DWPIM (マルクーシュ構造データベース)  STNext STN 新プラットフォーム

DWPIM ファイル (Derwent Markush Resource) は,DWPI (WPI) 収録特許中に記載されているマルクーシュ構造を抽出し,作成されたデータベースです. 特定の物質を収録している DCR と併せて検索に用いることで,化学物質関連の特許を包括的に調査することが可能になります.


DWPIM ファイルと関連ファイル
Clarivate Analytics では特許の書誌情報を DWPI (WPI) ファイルに収録します.その際,専門家が特許を分析し,抄録や索引などの付加価値情報を付与しています.この特許から,マルクーシュ構造は DWPIM ファイルに,特定化学物質は DCR に収録されます.

検索の流れ
DWPIM ファイルで見つけた物質情報を DWPI (WPI) ファイルへクロスオーバーすることで,目的の物質に関する特許を容易に見つけることができます.書誌情報,抄録,特許分類,クレームなどの特許情報と共に,ヒットしたマルクーシュ構造が表示されます.

DWPIM ファイル特有の一般式記号
DWPIM ファイル特有の一般式グループ記号であるスーパーアトムも利用できます.CAS が作成している MARPAT ファイルの一般式グループ記号や可変原子に比べ,定義が細かいのでより精度の高い検索ができます.

データベース概要
データベース製作者 Clarivate Analytics
収録対象特許 WPI収録対象特許のうち,医薬(B),農薬(C),一般化学(E)分野に分類された特許
収録対象物質 有機化合物,有機金属化合物,無機化合物,ポリマー,フラーレン,ペプチド
レコード構成 マルクーシュ構造単位
収録国と収録年 1978年~ (33 特許発行機関:収録年は特許発行国により異なります),1961~1998年 INPI (フランス特許庁)
更新頻度 年 82 回 (週 1~2 回)
技術資料 サマリーシート
DWPIM ファイル (STN ユーザーミーティング資料 2018) (p.94-113)
ご利用について

DWPIM ファイルは,STNext,STN新プラットフォームで利用可能なデータベースです.ご利用には,STN 定額契約 (STN 完全定額プランまたは OAL) に加えオプション契約が必要です.

お問い合わせ

ご興味のある方は,情報事業部 へお気軽にお問合せください.
0120-151-462

(情報事業部)