化学情報協会

CAS SciFinder Discovery Platform

CAS 登録番号 (CAS RN®) のトリビア 【CAS RN®の種類】

コラムでは、CAS SciFinderⁿ のユーザーの方を対象に、検索に関するお役立ち情報や、ちょっとした豆知識を提供します。本稿では CAS SciFinderⁿ に収録されている CAS 登録番号 (CAS RN®) についてのトリビア、「CAS 登録番号 (CAS RN®) の種類」についてご紹介します。

CAS 登録番号 (CAS RN®) とは

CAS 登録番号 (CAS RN®) は化学物質の「背番号」

CAS 登録番号 (CAS RN®) は化学物質を識別するために米国の CAS という機関が付けている固有の通し番号です。

CAS は、米国化学会の情報部門の組織で、CAS 登録番号 (CAS RN®) の付与・管理を行い、化学物質のデータベースである CAS Registry を製作しています。

 

こちらについては、CAS 登録番号 (CAS RN®) の話をご覧ください。

 

CAS 登録番号 (CAS RN®) の種類

CAS 登録番号 (CAS RN®) に "種類" があることをご存知ですか?

 

"種類" と言っても、化学的な分類等を表現するようなものではありませんので、「事情」や「補足」と言った方がよいかもしれません。

 

いずれにせよ、化学物質のCAS 登録番号 (CAS RN®) を決めるときに、特別な "事情" があるとその説明が CAS 登録番号 (CAS RN®) とともに収録され、CAS SciFinderⁿ では次のように記載されます。

  • Deleted CAS Registry Number 
  • Preferred Registry Number
  • Alternate CAS Registry Number 
  • *Also search references with text terms for complete reference results 

 

CAS はひとつの CAS 登録番号 (CAS RN®) でひとつの化学物質を表すために、通し番号として CAS 登録番号 (CAS RN®) を付けていますが、実際にはそれでは上手くいかない場面も多々あります。また「ひとつの化学物質」がどのような分子構造であり、どのようなところが異なれば別の化学物質と見なされ、別の CAS 登録番号 (CAS RN®) が付与されるのか/付与されないのかは、便宜上 "CAS の都合" による側面もあります。

 

次に、これらの内容を説明します。

Deleted CAS Registry Number (DR) とは

Deleted CAS Registry Number とは、削除された CAS RN® という意味です。

 

「ひとつの化学物質には、ひとつの CAS 登録番号 (CAS RN®) を対応させる」という基本ルールがありますので、何らかの理由で同一物質に異なる CAS 登録番号 (CAS RN®) を付与していたことが判明したら、その時点で一方を削除します。

 

このとき削除された CAS 登録番号 (CAS RN®) が、Deleted CAS Registry Number です。

Deleted CAS Registry Number の具体例

CAS SciFinderⁿ では、Additional Details を展開すると (存在する場合) Deleted CAS Registry Number が表示されます。このアクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合体では、37 個もの Deleted CAS Registry Number (ブルーで反転している部分がその一部です) が表示されました。

 

現行の CAS 登録番号 (CAS RN®) は、一番上に記載されている 9003-56-9 です。

CAS 登録番号 (CAS RN®) が削除される理由

37 個も Deleted CAS Registry Number があるなんて酷すぎる!、と思われますか?

 

しかし、これには理由があります。CAS では、文献データベースの作成中に、それらの原文献の記載をアナリストが読み、化学物質を抽出しています。そして、これらの化学物質のうち、「既存の CAS RN® とは一致しない」 と判断した場合に、新しい CAS RN® が付与され、CAS REGISTRY データベース (化学物質のデータベース) に収録されます。

 

つまり、化学物質を同定する情報は原文献の記載しかありませんので、元の文献にどれだけ情報があったかがポイントです。

 

CAS REGISTRY データベースに最初に登録する時に、商品名程度しか情報がなかったり、天然物で詳細な構造情報が不明なケースで、後に別の情報源から既存の CAS RN® の化学物質と同じ物質であったことが判明すると、CAS RN® を統合して残りの CAS RN® は削除されます。

CAS STNext だと RR (Replacing CAS Registry Number) という表示も出る 

 

削除された CAS RN® は、Deleted CAS Registry Number という表記があるので分かりますが、CAS SciFinderⁿ では「何番に置き換わったのか」という説明書きは現れません。

 

一方、CAS STNext の REGISTRY ファイルであれば、 Display コマンドに続けて削除された CAS RN® の数字を入力すると、RR (Replacing CAS Registry Number) という説明付きで現行の CAS RN® を確認することができます。下の画面例では一番下の行です。

CAS 登録番号 (CAS RN®) が削除されて ... 索引や抄録はどうなるのか!?

