STN のアラート

よくあるご質問
Q 1
STN に搭載されているすべてのファイルでアラートの登録ができますか?
Q 2
アラートの結果は,登録した日を基準にして届くのですか?例えば 9/10 に実行頻度が毎月の設定でアラート登録した場合,9/10-10/9 の結果が 10/10 に届くのでしょうか?
Q 3
アラート登録前に,アラートで得られる件数やアラートにかかる料金を予測する方法はありますか?
Q 4
アラート登録する際に,どの更新コードを利用すべきか分かりません.更新コードの意味はどこで調べられますか?
Q 5
アラートの結果を e メールで入手していますが,e メール以外にアラートが実行され配送されたことを確認する方法はありますか
Q 6
アラートの質問式を変更したいのですが,変更方法を教えてください.
Q 7
アラートの登録内容の変更は,どのタイミングで行えば次のアラート結果に反映されますか?
Q 8
アラート登録時に ARCHIVE ANSWERS? Y/(N) : および REDISTRIBUTE ANSWERS? Y/(N) : の項目が表示されますが,これは何を意味しているのでしょうか?
Q 1
STN に搭載されているすべてのファイルでアラートの登録ができますか?
A 1
いいえ.一部のファイルではアラートの登録はできません.
アラート登録の可否は,各ファイルのサマリシートのトップページや STN データベースカタログの各ファイルの更新頻度項目に記載があります. また,オンライン中では各ファイルに入り => HELP UPDATE と入力すると確認できます.
Q 2
アラートの結果は登録した日を基準にして届くのですか? 例えば 9/10 に実行頻度が毎月の設定でアラート登録した場合,9/10-10/9 の結果が 10/10 に届くのでしょうか?
A 2
いいえ.アラートの実行日はファイルにより決まっています.そのため,お客様がアラートを登録した日が基準になるわけではありません.
例えば実行頻度を毎月に設定すると,MEDLINE ファイルでは月初に,WPI ファイルでは月末にアラートが実行されます.
そのため,MEDLINE ファイルで 9/10 に実行頻度を毎月で登録すると,10/1 にアラートが実行され 9/1-9/30 分の結果が得られます.
Q 3
アラート登録前に,アラートで得られる件数やアラートにかかる料金を予測する方法はありますか?
A 3
アラートの件数予測と課金の仕組みをご覧ください.
Q 4
アラートを登録する際に,どの更新コードを利用すべきか分かりません.更新コードの意味はどこで調べられますか?
A 4
ファイルによって利用できる更新コードは異なります.各ファイルで利用できる更新コードおよび更新コードの意味は,オンラインヘルプの => HELP UPDATE でご確認いただけます.
また,STN アラートポケットガイドに主なデータベース (CAplus,WPI,INPADOCDB/INPAFAMDB,MEDLINE,EMBASE ファイルなど) の更新コード一覧がありますので,是非ご活用ください.
Q 5
アラートの結果を e メールで入手していますが,e メール以外にアラートが実行され配送されたことを確認する方法はありますか?
A 5
はい.アラートの入手方法で e メールを選択し,かつ RECEIVE DELIVERY NOTIFICATION? Y/(N): の項目で Y を入力すると,STNmail に配送確認が届きます.詳細は STN アラートポケットガイドをご覧ください.
Q 6
アラートの質問式を変更したいのですが,変更方法を教えてください.
A 6
SMARTracker 以外のアラートに関する質問式の変更方法は,アラートの編集方法のページの 「質問式の変更」 をご覧ください.

なお,SMARTracker のアラート質問式は変更できません.SMARTracker の質問式を変更したい場合は,下記のどちらかを実行してください.
  • 同じアラート登録名で上書き登録
  • 新規に SMARTracker を登録 (この場合には従来の SMARTracker のアラート登録名を削除してください)
ただし,上記のいずれの方法もアラートは新規登録ですので,従来登録していた SMARTracker の蓄積分を重複除去に利用できません.
Q 7
アラートの登録内容の変更は,どのタイミングで行えば次のアラート結果に反映されますか?
A 7
ファイルごとにアラート実行日が決められています.アラート実行日前に登録内容を変更すれば,次回のアラートから変更内容が反映されます.
なお,アラート実行日は休日などの影響により 2 日前後移動する場合があります.そのため,登録内容の変更は余裕をもってアラート実行日の 3 日前までに行うようにしてください.
Q 8
アラート登録時に ARCHIVE ANSWERS? Y/(N) : および REDISTRIBUTE ANSWERS? Y/(N) : の項目が表示されますが,これは何を意味しているのでしょうか?
A 8
ARCHIVE ANSWERS? Y/(N) : は通常の利用制限を越えてデータを蓄積するかどうかを,REDISTRIBUTE ANSWERS? Y/(N) : は通常の利用制限を越えてコピーを配布するかどうかを聞いています.

通常の利用制限とは,データベース製作機関ごとに利用制限を設けており,その利用制限内でのみデータの蓄積や再配布が可能であることを指しています. 各データベースの利用制限については,こちらをご覧ください.またオンライン中では各ファイルに入り => HELP USAGETERMS と入力すると確認できます.

通常の利用制限を超えてアラートの結果を蓄積する場合には, ARCHIVE ANSWERS? Y/(N) : で Y を入力し,ユーザー数を入力してください.
ARCHIVE ANSWERS? Y/(N):Y
ENTER TOTAL NUMBER OF USERS OF ARCHIVED RECORDS (?):ユーザー数 (例 : 50)

通常の利用制限を超えてアラートの結果を再配布する場合には, REDISTRIBUTE ANSWERS? Y/(N) : で Y を入力し,ユーザー数を入力してください.
REDISTRIBUTE ANSWERS? Y/(N):Y
ENTER TOTAL NUMBER OF COPIES FOR REDISTRIBUTION (?):ユーザー数 (例 : 50)

通常の利用制限を越えて蓄積や再配布する場合は,通常のアラート料金に加えて蓄積料および再配布料が追加されます.蓄積料および再配布料は各ファイルで異なり,かつユーザー数によっても異なります.各ファイルの蓄積料および再配布料は,オンラインヘルプでご確認いただけます.ファイルに入ってから => HELP COST と入力し,ARCHIVE および REDISTRIBUTE の項目をご覧ください.