CAplus/CA ファイルの収録分野 - 応用化学 -

APPLIED (応用化学) 分野
47.Apparatus and Plant Equipment (装置,工場設備)

このセクションには,研究,開発に使用される研究所の機器,また設備に多目的の使用法がある場合は,物理的変化を伴う操作ごとの搬出用業務器具および設備,化学変化を伴う反応毎の業務器具および設備が含まれます.単一の使用目的を持ち,特定のセクションで識別できる器具および設備は,該当するセクションに含まれます.このセクションには,加熱炉やデュワーなどの高温および低温器具,コンベアや容器のような搬送用器具,設備に使われる一般建材なども含まれます.用途を特定しにくいものや多目的で使用される器具および設備もこのセクションに含まれます.


48.Unit Operations and Processes (単位操作,プロセス)

このセクションには,一般総合作業動作 (物理的変化を伴う) および作業工程 (化学的変化を伴う) が含まれます.分類しにくい作業動作および工程はこのセクションに含まれます.科学技術項目の実験的,理論的研究もこのセクションに含まれます (搬送過程,輸送,分離および混合過程,縮小および拡大,プロセス制御,最適化,数学モデル化など) .基本デザインおよび自動化も含まれます.特定されていない物質の火炎伝播および火炎安定はこのセクションですが,特定の物質に関する火炎は該当するセクションに含まれます.たとえば,推進剤はセクション 50,化石燃料およびその混合物はセクション 51,織物の耐火性はセクション 40 に含まれます.


49.Industrial Inorganic Chemicals (工業無機化学製品)

このセクションには,産業用無機化学物質の調整および精製の工程,反応が含まれます.実証などの場合の限定された無機化合物の使用については該当するセクションに含まれます.たとえば,ゴム製品製造のために製造および使用されたカーボンブラックはセクション 39;歯みがき剤に使用されるリン酸カルシウムの特殊構造はセクション 62;セラミックの金属酸化物はセクション 57 に含まれます.


50.Propellants and Explosives (推進薬,爆薬)

このセクションには,推進剤,火薬,発火装置および花火の調整,性質および使用,さらにこれらの化合物が使用する機材も含まれます.点火,起爆,爆発,燃焼および火炎も含まれます.消火器はこのセクションに含まれますが,不燃加工や防火剤はその特定の物質が扱われている該当セクションに含まれます.イオン推進はこのセクションに含まれますが,原子力推進はセクション 71 に含まれます.エアゾール噴射剤はそれぞれの物質により該当するセクションに含まれます.たとえば,殺虫剤はセクション 5;食品はセクション 17;潤滑油はセクション 51;化粧品はセクション 62 に含まれます.


51.Fossil Fuels, Derivatives, and Related Products (化石燃料,誘導製品,関連製品)

このセクションには,化石燃料,石油および石炭の地質化学,探査,採取,精製,および使用;化石燃料製品およびその派生物 (ガソリン,潤滑油,アスファルト,石炭派生の合成ガスなど) の精製,処理,使用;炭化水素燃料およびその関連物質生成の分析,性質,触媒,および化石燃料とその派生物の安全性;掘削流体,石油の添加物,不凍剤組成,合成潤滑油,油圧油,切削油および一酸化炭素と水素から作られる炭化水素燃料製品が含まれます.火炎および化石燃料の酸化もこのセクションに含まれます.車の排ガスおよび排気ガスの処理はセクション 59;舗装配合はセクション 58;石油派生の産業化学物質はセクション 45 に含まれます.


52.Electrochemical, Radiational, and Thermal Energy Technology (電気化学的,放射および熱エネルギー工学)

このセクションには,非化石エネルギー源 (太陽,海洋熱,地熱,廃熱) に関する化学,生物化学,電気化学,光化学および化学工学;非化石エネルギー源の採取,転換および使用,エネルギー変換機器とそのコンポーネント,およびエネルギーの処理と保管;発酵,気体化などによるバイオマスや有機性廃棄物からの燃料製品の生成;非化石エネルギー利用の安全面が含まれます.従来の水素生成手法については,産業用はセクション 49,実験用合成はセクション 78,電気分解はセクション 72,化石燃料および混合物はセクション 51,核燃料および核電池はセクション 71 に含まれます.エネルギーを派生しない電気化学デバイスは,それぞれ該当するセクションに含まれます.たとえば,標準電池はセクション 72,自動車の排気ガス用の酸素センサーはセクション 59 に含まれます.