 

心配性の方は CAS RN® が削除されることがあるなら、検索するときに削除された CAS RN® もあらかじめ調べておいて、検索式に含めないといけないの?これまでの検索大丈夫???、と不安に感じてきたかもしれません。

安心してください。最新の CAS RN® に置き換わっています。

 

CAS SciFinderⁿ では、データベース中の CAS RN® を常に最新の CAS RN®に置き換えています。そして、削除された CAS RN® の情報も保持していますので、削除された CAS RN® を使った検索では、自動的に最新の CAS RN® に置き換えた検索が実行されます。

 

ですから、あなたが検索に使用した CAS RN® が、すでに削除された番号だった場合でも、現行の CAS RN® を使った検索を行った場合でも、完全に同じ文献が回答として得られます。

Preferred Registry Number (PR) とは

2つ以上の異なる構造表現ができる物質の場合、より優先される構造に対して付与された CAS RN® がPreferred CAS REGISTRY Number (優先 CAS RN®:PR) です。

 

何に対して優先なのかというと、非優先 CAS RN® (Alternate CAS REGISTRY Number ) の化学物質です。Preferred CAS REGISTRY Number と Alternate CAS REGISTRY Number は常に対応する関係ですから、それぞれが単独で存在することはありません。

Preferred CAS REGISTRY Number の具体例

優先/非優先の CAS RN® が収録されるケースの一例として、ここでは閉環 (スピロ) 型構造と開環型構造のパターンを紹介しましょう。

 

CAS SciFinderⁿ では、Alternate CAS Registry Number の化学物質を表示したときに、Preferred CAS REGISTRY Number が表示されます。例えば、216-47-7 (Alternate CAS Registry Number の CAS RN®) を検索した際の検索結果の画面が下の図です。

 

左側に表示されている 216-47-7 は非優先の CAS RN® です。優先 CAS RN® (Prefered RN) が存在することが、この結果画面でも分かるようになっていますね。

 

非優先の CAS RN® の詳細画面では、構造の上に 「Preferred Registry Number: 38598-19-5」 (ブルーで選択しているところ) が表示されますので、優先番号も同じ画面で分かります。

 

Preferred Registry Number である 38598-19-5 には、「Preferred Registry Number」 という表示はどこにもありませんが、Aditional Details の中に 「Alternate CAS Registry Numbers 216-47-7」と記載されているので、非優先の CAS RN® が存在し、逆説的に 38598-19-5 が優先の CAS RN® であることがわかります。

Alternate CAS Registry Number (AR) とは

2つ以上の異なる構造表現ができる物質の場合、非優先の構造に対して付与された CAS RN® が Alternate CAS REGISTRY Number (非優先 CAS RN®:AR) です。

Alternate CAS REGISTRY Number の具体例

閉環型構造と開環型構造のパターンは先の例で紹介したので、ここでは結合位置が異なるパターンをご紹介します。

 

蛍光色素やレーザー色素など染料として用いられるローダミン (81-88-9) の例です。CAS SciFinderⁿ では、64381-98-2 の塩化物として登録されています。ここでは中央に位置する環が Xanthylium であることに注目してください。

 

81-88-9 の Additional Details を展開すると、(画面例の最下部にあるため下の図では表示されていませんが) Alternate CAS Registry Numbers 1118426-88-2 が分かります。

 

Alternate CAS Registry Numbers の 1118426-88-2 は、1118784-85-2 の塩化物として登録されているレコードです。下の図では中央に位置する環が (Xanthylium ではなく) Xanthene で、上の図とは結合が異なりす。

 

こうして、非優先の構造は分かります。しかし、目的が文献検索であるなら、非優先の CAS RN® では文献がないことに注意してください!このような場合は、Preferred Registry Number のレコードの文献を検索するのが正解です。

 

*Also search references with text terms for complete reference results (アスタリスク付き CAS 登録番号 (CAS RN®)) とは

ここまで説明してきた CAS RN® は、CAS Registry 登録システムのルールに則っており、存在するべきして存在する CAS RN® でした。

 

しかし、CAS Registry にはルールを外れて、「CAS RN® が付与されないタイプの物質に例外的に CAS RN® が付いた物質」も含まれています。このような例外的な化学物質の場合、CAS SciFinderⁿ では

*Also search references with text terms for complete reference results

 

と表示されます。CAS STNext の場合は、次のように CAS RN® の最後に * (アスタリスク) が付き、注意書きとともに表示されます。

RN 8001-21-6 REGISTRY *

そう、本来ならば この世に存在してはいけない番号
それが *Also search references with text terms for complete reference results

 

*Also search references with text terms for complete reference results の具体例

そんな異端児的なポジションの CAS RN® ですが、もちろん正式な CAS RN® です。

 

  * (アスタリスク) が付与されているものは、UVCB 物質 (Unknown or Variable Composition,Complex reaction Products,and Biological Materials) と呼ばれており、次の2種類のタイプがあります。

  • Registered Concept
  • Generic Registration

 

このような化学物質のタイプ (Substance Class) は、化学物質の詳細画面の Additional Details で確認できます。

ちなみに、化学物質を検索する際のフィルタにも含まれているので絞り込み検索もできるんです!

