S T N e w s

Vol.35,  夏号 2019年

Vol.35 夏号 2019年発行 日本版 編集・発行:化学情報協会

目     次
EMBASE
最新の製剤に関する調査を EMBASE ファイルで!
2
簡単! STN で医薬品の開発情報の調査 8
CHEMLIST ファイル 15
DISSABS ファイル 15
DWPIM ファイル 15
INPADOCDB/INPAFAMDB ファイル 16
JPFULL ファイル 18
WPINDEX/WPIDS/WPIX ファイル 18
WSCA ファイル 19
PatentPak 19
STNext 19
STN Express 21
STN 新プラットフォーム 21
ホームページの資料掲載のお知らせ 22
STN 講習会 22
ひとこと広場 23
STN ユーザーミーティング 24

P.1 STNews Vol.35, 夏号  《 STNews ホームページ 》

EMBASE

最新の製剤に関する調査を
EMBASE ファイルで!

2019 年 3 月 26 日に厚生労働省は,最新のがん免疫療法である CAR-T 細胞療法で使う製剤「キムリア」の製造販売を国内で初めて承認しました.CAR-T 細胞療法とは,がん患者の体内からがんを特異的に認識する T 細胞を採取し,キメラ抗原受容体(CAR:Chimeric Antigen Receptor)を発現するように遺伝子改変操作を加えます.そしてがんを攻撃する能力を高められた CAR-T 細胞を体内に戻す療法です.

キムリアは再発又は難治性の CD19 陽性の B 細胞性急性リンパ芽球性白血病(B-ALL)および再発性又は難治性の CD19 陽性のびまん性大細胞型 B 細胞リンパ腫(DLBCL)を対象として,ノバルティス ファーマ株式会社が製造販売します.キムリアはアメリカやヨーロッパではすでに承認されていて,これまでの臨床試験で高い効果が報告されています.

ここでは,CAR-T 細胞療法の臨床試験の現状をお知らせし,EMBASE ファイルで臨床試験の文献を調査する方法をご紹介します.さらに,Triple linking を用いたキムリアの副作用情報の調査方法も併せてご紹介します.

CAR-T 細胞療法の国別の臨床試験数

まず初めに,米国国立医学図書館(U.S. National Library of Medicine)が作成している ClinicalTrials.gov(https://clinicaltrials.gov/)のデータベースを用いて CAR-T 細胞療法の臨床試験数と国別の件数を確認します.

CAR-T または Chimeric Antigen Receptor T-Cell で検索すると,2019 年 4 月 8 日現在,437 件の臨床試験がヒットします.そのうち 41 件は既に終了済みで,停止や中断も 12 件ありました.

終了および停止,中断を除いた 384 件の臨床試験を国別で確認すると,23 ヵ国で臨床試験が行われており,中国が最も多く,次にアメリカが続きます.CAR-T 細胞療法の臨床試験はこの 2 ヵ国が中心であることがわかります.

CAR-T 細胞療法の臨床試験に関する文献調査

次に,CAR-T 細胞療法の臨床試験に関する文献を調査します.今回の調査では,生物医学および薬学医学領域の世界中の文献を収録している EMBASE ファイルを利用します.

EMBASE ファイルは文献中の主題が EMTREE という医学用語シソーラスの統制語で索引されています.そのため,まずは CAR-T 細胞療法に関する統制語(EMTREE 語)を確認します.

今回の検索では,網羅的な回答を得るために基本索引で検索します.調べた 2 つの EMTREE 語および非優先語(UF)を基に検索式を作成します.

臨床試験の結果(L2:879 件)について発行年で解析します.

STNext では,History タブの各 L 番号に解析ボタンが付与されています.解析画面でフィールドを選択すると容易に解析を行うことができます.

CAR T-細胞療法の新製剤「キムリア」に関する副作用情報の調査

最後に,新製剤「キムリア」(一般名:チサゲンレクルユーセル)の副作用情報を調査します.医薬品の副作用として引き起こされた疾病名を調査するには,EMBASE ファイルの Triple linking による解析が便利です.

Triple linking

検索を始める前に,Triple linking についておさらいをしましょう.EMBASE ファイルでは文献のテーマをより的確に表すためにリンク語を用いて主題である EMTREE 語を限定しており,索引は「EMTREE 語:リンク語」の形式で収録されています.この索引の正確さをさらに高めるためにもう 1 つ EMTREE 語を追加し「EMTREE 語:リンク語;EMTREE 語」の形式にした索引が Triple linking です.

