する文献情報を収録するデータベースです.

RAPRA ファイルは,データベース制作元の意向により,2018 年 6 月末で更新を終了いたしました.今後は,固定ファイルとしてご利用いただけます.

- RAPRA ファイル : 1972~2018 年 6 月(固定)

今後,高分子化合物に関する文献を調査する場合には,CAplus, WPI,SciSearch, PQSciTech,TEMA ファイルや,MATERIALS クラスター,POLYMERS クラスターをご利用ください.

各ファイル記事の補足情報

各ファイルの記事に関する補足情報はサマリーシートをご参照ください.

www.cas.org/products/stn/dbss(最新の英語版)

www.jaici.or.jp/stn/dbsummary/db.html(和訳版)

ヘルプデスク

www.jaici.or.jp/helpdesk/index.htm

STN 技術資料

www.jaici.or.jp/stn/stn_doc.html

P.19 STNews Vol.34, 秋号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

STNext

- 表示パフォーマンスの強化,Settings 画面の 強化 ほか

STNext は Classic STN のすべてのコンテンツにアクセスできる Web インターフェースです.2018 年 6 月以降の強化は下記の通りです.

■ 表示パフォーマンスの強化

STNext のパフォーマンスが強化され,Settings 画面でClassic Display を ON に設定している時に,従来よりも高速にデータを表示できるようになりました.

■ Settings 画面の強化

Settings 画面で設定を変更すると,変更内容が即座に反映されるようになりました.設定を変更すると,変更された項目に緑色のチェックマークが数秒間表示されます.

この強化に伴い,設定を反映させるための Apply ボタンは削除されました.

■ Append ボタン(検索記録の追加)

既存のセッション記録に検索記録を追加する際のボタンがContinue から Append に変わりました.

■ Display with Attributes の表示に L 番号を追加

History タブで構造質問式の L 番号の More Items から「Display with Attributes」を選択すると,構造図や属性と共に構造質問式の L 番号が表示されるようになりました.

P.19-P.20 STNews Vol.34, 秋号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

CAS 製品のセキュリティ 強化に関するお知らせ

- TLS 1.0 無効化のご案内,TLS 1.0 無効化に伴うパッチ適用のお知らせ

CAS では,運営する Web サイトにおける情報の安全を確保するため,すべてのウェブコンテンツにおいて「TLS 1.0」による暗号化通信を無効化しました.

CAS 製品のウェブサイトにアクセスできない場合は,TLS 1.1 以上の通信に対応するブラウザにバージョンアップする,もしくは TLS 1.1 以上での通信を有効にしていただきますようお願いいたします.

詳細は STNews Vol.34 夏号,またはこちらをご覧ください.

www.jaici.or.jp/news/news.php?selectedId=1901

■ CAS REGISTRY BLAST,STN AnaVist ご利用の方へ

下記製品をご利用の方は,上記の設定のほか,パッチファイルを適用していただく必要がございます.

- STN AnaVist

- STN on the Web の CAS REGISTRY BLAST Sequence Search Plug-in

- STN Express の CAS REGISTRY BLAST

- STNext の CAS REGISTRY BLAST

◇ パッチファイルの適用方法

1. STN AnaVist and Blast Patch のサイトから「Download the patch 」 をクリックして JREUpdater.exe を保存し実行してください.

www.cas.org/products/stn/tls-patch

2. フォルダの選択画面において,ご利用製品のフォルダ名が表示されていることをご確認後,次へをクリックしインストールを行ってください.

P.20-P.21 STNews Vol.34, 秋号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

STN講習会

STN を検索する際に必要な知識や技術を身につけていただけるように,検索に必要なコマンドや,各データベースの概要,検索のポイントなどをご説明する講習会を毎月開催しています.

会場は東京会場,または大阪会場です.

各会場での開催内容と日程につきましては,同封のリーフレットまたは弊協会ホームページをご覧ください.

STN 講習会のサイト
https://www.jaici.or.jp/seminar/index.php

P.21 STNews Vol.34, 秋号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

ホームページの資料掲載のお知らせ

2018 年 6 月 ~ 2018 年 8 月に化学情報協会ホームページに掲載した STN 関連の資料をお知らせします.ぜひご活用ください.

ぜひご活用ください.