53.Mineralogical and Geological Chemistry (鉱物,地質化学)

このセクションには,鉱物化学;火成岩,変成岩,堆積岩,堆積物および土壌の実用的地質学組成;地球年代学;太陽系の宇宙化学;隕石;大気;人工降雨システム;地下水,温泉,塩水の水文地球化学;地質年代測定の化学的証拠が含まれます.合成,非合成鉱物および無機質土壌の構成成分の新しい分析手法はセクション 79;大気成分分析法はセクション 79 または 80;合成鉱物の構造はセクション 75;石炭,天然ガス,石油の実用的地質学はセクション 51;水化学はセクション 61;農業用土壌研究はセクション 19;星および銀河のスペクトルはセクション 73;宇宙学はセクション 70;地熱地帯の地下製品はセクション 52 に含まれます.


54.Extractive Metallurgy (抽出冶金学)

このセクションには,金属原料の処理および選鉱,また鉱石,固形廃棄物,液体廃棄物からの金属回収が含まれます.リン灰岩のような非金属鉱石の工程はセクション 49,石炭の工程はセクション 51 に含まれます.すべての金属の高炉使用はこのセクションに含まれますが,回収後の鉄の鋳造および精製はセクション 55 に含まれます.電気鍍金排水からの金属回収だけではなく,電気分解による金属回収もこのセクションに含まれます.コーティングのための金属の電着はセクション 55 および 56,電気化学に着目するならばセクション 72 に含まれます.


55.Ferrous Metals and Alloys (鉄,鉄合金)

このセクションには,鉄,鋼鉄,鉄をベースにした合金の生成,鋳造,処理,性質,製造が含まれます.腐食はこのセクションに含まれますが,腐食の電気化学に着目する場合はセクション 72 に含まれます.金属またはセラミック物質で鉄および鉄をベースにした合金をコーティングする場合はこのセクションに含まれますが,プラスチックまたはセラミックを鉄類でコーティングする場合はセクション 38 または 57 に含まれます.非鉄類基板を鉄類でコーティングする場合はセクション 56 に含まれます.鉄類の電気鍍金は電気化学に着目するならばセクション 72 に含まれます.鉄類および合金の再結晶,結晶粒の成長はこのセクションに含まれますが,結晶構造の研究はセクション 75 に含まれます.鉄類および非鉄類両方の合金の研究はセクション 56 に含まれます.鉄および鉄類合金の分析法はセクション 79 に含まれます.


56.Nonferrous Metals and Alloys (非鉄類,合金)

このセクションには,非鉄類および合金 (鉄 50 パーセント未満) の生成,鋳造,処理,性質,製造が含まれます.鉄類および非鉄類の合金が含まれる複数の合金の研究はこのセクションに含まれます.非鉄類の腐食はここに含まれますが,腐食工程の電気化学に着目する場合はセクション 72 に含まれます.非鉄類の金属および合金の金属またはセラミックでのコーティングに関してはセクション 38 または 57 に含まれます.非鉄類の電気鍍金は電気化学に着目する場合はセクション 72 に含まれます.非鉄類および合金の再結晶,結晶粒の成長はこのセクションに含まれますが,結晶構造はセクション 75 に含まれます.非鉄類および合金の分析法はセクション 79 に含まれます.金属および合金の人工装具,医療用品はセクション 63 に含まれます.


57.Ceramics (セラミックス)

このセクションには,ガラス,セラミック,ゆう薬,エナメル,耐火物,粘土製品,研磨剤,カーボン製品の生成,合成,分析,性質,使用などが含まれます.有機ガラスはセクション 37 に含まれます.素材の研究は地質学的な意味および最終使用目的が主眼でない場合,セクション 53 に含まれます.1% 以上の金属を含有するサーメットはセクション 56 に含まれます.セラミックの特定の使用法,性質に関しては別のセクションに含まれます (たとえば,セクション 63,65,75,76 など) .