例)ロサルタンによる高血圧の薬物療法の索引

従来の索引

従来の索引では高血圧とロサルタンが薬物療法に関係していることは分かりますが,高血圧とロサルタンの関連性は原文献を読まないと分かりません.

Triple linking の索引

Triple linking の索引では,高血圧とロサルタンが同一索引中に収録されるため,高血圧の薬物療法にロサルタンが利用されたことが分かります.

Triple linking の組み合わせと検索方法

Triple linking は医薬品名,疾病名,医療機器名の EMTREE 語のうち,以下のリンク語が付与されたものが対象です.また,リンクさせる EMTREE 語の組み合わせは決まっていて,リンク語の種類によって付与年代が異なります.

主題の統制語 リンク語 リンクさせる統制語 付与年代
医薬品名 AE (adverse drug reaction:薬物副作用) 疾病名 2007 年-
CB (drug combination:薬物併用) 医薬品名 2007 年-
CM (drug comparison:薬物比較) 医薬品名 2007 年-
IT (drug interaction:薬物相互作用) 医薬品名 2007 年-
DT (drug therapy:薬物療法) 疾病名 2009 年-
疾病名 DT (drug therapy:薬物療法) 医薬品名 2009 年-
SI (side effect:副作用) 医薬品名 2007 年-
医療機器名 AM (adverse device effect:副作用報告) 疾病名 2014 年-
DC (device comparison:医療機器の比較) 医療機器名 2014 年-

Triple linking は,EMTREE 語とリンク語を(P)演算子を用いて検索します.

=> S EMTREE 語/CT (P) リンク語/CT (P) EMTREE 語/CT

キムリアの副作用に関する文献調査

ヒットした統制語を解析し,キムリアの副作用による疾病を調査します.

EMBASE ファイルは医薬品の索引が優れており,医薬品に関する文献を効率よく検索できます.また,EMBASE ファイル独自の索引方法である Triple linking を利用した解析により目的の情報を迅速に得ることもできます.ぜひ EMBASE ファイルをご活用ください.

~ 参照テキスト ~

P.2-P.7 STNews Vol.35, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

医薬品の開発情報を調べたい場合,STN では ADISINSIGHT ファイルと IMSRESEARCH ファイルを利用できます.いずれのファイルも,物質単位ごとのレコード構成で,物質同定情報と薬効,薬理作用,適応症,開発段階などの開発情報が収録されています.ファイルによって,収録されているデータや収録のタイミングが異なるため,両ファイルを併用することでより多くの情報が得られます.

ファイル概要

(2019 年 5 月)

データベース ADISINSIGHT IMSRESEARCH
データベース製作者 Springer International Publishing AG IQVIA
収録源 研究開発に携わる企業から得られる情報,医学・生物医学分野の 1,700 誌,会議録,企業の年次報告書,プレスリリースなど 研究開発に携わる企業から得られる情報,会議録,特許および雑誌文献,医学,臨床および研究対象についてのシンポジウムの参加報告など
レコード構成 化学物質単位 化学物質単位
収録件数 44,800 44,700
収録期間 1998 年~ 1977 年~
更新頻度 毎週 毎週
CAS RN® 収録率 27% 26%
アラート 毎週 毎週,毎月
特長 1 レコード当たりの情報量が多く,特に臨床段階の詳細な情報が得られる 商業的情報が充実している.アナリストの市場評価が収録されているレコードもある

検索手法

特定の医薬品についての開発情報を調べる場合は,医薬品の名称や CAS RN® から検索します.REGISTRY ファイルで調べた物質についてクロスオーバー検索を行うこともできますが,両ファイルとも,CAS RN® の収録率が低いため,名称検索も効果的です.

また,両ファイルで共通して利用できるフィールドもあります.

主な検索フィールド ADISINSIGHT IMSRESEARCH
化学物質名称(/CN) 化学物質名(一般名,同義名,商品名を含む) 化学物質名(一般名,研究コード,商品名を含む)
基本索引(/BI) テキスト情報などの切り出し語 テキスト情報などの切り出し語
統制語(/CT) 適応症 適応症
薬理作用
薬効分類(/CC) EphMRA ATC コード
WHO ATC コード
EphMRA ATC コード
開発段階(/DSTA) 24 種類で分類 13 種類で分類

本記事では,化学物質名称から医薬品開発情報を調べるシンプルな例を通して,レコードの概要や特長をご紹介します.