Registered Concept (概念語登録) の *Also search references with text terms for complete reference results

 

基本的に「CAS RN®を付与せず、統制語 (キーワード) で索引する」というルールになっている化学物質に対して、例外的に CAS RN® が付与された場合です。まれに CAS RN® が文献中の索引に用いられている場合もあります。

サンプルレコード:ダンマル樹脂 9000-16-2
Generic Registration (一般式登録) の *Also search references with text terms for complete reference results

 

基本的に「CAS RN®を付与せず、基本骨格の CAS RN® +キーワードで索引する」というルールになっている化学物質に対して、例外的に CAS RN® が付与された場合です。

 

サンプルレコード: 塩素化ポリエチレン 64754-90-1

 

上の2つのレコードを見て、何か気づいた点はありますか?

 

鋭い方なら、いずれも文献がないことを疑問に思ったはずです。 *Also search references with text terms for complete reference results として登録されたこれらの CAS RN® は、CAS 登録番号サービスや既存化学物質リストに基づいた例外的な登録なので、これらの物質の CAS RN® を文献データベースで検索しても、文献は得られないか、得られたとしても僅かしか見つかりません。

ポイントは検索目的 ~ 自分が何を知りたいのか

ここまででご紹介したように、本来は一つの物質に一つ付与される CAS 登録番号 (CAS RN®) にも、それぞれの事情によっていくつか種類があります。

CAS 登録番号 (CAS RN®) を知るのが目的の場合

特定の化学物質について「CAS 登録番号 (CAS RN®) を知りたい (だけ)」という場合はシンプルです。

 

構造検索でも CAS 登録番号 (CAS RN®) 検索でも構いません。CAS SciFinderⁿ で検索した結果を表示してみましょう。それが、Preferred Registry Number でも、Alternate CAS Registry Number でも、*Also search references with text terms for complete reference results だとしても関係ありません。

 

一番上に大きなフォントで表示される CAS 登録番号 (CAS RN®) があなたが知るべき CAS 登録番号 (CAS RN®) です。

文献を知るのが目的の場合

特定の化学物質について「文献を知りたい」という場合は、CAS 登録番号 (CAS RN®) の種類によって検索方法が異なります。

Alternate CAS Registry Number の場合

Alternate CAS Registry Number の場合は、そのままでは文献は得られません。

対応する Preferred Registry Number の文献を検索する必要があります。

構造検索に注意!絶対!

 

最初から CAS 登録番号 (CAS RN®) 検索を行う場合は、Alternate CAS Registry Number を検索すると、自動的に Preferred Registry Number も回答一覧に含まれるため、そのまま Get References ボタンを押すことで文献検索ができます。

しかし、構造検索の場合は作図した構造によって結果が異なります。

 

Preferred Registry Number の構造が含まれないような作図をした場合は、回答一覧に Alternate CAS Registry Number  の物質しか表示されません。したがって、一見、文献が存在しないように見え、Get References ボタンもグレーアウトして押せません。(前述の Alternate CAS Registry Numbers 216-47-7 のサンプルレコードをご覧ください。)

このような場合は、Preferred Registry Number のレコードを一旦表示してから、文献を検索してください。

Deleted CAS Registry Number の場合

自動的に現行の CAS 登録番号 (CAS RN®) による検索が実行されますので、問題ありません。

*Also search references with text terms for complete reference results の場合

*Also search references with text terms for complete reference results の注意書きが付いている CAS 登録番号 (CAS RN®) は文献検索用の CAS 登録番号 (CAS RN®) ではありませんので、文献検索には使わないでください。

だって、本来 この世に存在しないはずの番号だから

 

このタイプは Substance Class によって検索方針が異なります。

  • Registered Concept :References 検索画面でキーワードで検索
  • Generic Registration:基本骨格の CAS RN® +キーワードで検索 (1976 年以前の文献はキーワード検索も追加で行う)

まとめ

CAS 登録番号 (CAS RN®) は、化学物質を識別するのにとても便利な番号です。

 

しかし、ある時点で存在した CAS 登録番号 (CAS RN®) が削除され、別の番号に統合されることがあります。

また、非優先番号があったり、それに対応する優先番号があったり、例外的に登録された CAS 登録番号 (CAS RN®) もあります。

 

今回ご紹介したように、様々な CAS 登録番号 (CAS RN®) があることを理解したうえで、使用することが重要です。

CAS SciFinderⁿ についてご不明な点がございましたらヘルプデスクまでお問い合わせください。

 

・ ・ ・ ・ ・ ・

 

この記事は CAS SciFinderⁿ の検索方法の提供ではありません。CAS SciFinderⁿ を使った情報検索の参考になるような収録データに関する情報や、ちょっとした関連知識を提供する記事です。CAS SciFinderⁿ の検索方法や操作については以下のページをご覧ください。

CAS SciFinderⁿ ユーザーマニュアル

CAS SciFinderⁿ 講習会・イベント

CAS SciFinderⁿ 動画 (JAICI チャンネル)

 

掲載日 2024 年 1 月 16 日