58.Cement, concrete, and Related Building Materials (セメント,コンクリート,関連建築材料)

このセクションには,セメント,モルタル,コンクリート,建築材料の生成,合成,分析,性質,使用が含まれます.ここに分類されている建築材料には,ボード,壁,断熱材,遮音材,屋根,舗装のような半製品および製品原材料が含まれます.建築に使用される化学物質および合成物質もここに含まれます.土壌の安定もこのセクションに含まれますが,セクション 71 にある放射性廃棄物以外の容器封入され,埋められた有毒廃棄物はセクション 60 に含まれます.


59.Air Pollution and Industrial Hygiene (大気汚染,産業衛生)

このセクションには,空気中に存在する汚染物質,汚染物質同士の相互反応,汚染物質と自然発生物質の相互反応が含まれます.ラドン汚染を含む室内空気汚染もこのセクションに含まれます.空気中および排気からの汚染の除去法はこのセクションに含まれますが,燃料の変質およびエンジンの変化による自動車の排気ガスの汚染物質の防止はセクション 51 に含まれます.大気の自然気象および化学はセクション 53,大気降下物はセクション 61 に含まれます.空気中汚染の測定法はこのセクションに含まれますが,大気中成分を測定する分析法はセクション 79 または 80 に含まれます.大気再生はセクション 9 に含まれます.化学的および非化学的業界での産業安全性はこのセクションに含まれますが,汚染毒性の比較試験はセクション 4 に含まれます.


60.Waste Treatment and Disposal (廃棄物処理,処分)

このセクションには,家庭内,地方自治体,研究施設,工場からでる廃棄物およびスラッジの生成,化学,処理 (生物学的,化学的および物理学的) および廃棄,また焼却炉の設計と操作が含まれます.放射性廃棄物はセクション 71 に含まれます.廃棄物からの特定物質の回収およびリサイクルはそれぞれの物質が分類されているセクションに含まれます.たとえば,ピクルスの漬け汁からでる塩酸および酸化鉄はセクション 49,廃棄物からの金属再生はセクション 54 に含まれます.


61.Waters (水)

このセクションには,天然水および海水の化学的,物理的性質;天然水,海水,排水,表層堆積物の化学分析;家庭または産業で使用した水の精製,淡水化,軟水化などの処理工程;パイプおよび水に接触する器具の腐食,はがれ,汚れを予防する水処理;セクション 53 に含まれる人工降雨を除く大気降下物,霧,雪;油濁を含む水質汚染;水源およびその環境で,最も影響を受けやすい水生生物に関する研究が含まれます.


62.Essential Oils and Cosmetics (精油,化粧品)

このセクションには,エッセンシャルオイルおよびその配合物,髪や皮膚に使用する香水,制汗剤,デオドラント,歯磨き粉,マウスウォッシュ,日焼けオイル,日焼け止めなどの化粧品が含まれます.オイル非含有の植物配合物はセクション 11;構造解明,テルペン合成はセクション 30;化粧品の合成配合は該当する合成のセクション;食品着色料の分析はセクション 17 に含まれます.


63.Pharmaceuticals (薬剤)

このセクションには,薬剤基準,薬局方,薬剤剤形,生物製剤,市販用植物薬,人工装具,手術器具,生命維持装置,放射性医薬品および分解,溶解度,安定性,溶解,剤形による生体利用効率のような薬剤性質を含みます.薬剤の薬理,代謝,構造活性相関はセクション 1;市販薬ではない薬剤成分のアイソレーションはセクション 11;発酵による薬剤調合はセクション 16;合成薬はその物質の合成化学の該当するセクション;制汗剤,デオドラント,歯磨き粉,マウスウォッシュおよびその他の化粧品はセクション 62;純正品または調剤品の薬剤分析はセクション 64 に含まれます.


64.Pharmaceutical Analysis (薬剤分析)

このセクションには,薬物の調剤前の純正品または調剤品の薬剤分析が含まれます.血中,体液中,器官,組織中の薬剤分析はセクション 1,裁判分析はセクション 4,食用着色剤はセクション 17 に含まれます.