検索例には,前記事でご紹介した CAR-T 細胞療法の製剤「キムリア」を用いました.

検索例  ADISINSIGHT,IMSRESEARCH ファイルで,CAR-T 細胞療法の製剤「キムリア」の開発情報を調査する.

ADISINSIGHT ファイル



IMSRESEARCH ファイル



本記事では,医薬品の開発情報を収録する ADISINSIGHT ファイルと IMSRESEARCH ファイルについてご紹介しました.化学物質検索以外の検索方法や,より詳しい情報については「医薬情報調査」の B 章をご覧ください.
 https://www.jaici.or.jp/stn/pdf/ref-pharm.pdf

 

P.8-P.14 STNews Vol.35, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

CHEMLIST ファイル

- オレゴン州,ワシントン州有害物質リストの収録

CHEMLIST ファイルは,既存化学物質リストを含む各国の化学物質規制情報を収録するデータベースです.

米国オレゴン州およびワシントン州の有害物質リストが追加されました.

オレゴン州有害物質リスト(State of Oregon Right-to-Know)

米国オレゴン州の High Priority Chemicals of Concern for Childrenʼs Health に関する情報が,SOR フィールドに収録されました.当リストに収載されている物質は => S SOR/FA で検索することができます.リストの詳細は,=> HELP ORE と入力してご確認ください.

ワシントン州有害物質リスト(State of Washington Right-to-Know)

米国ワシントン州の Reporting List of Chemicals of High Concern to Children に関する情報が,SWA フィールドに収録されました.当リストに収載されている物質は => S SWA/FA で検索することができます.リストの詳細は,=> HELP SWA と入力してご確認ください.

レコード例(IDE SOR SWA 表示形式)


P.15 STNews Vol.35, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

DISSABS ファイル

- サービス終了のお知らせ

DISSABS ファイルは,北米で認定された学位論文などの文献情報を収録するデータベースです.

DISSABS ファイルは,データベース制作元の意向により,2019 年 6 月末でサービスを終了いたしました.

P.15 STNews Vol.35, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

DWPIM ファイル

- アラート(自動 SDI 検索),サブセット検索が利用可能に,ファイル更新頻度の変更

DWPIM ファイルは,WPI ファイル由来のマルクーシュ構造を収録するデータベースです.

■ アラート(自動 SDI 検索),サブセット検索が利用可能に

当ファイルで下記の機能が利用できるようになりました.

- アラート(自動 SDI 検索)

- サブセット検索

- バッチ検索の時間制限が 30 分から 1 時間に延長

■ ファイルの更新頻度の変更

これまで週 1-2 回の頻度で更新されていましたが,2019 年 4 月 2 日更新分(DW 201923)より,更新頻度が週 2 回に変更され,速報性が向上しました.

アラート(自動 SDI 検索)

本変更に伴い,「更新日ごと(EVERYUPDATE)」で登録されているアラートも,週 2 回実行されるようになります.「毎週(WEEKLY)」および「毎月(MONTHLY)」で登録されているアラートは,影響はありません.

P.15-P.16 STNews Vol.35, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

INPADOCDB/INPAFAMDB ファイル

- IFAM2 表示形式の追加,米国特許の法的状況コードの追加

INPADOCDB/INPAFAMDB ファイルは,世界 90 カ国以上の特許発行機関から発行される特許,実用新案の書誌情報,対応特許情報,引用情報および法的状況データを収録するデータベースです.

■ IFAM2 表示形式の追加

IFAM2 表示形式が追加されました.IFAM2 表示形式は,IFAM 表示形式から抄録,特許分類,引用情報の内容を除いた表示形式です.IFAM2 表示形式では,コンパクトな特許ファミリー情報(PI-AI 対応表,PRAI 表)と,公報ごとの書誌情報と法的状況を表示できるため,法的状況の確認に適しています.各公報は IFAM 表示形式と同様に特許発行国のアルファベット順に表示されます.

表示例(INPAFAMDB ファイル IFAM2 表示形式)



■ 米国特許の法的状況コードの追加

米国特許に,10 種の法的状況コードが新たに追加されました.追加されたコードは,USPTO が 1980 年以降に作成および更新した約 80 種の法的状況データを EPO が 10 種に再分類したものです.