■新規掲載資料

資料名 内   容
2018 年 STN ユーザーミーティング資料 2018 年 6 月に開催しました STN ユーザーミーティングの資料
2018 年 STN ユーザーミーティング資料 Q&A 2018 年 6 月に開催しました STN ユーザーミーティングの資料のご質問と回答
1999 年から 2018 年の総索引 1999 年から 2018 年に開催した STN ユーザーミーティング資料の索引
STNews Vol.34 夏号 STNews(本冊子)の前号

■改訂資料

資料名 内   容
化学物質検索 - 構造 Classic STN の講習会テキスト
医学・薬学情報検索
反応情報検索
核酸・タンパク質配列検索
STNext 利用ガイド STNext の概要,基本操作,化学物質検索,便利な機能のご紹介

P.21 STNews Vol.34, 秋号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

FIZ AutoDoc(フィッツ オートドック) は,FIZ Karlsruhe が運営する約 20 万誌の雑誌,会議録,書籍,特許明細書等をオンラインで注文できる原報複写サービスです.シリーズ第 8 回目は,納品先を一時的に変更する方法,およびパスワードを忘れてしまった場合の対応方法をご紹介します.

◆ 納品先を一時的に変更する方法

User Settings > Temporary Address に変更部分を上書きし,「Set Temporary Address」をクリックしてください.

◆ パスワードを忘れてしまった場合

1. FIZ AutoDoc サイト   https://autodoc.fiz-karlsruhe.de/  にアクセス

2. 「Login」下の「Reset Password」をクリック(右図参照)

3. 表示された画面に,ログイン ID と 電子メールアドレスを入力

4. 再設定リンクが電子メールにて送られます.リンクは 2 時間有効です.

見出し: Password reset    発信元: Helpdesk <helpdesk@fiz-Karlsruhe.de>

5. 表示された画面に新パスワードを入力し,「Submit」をクリック

[パスワードの条件] 半角文字数: 6-50    文字種: アルファベット,数字,@.-̃$/():

FIZ AutoDoc ログインID の登録料・維持費は無料!

↓ お問合せ・お申込みはこちら ↓

FIZ AutoDoc 担当 E-mail: autodoc-dds@jaici.or.jp TEL: 0120-151-462

P.22 STNews Vol.34, 秋号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

STNへようこそ ひとこと広場

このところ,旅行へ行くと体験教室に参加するようにしています.参加した中でも特に印象に残っているのが辻が花染めです.絵を描き,染めたくない部分を糸で縫って絞り,染色.絞りと染色を繰り返すことで,カラフルに染めることができるそうです.残念ながら,時間の都合で体験できるのは絞りまで.教室の方が染色してくださる,とのことで色だけ指定して帰ってきました.渋柿染めによって落ち着いた風合いに仕上がりました.次は染色まで体験してみたいです.テクニカルグループ SY

急速な科学技術の発達により,サイエンス・フィクション(SF)が一種の予言のように思えてきました.研究により脳が急成長したサメが襲ってくるという海外映画を,ありえないと笑っていましたが,最近話題のゲノム編集のニュースを見て驚きました.肉付きの良いマダイが開発されたそうですが,これは筋肉量を抑制する遺伝子を壊し,筋肉ムキムキの真鯛を作ったというものだそうです.近い将来,同様の技術で開発されたムキムキのサメが襲ってくるのではないかと心配しています.マーケティンググループ KU

 最新のデジタルプリンティング技術でリ・クリエイトした,フェルメール全 37 作品の絵画展に行ってきました.原寸大で全て再現され精工で想像以上に見ごたえがありました.展示方法も時代順に並べられたりととても工夫されていて,中でも現在盗難中で行方不明の絵画を見る事が出来たのは収穫でした.とはいえ,やはり「本物」が見たい!今年の秋から来年の冬にかけて,フェルメールの本物 8 点が来日します.美術館に出かけじっくり鑑賞したいです.カスタマーグループ KH

P.23 STNews Vol.34, 秋号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

2018 特許・情報フェア&コンファレンス
出展のお知らせ

国内最大の知的財産関連の見本市である特許・情報フェア&コンファレンスが2018 年 11 月 7 日(水)~9 日(金) に東京・北の丸公園の科学技術館で開催されます.

弊協会もブースを設け,STNext や高精度機械翻訳を活用したサービスである JAICI AutoTrans などの展示とデモンストレーションを予定しています.ご来場の際はぜひブース 64(センターホール)へお立ち寄りください.

会期 2018 年 11 月 7 日(水)~9 日(金) 10:00-17:00
会場 科学技術館(東京都千代田区北の丸公園 2-1)
交通 東京メトロ『竹橋』または『九段下』駅徒歩 7 分
ブース番号 64(センターホール)
展示内容 STNext,JAICI AutoTrans など
入場料 1,000 円
(公式サイトにて来場登録証(無料招待券)が PDF ファイルで配布される予定です.)

P.24 STNews Vol.34, 秋号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

STN 東京サービスセンター JAICI化学情報協会