- 法的状況コードは /LSC フィールドで検索します.

- 今回追加された 10 種の法的状況コードには,STN が独自に付与している法的状況カテゴリーコード(LSC2)も割り当てられています.

- 法的状況コードの説明は /LSTX フィールドで検索します.

- USPTO が付与したオリジナルの法的状況の説明は,/LSFT (法的状況内のテキスト)フィールドで検索します.

法的状況コード(/LSC) 法的状況コードの説明(/LSTX) カテゴリーコード(/LSC2)
USSTCA Information on status:Application Filing  
USSTCB Information on status: Application Discontinuation  
USSTCC Information on status: Application Revival REI
USSTCE Information on status: Pre-grant Review EXA
USSTCF Information on status: Patent Grant  
USSTCH Information on status: Patent Discontinuation  
USSTCK Information on status: Patent Revival REI
USSTCT Information on status: Administrative Procedure Adjustment  
USSTCV Information on status: Appeal Procedure ORE
USSTPP Information on status: Patent Application and granting procedure in general  

新規に追加された 10 種の法的状況コードと 80 種類の USPTO のオリジナルの法的状況データの対応表は「New legal status codes for US patent applications and granted patents in INPADOC」の Table 2 をご覧ください.

http://www.stn-international.de/fileadmin/be_user/STN/pdf/search_materials/patents/INPADOC_New_US_status_codes20190416.pdf

表示例(INPADOCDB ファイル BIBLS 表示形式)

P.16-P.18 STNews Vol.35, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

JPFULL ファイル

- データベース製作者変更に伴う速報性の向上

JPFULL ファイルは,日本特許庁(JPO)が発行した公開特許,登録特許および実用新案の英語の全文情報を収録するデータベースです.

JPFULL ファイルの製作者が LexisNexis Univentio に変更されました.2019 年 4 月 1 日以降に収録/更新されるレコードは,LexisNexis Univentio が作成します.

収録タイムラグの短縮

これまで,公報発行後,約 12 日でデータが収録されていましたが,収録までのタイムラグが約 5 日に短縮され,速報性が向上しました.

収録データへの影響

データベースの収録年代および検索/表示フィールドの変更はありません.機械翻訳ソフトウェアの違いにより,更新前後のレコードの抄録,詳細な説明,請求項フィールドに若干の違いが生じる可能性があります.

P.18 STNews Vol.35, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

WPINDEX/WPIDS/WPIX ファイル

- ファイル更新頻度の変更

WPI ファイルは,世界の 59 特許発行機関から発行される特許および 2 技術公開誌の情報を収録しているデータベースです.

これまで週 1-2 回の頻度で更新されていましたが,2019 年 4 月 2 日更新分(DW 201923)より,更新頻度が週 2 回に変更されました.

アラート(自動 SDI 検索)

本変更に伴い,「更新日ごと(EVERYUPDATE)」で登録されているアラートも,週 2 回実行されるようになります.「毎週(WEEKLY)」および「毎月(MONTHLY)」で登録されているアラートは,影響はありません.

P.18 STNews Vol.35, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

WSCA ファイル

- 更新再開

WSCA ファイルは,塗料,表面加工技術およびその関連分野に関する文献情報を収録するデータベースです.

データベース製作者である PRA World Ltd. の意向により,2013 年 5 月で更新を停止していましたが,2019 年 1 月 28 日より更新が再開されました.

収録について

更新を停止した 2013 年 5 月以降のデータも遡及収録されました.更新は毎月行われます.

アラート(自動 SDI 検索)

更新再開に伴いアラートが利用可能になりました.毎月(デフォルト)で実施されます.

各ファイル記事の補足情報

各ファイルの記事に関する補足情報はサマリーシートをご参照ください.

https://www.cas.org/support/documentation/stn/database-summary-sheets(最新の英語版)

https://www.jaici.or.jp/stn/dbsummary/db.html(和訳版)

ヘルプデスク

https://www.jaici.or.jp/helpdesk/index.htm

STN 技術資料

https://www.jaici.or.jp/stn/stn_doc.html

P.19 STNews Vol.35, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

PatentPak

- カナダを追加

PatentPak は CAplus ファイルのレコードから付加情報付きの特許明細書を表示するサービスです.

新たにカナダが追加され, 32 か国の特許について PatentPak が利用可能になりました.PatentPak の詳細は,こちらをご覧ください.
 https://www.jaici.or.jp/stn/patentpak.html

P.19 STNews Vol.35, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

STNext

- レポート・テーブル機能の強化,作成したテンプレートが編集可能に,削除確認画面の変更,オートサジェスト機能の強化,パフォーマンスの改善

STNext は Classic STN のすべてのコンテンツにアクセスできる Web インターフェースです.2019 年 3 月以降の強化は下記の通りです.

■ レポート・テーブル機能の強化

Customize 画面

- レポートやテーブルの作成時,Customize ボタンをクリックして含めるフィールドを選択する際,不要なフィールドがグレーアウトされるようになりました.

- Customize ボタンをクリックして表示されるフィールド選択画面に Back ボタンが追加され,前の操作に戻れるようになりました.

- セッション記録からレポートやテーブルをカスタマイズして作成する際に CTRL キーを押すと複数のフィールドを同時に選択できるようになりました.

指定国(DS)フィールド

- セッション記録から特許情報のレポートやテーブルを作成する際にデフォルトでは指定国情報が含まれないようになりました.指定国情報も含めたレポートやテーブルを作成したい場合は,カスタマイズで作成してください.

Document Options

- セッション記録からレポートやテーブルを作成する際に表紙やヘッダー・フッターを設定できるようになりました.

Template

- Use Template の Manage Custom リンクから,作成したテンプレートをまとめて削除できる Manage Custom Template 機能が追加されました.

レポート機能についての詳細は,STNext 利用ガイドのp.20(4.1 レポート作成)をご参照ください.

https://www.jaici.or.jp/stnext/stnextguide.pdf

■ 作成したテンプレートが編集可能に

作成したテンプレートを編集できるようになりました.Use Template で作成したテンプレートを選択し Customize ボタンをクリックすると,作成したテンプレートを編集できます.

編集したテンプレートは,上書き保存したり,新しいテンプレート名で保存することができます.保存する場合には,テンプレート名の横にある Save ボタンをクリックします.

■ 削除確認画面の変更

検索記録や構造質問式を削除する際の確認画面に,This action cannot be undone のメッセージが,目立つように赤文字で記載されるようになりました.

■ オートサジェスト機能の強化

オートサジェスト機能が ON のとき,検索結果の L 番号と質問式が表示されるようになりました.L または L# (# は数字)と入力すると L 番号と質問式の一覧が表示されます.

オートサジェスト機能は,Settings 画面の Autosuggest で設定します.

■ パフォーマンスの改善

STNext のパフォーマンスが大幅に改善されました.

Settings 画面の Performance Enhanced (Beta)を ON に設定すると,STN Express と同程度のスピードで検索・表示ができます.

Performance Enhanced (Beta)を ON に設定した場合は,表示量が多いと,ページ送りの機能が表示されます.

P.19-P.21 STNews Vol.35, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

STN Express

- サポートファイルの更新

STN Express は STN を使った各種検索の他,解析,回答の加工ができるソフトウェアで,現在の最新バージョンは V.8.6 です.

新しいサポートファイルがリリースされました.

更新ファイルの主な内容

- CAplus/CA ファイルの CA Lexicon の更新

- CAplus/CA ファイルの所属機関のシソーラスの更新

- リンクの URL を http から https へ変更

更新用ファイルは STN Express 起動時に自動的にダウンロード,インストールされます.ただし,手動更新を行っている場合は下記のダウンロードサイトより STN Express サポートファイルを入手し,更新を実行してください.

https://casweb.cas.org/stnexpress/html/japanese/login.html

P.21 STNews Vol.35, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

Database News

STN 新プラットフォーム

- URL 変更のお知らせ

STN 新プラットフォームは,より簡便に STN の代表的なデータベースを検索できるインターフェースです.

STN 新プラットフォームの URL は https://nstn.stn.org に変更されました.Web ブラウザのお気に入り設定をされている方は,お手数ですが URL の変更をお願いいたします.

なお,従来の URL https://www.stn.org は 7 月 1 日以降,STNext のログインページに接続します.

P.21 STNews Vol.35, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

ホームページの資料掲載のお知らせ

2019 年 3 月~ 5 月に化学情報協会ホームページに掲載した STN 関連の資料をお知らせします.

ぜひご活用ください.

■新規掲載資料

資料名 内   容
特許情報検索 Classic STN の講習会テキスト
STN 情報解析セミナー 2019 年 3 月~ 4 月に開催した STN 情報解析セミナーの資料
STNews Vol.35 春号 STNews(本冊子)の前号

■改訂資料

資料名 内   容
STNext 利用ガイド(2019.4) STNext の概要,基本操作,化学物質検索,便利な機能のご紹介
各国の特許種別コード一覧表(2019.3) INPADOC,WPI,CAplus ファイルの各国の特許種別の一覧表
STN コマンド入門 補足資料 「STN コマンド入門」テキスト(16046 版)の補足資料
化学物質検索 - 構造 追加資料 「化学物質検索 - 構造」テキスト(18074 版)の追加資料
CAS FILES ポケットガイド 補遺 CAS FILES ポケットガイド(2014.09 版)の補遺
FRFULL,GBFULL FRFULL,GBFULL ファイルのサマリシート(和訳版)の改訂

P.22 STNews Vol.35, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

STN講習会

STN を検索する際に必要な知識や技術を身につけていただけるように,検索に必要なコマンドや,各データベースの概要,検索のポイントなどをご説明する講習会を毎月開催しています.

会場は東京会場,または大阪会場です.

各会場での開催内容と日程につきましては,同封のリーフレットまたは弊協会ホームページをご覧ください.

STN 講習会のサイト
https://www.jaici.or.jp/seminar/index.php

P.22 STNews Vol.35, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

STNへようこそ ひとこと広場

『折り紙』 私は子供のころ折り紙が好きでよく色々なものを折っていましたが,中学生以降は折り紙から遠ざかっていました.最近,「オリエステルおりがみ」というプラスチック製の折り紙をいただいたのをきっかけに久しぶりに折り紙を折りたくなり,本を見ながらいくつか折ってみました.ポリエステルフィルムは紙と同じように折るのが難しい場合もありますが,細かい作品を折ることも可能で,光沢のため完成した作品には少し高級感もあります.日本の伝統文化と新しい技術との融合,良いと思いませんか?テクニカルグループ MH

『GW を振り返って』 今年のGWは10連休と長かったですね.皆様はどう過ごしましたか?私はどこに行っても混雑すると言われていたので家でゆっくりしようと考えていましたが,ふたを開けてみれば結構アクティブに過ごす結果となりました.振り返ってみると京都旅行(妻が宿泊券当たったので),映画を2作鑑賞(アベンジャーズとピカチュウ),三崎港へ小旅行,友達と呑み会と充実のラインナップ.良い思い出になりました.早くも次の連休が恋しいです,早く来い!マーケティンググループ ON

『奥多摩ハイキング』 今年のゴールデンウィークは例年になく長いお休みだった方もいらしたかと思います.人混みが苦手な私は,特に遠出はせず日帰りで奥多摩に出かけました.青梅線に乗り換える頃には電車内も空き,新緑に囲まれた清々しい景色が窓の外に広がっていました. 奥多摩駅周辺を散策した後,バスに乗り日原鍾乳洞へ.洞内は思ったより広く幻想的な空間が広がっていました.水琴窟の音色も聞くことができました(紙面では美しい音色をお伝えできず残念です…). 緑の木々を眺めていると,日々パソコンとにらめっこで低下した視力が改善した気にもなってきました.翌日はもれなく筋肉痛となりましたが,リフレッシュできた一日でした.カスタマーグループ SI

P.23 STNews Vol.35, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

東京
会場

大阪
会場

STN を使った調査に関する知識向上ならびに最新情報の習得を目的としたSTN ユーザーミーティングを 7 月に開催いたします.
今回は CAS FILES をはじめ STNext や特許データベースの強化を中心にご説明するとともに今後の強化予定などについてご紹介を致します.
STN のお客様はどなたでも,また同一の所属機関から何名でも無料でご参加いただけます.どうぞお気軽にお申込みください.
 9(火)
10(水)
12(金)


ベルサール神保町 ルームA,B,C
千里ライフサイエンスセンター
ライフホール
詳細については弊協会ホームページをご覧ください

P.24 STNews Vol.35, 夏号  《 目 次 へ 》  《 STNews ホームページ 》

STN 東京サービスセンター JAICI化学情報協会